☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日行われました第51回東京大賞典(交流G1)は4番人気のアジュディミツオーが逃げ切り勝ちで去年に続いて優勝。史上初の東京大賞典連覇を達成しました。上位の着順は以下の通りです。2着3着に1、2番人気が来てしまい結局今年最後の予想もはずれてしまいました・・・。
東京大賞典(交流G1)
着順 馬 名 騎手 タイム
アジュディミツオー 内田博 2:03:1
  シーキングザダイヤ 横山典 1・1/2馬身
15   タイムパラドックス 武 豊 3馬身
  ベラージオ 松 永 2馬身
ユートピア 安藤勝 1馬身

アジュディミツオーはかかり気味でしたが内枠だったこともありすんなり逃げてそのまま快勝でした。やはり大井ですんなり前に行ければ強いです。△ナイキアディライトは逃げ宣言のわりにはスタート後抑え気味で2番手追走。逃げないと駄目な馬ですから持ち味が出しきれませんでした。◎ユートピアは相変わらず3コーナーあたりで置いていかれ気味でした。前と差が開きすぎてますし直線の盛り返しもほとんどなく完敗。残念な結果となりました。

2着のシーキングザダイヤはやはり地力上位でしょうか。右回り&大井という不安を感じさせましたが直線向いてからは鋭い伸びで追い込んできました。完全に仕掛け遅れですがコーナーでうまく捲っていけなかったので仕方なしでしょうか。▲ボンネビルレコードは道中後ろすぎました。最後巻き返すも7着まで。地力も足りなかった印象です。
払戻金
単勝 複勝 馬連 馬単
10 510円 10 190円 4-6 1,710円 4-6 3,730円
6 150円
15 130円

三連複 三連単
4-6-15 1,720円 4-6-15 12,110円

ということで最期まできれいにはずして一年を締めくくることができましたw。来年こそはいい年にしたいものです。
人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
今日は大井競馬場で東京大賞典(交流G1)が行われます。私にとっては今年最後の競馬の予定(多くの方がそうだとおもいますが)。ですからぜひ当てて良い気分で新年を迎えたいものです。地方の単勝・複勝はあまりあてになりませんが今のところシーチャリオットが1番人気ですね。次いでシーキングザダイヤタイムパラドックスです。

◎はユートピアにしたいと思います。距離的にはマイルがいいと思いますが去年2着ですし右回り&大井も堅実に走ります。JBCのようにコーナーで置いていかれるかもしれませんが盛り返してくる力がありますので心配ないでしょう。前走は早いペースで逃げて終いバテましたが全く舞台も違いますし巻き返しはできると思います。ディープでまさかの敗戦をした金子氏の馬であり、そのディープをやぶった橋口厩舎の馬でもあるという因縁めいた馬ですw。金子氏も納得の結果をだしてもらいたいものです。

○はアジュディミツオーで。ドバイ遠征以降結果がでませんが得意な舞台で内田博幸騎乗ですからここははずせません。去年の優勝馬ですし、内枠を引いた今回はすんなり前にいけそうですから好戦必至だと思います。JCDは外枠がひびいて脚を使ってしまった印象ですのでこの枠はいいですね。まだまだ衰える歳ではありません。

▲にボンネビルレコードを。充実著しい3歳です。3歳が結構好走するレースですし内枠で的場文男騎乗ですから狙います。古馬の中央勢と互角にやれるかは疑問ですが上手く先行してもらってイン強襲というのが理想です(的場ロードといわれているみたいですw)。

さらに△でナイキアディライトも。今回ユートピアとアジュディが番手から行くみたいなので単騎逃げが見込めます。前走はスタート前で勝負あった感じでしたが今回はゲートに問題なければ自分なりのペースでスムーズに行けそう。大井なので脚質だけでも狙いたい1頭です。あとニューシーストリーシャコーオープンまで。

シーチャリオットはやはり3歳の大事な時期を骨折で治療にあてたということでキリます。対称的にしっかり力をつけてきた▲の方が買いたいですから。前走叩いてあっさりもありそうですが・・・。シーキングザダイヤは右回り&大井の馬場に疑問が残るのでキリで。右回りのJBCの不可解な凡走がひっかかりますし。タイムパラドックスも使い続けてますし年齢的なものもありますのであまり買いたくないです。大外ですし人気していて妙味もありませんのでキリでいこうと思います。

第51回東京大賞典(交流G1) ダ2000m
◎ユートピア
○アジュディミツオー
▲ボンネビルレコード
△ナイキアディライト、ニューシーストリー、シャコーオープン
馬複BOX、三連複軸1頭◎から相手○▲△

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
タップ、ロブロイ、サンペガと有馬記念を最後に名馬が続々と引退する中、天皇賞・秋(G1)を制したヘヴンリーロマンス(牝5)も有馬記念6着を最後に引退することが決まりました。

クーンスS(G3)から連闘で札幌記念(G2)を制し、いっきに天皇賞馬までのぼりつめた勢いは凄かったです。牡馬の一流どころをやぶっての戴冠ですし価値があります。その後も牡馬の強豪相手にJC7着、有馬6着ですからかなりの内容。あと1年くらいは充分戦えそうな気もするので残念です。引退後はノースヒルズマネジメントで繁殖に入り、初年度の種付けはあのキングカメハメハ(ダービー、NHKマイル勝ち馬)を予定しているとのこと。

血統を見てみるとヘヴンリーロマンスは父サンデーサイレンス、母の父はサドラーズウェルズで文句なしの良血馬です。良い仔をたくさん産んでくれそう。ちなみに初年度配合予定のキングカメハメハは父キングマンボ、母の父ラストタイクーン(ノーザンダンサー系)です。共に母父はND系ですね。どちらも日本で活躍した一流馬度同士の配合ですから馴染みもありますしとても楽しみです。

参考記事
ヘヴンリー引退…初年度はキンカメと交配予定(SANSPO.COM)
ヘヴンリーロマンス競争成績(Yahoo!スポーツ競馬)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
12月29日に行われるダートの最終決戦東京大賞典(交流G1)の枠順が発表されたので貼っておきます。JRAからもタイムパラドックスシーキングザダイヤなど5頭が出走します。地方勢もなかなかのタレント揃いでおもしろそうな一戦です。出走馬は以下の通りです。

第51回東京大賞典(交流G1) 大井2000mダ
馬 名 所属 性齢 斤量 騎手 調教師
シーチャリオット 船橋 牡3 55kg 佐藤隆 川島正行
ボンネビルレコード 大井 牡3 55kg 的場文 庄子連兵
クールアイバー 大井 牡7 57kg 森下博 高柳恒男
アジュディミツオー 船橋 牡4 57kg 内田博 川崎正行
ニューシーストリー 兵庫 牡4 57kg 永島太 原田寅夫
シーキングザダイヤ JRA 牡4 57kg 横山典 森 秀行
ジェネスアリダー 大井 牡6 57kg 柏木健 高柳恒夫
ユートピア JRA 牡5 57kg 安藤勝 橋口弘次
ベラージオ JRA 牡6 57kg 松 永 高市圭二
10 ナイキゲルマン 大井 牡5 57kg 今野忠 蛯名末五
11 スターキングマン JRA 牡6 57kg 赤 木 森 秀行
12 ウエノマルクン 大井 牡6 57kg 鈴木啓 宮浦正行
13 シャコーオープン 大井 牡5 57kg 坂井英 蛯名末五
14 ナイキアディライト 船橋 牡5 57kg 石崎隆 出川隆一
15 タイムパラドックス JRA 牡7 55kg 武 豊 松田博資

カネヒキリこそ出ないもののJRAの有力メンバーがこぞって参戦しており注目ですね。ジャパンカップダートのメンバーがそのまま参戦してきた感じです。欲を言えばここにヴァーミリアンが出てたら良かったのですが。

地方勢では去年の勝ち馬アジュディミツオーが連覇を狙います。JCDでは外枠も響いて10着と大敗しましたが、今回は得意な舞台で内枠ですし巻き返してきそうです。さらに羽田盃東京ダービーを連勝したシーチャリオットも注目です。骨折休養明けの前走こそ折り合いを欠いて敗れましたが実力は上位ですしJRAの馬とでも好戦必至だとおもいます。

発走は12月29日(木)の午後4時30分の予定です。最期の大一番を当てて気分良く新年を迎えたいものです。公式の詳細な出走表はこちらです。また南関東4場の馬券がネットや携帯で買えるSPAT4がイーバンクと提携開始しましたので簡単に買えるようになりましたね。以前紹介した記事も貼っておきます。
イーバンク銀行 SPAT4と提携開始

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
ディープインパクトがついに負けてしまいましたね。残念ながら生でレースを見ることはできず外から携帯で結果を知ったのですが、携帯を持つ手が震えました。ディープが負けたからではなく自分の予想が見当違いすぎて・・・w。自分のスタンス的に嫌った人気サイドが来ることはよくあります。無理に欠点を見つけて消している部分があるので。しかし人気サイドで買ったロブロイタップが共に着外・・・。さらに掲示板にのった馬すべてが無印・・・。最後の最後ですごい予想を晒してしまいました。心臓の悪い方は見ないでくださいw

第50回有馬記念(G1)
着順 馬 名 騎手 タイム
10   ハーツクライ ルメール 2:31:9
  ディープインパクト 武 豊 1/2馬身
14   リンカーン 横山典 1・1/4馬身
  コスモバルク 五十冬 1・1/4馬身
13   コイントス 北村宏 1/2馬身

ディープの敗因については色々なところで語りつくされているので何も書きません。ハーツに関してはスローペースだったために積極策がうまく嵌ったのだと思います。ハーツが後方で沈んでいたら好位追走のリンカーンが勝っていたと思います。反応は良かったのにバルクが寄せてきたためにハーツとの間にはさまれて相当不利があったように思いました。横山典騎手もご立腹でしたし。

タップダンスシチーは逃げるもペースを落としすぎた印象です。今年の宝塚記念、秋天で失敗したパターン。引退レースですし思い切った逃亡劇を見たかったものです。オースミハルカの川島騎手は後ろで必死に抑えていましたね。同型馬ですしあれならハナにたってしまった方が良さそうでしたが、当日の引退式をひかえたタップに最後も自分の競馬をさせてあげるためでしょうか。有馬記念初騎乗の身ですから下手に動いてぐちゃぐちゃにできませんし。なかなか空気の読める騎手ですw

グラスボンバー、▲スズカマンボはともに最後方からの競馬で見せ場なしでした。ディープよりも後ろから競馬してますし勝つ気があったのか疑問です。Sペースでしたし、これまでの自身の好走パターンを考えてもあの位置がベストとは思えません。むしろ最悪の位置取りといっていいかもしれません。次に期待したいです。

まさにとんでもない予想を中央最期の有馬記念で晒してしまいましたがこれはこれとしてすぐに忘れて、29日の東京大賞典(交流G1)で挽回したいものです。東京大賞典こそはしっかり当てて一年を締めくくりたいということで気合もはいります。

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
迷いに迷ったあげく◎はやはりタップダンスシチーでいきます(現在5番人気)。ディープを負かすなら逃げて粘れるこの馬しかないということで。超ハイペースで最後バテてしまいましたがJCでみせた走りは往年のタップを感じさせるものでした。

今回ビッグゴールドが控える競馬をするとのことですし、オースミハルカも大外枠でハナにはこだわらないということなので単騎逃げが濃厚。名馬の復活が似合う有馬記念の舞台で最後にもう一花咲かせてほしいと思います。コーナーがごちゃつきやすい中山ですから脚質的には申し分ありませんし自分のペースで逃げたら強い馬です。内のバルクの出方次第にはなりますがつかず離れずの逃げで直線も残してほしいです。

○は思い切ってグラスボンバーにします(現在11番人気)。早め先頭で押し切った前走はとても強い内容だったと思います。まさに有馬記念で好走しそうな走りで完勝したのを評価します。初の距離で不安がありますが(血統的にもむいていませんし)体調もよさそうですし力がついた今なら勝負になると思います。中山も得意にしています。

▲にはスズカマンボを(現在7番人気)。JCでは外枠でロスが大きく最後方に下げざるをえない状況。全く競馬をしていませんがそれがかえってよかったと思います。秋3戦目ですしあの激戦で消耗しなかったことから上がり目が一番あるのはこの馬ではないでしょうか。今回念願の内枠で前目で競馬をできそうですから好戦は可能だと思います。スタミナも充分ですから右回りの中山を克服できれば馬券圏内に入ってこれると見ます。

△にはこちらも引退レースのサンライズペガサスを。JCでは外を回らされながらも最後はいい伸びでした。ここで念願の内枠を引いてパンパンの良馬場。条件がそろった今回は一発があってもおかしくないと思います。毎日王冠でみせた好位抜け出しを期待します。さらに人気サイドですがゼンノロブロイを。陣営の並々ならぬ気合が伝わってくる仕上げ。脚質、枠ともに申し分なく去年の勝ち馬ですから凡戦はないと思います。ディープ云々よりこの馬の競馬をすれば結果はついてくるでしょう。そして本来の距離に戻ったオペラシチーも。能力的には足りませんが決め手勝負にならないようなら適距離ですし好戦できそうな雰囲気です。陣営のトーンは低めですがタップと同厩舎ワンツーを決めてほしいところ。

第50回有馬記念(G1)
◎タップダンスシチー
○グラスボンバー
▲スズカマンボ
△サンライズペガサス、ゼンノロブロイ、オペラシチー
馬連BOX、ワイドBOX、三連複BOXで
激戦疲れを考えてリンカーンもきります。ディープ以下有力どころをきっているので正直当たる気しませんが強気の多点買いで今年最後の夢を見ようと思います

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。

いよいよ大詰めです。今日は暮れの大一番第50回有馬記念(G1)です。無敗の三冠馬ディープインパクトは現在単勝1.6倍の1番人気。ついでゼンノロブロイが6.3倍で2番人気です。以下3番人気デルタブルース、4番人気ハーツクライ、5番人気タップダンスシチーと続いています。Part1として、まずは人気サイドでキル馬から書いていこうと思います。出走表は以下の通りです。

第50回有馬記念(G1) 中山2500m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師 ファン投票
マイソールサウンド 牡6 57kg 本 田 西浦勝一 51位
  サンライズペガサズ 牡7 57kg 蛯 名 石坂 正 22位
  ゼンノロブロイ 牡5 57kg デザーモ 藤沢和雄 2位
[地] コスモバルク 牡4 57kg 五十冬 田部和則
  スズカマンボ 牡4 57kg 安藤勝 橋田 満 13位
ディープインパクト 牡3 55kg 武 豊 池江泰郎 1位
ヘヴンリーロマンス 牝5 55kg 松 永 山本正司 9位
グラスボンバー 牡5 57kg 勝 浦 尾形充弘 43位
タップダンスシチー 牡8 57kg 佐藤哲 佐々木昌 3位
10   ハーツクライ 牡4 57kg ルメール 橋口弘次 6位
11   オペラシチー 牡4 57kg 中 舘 佐々木昌 25位
12   ビッグゴールド 牡7 57kg 柴田善 中尾 正 42位
13   コイントス 牡7 57kg 北村宏 藤沢和雄 20位
14   リンカーン 牡5 57kg 横山典 音無秀孝 5位
15 デルタブルース 牡4 57kg ペリエ 角居勝彦 11位
16 オースミハルカ 牝5 55kg 川 島 安藤正敏 21位

まずは4番人気のハーツクライキリで。直線の伸びは秀逸ですがやはりベストは府中です。コーナーリングが下手なこの馬にとってはコーナーのきつい中山はかなりマイナス。直線も短いため直線向いてから伸びても届かないでしょう。3、4コーナーでまくっていくのが一番なのですが、ハーツに関しては捲るどころかコーナーで置いていかれる可能性が高いです。陣営はそれを見越して好位からの競馬をすると言っていますが、中山2500mはコーナー6つ回るのでうまく好位で進められるかも疑問です。むしろ最後の末脚を殺してしまうような気がします。さらにJCの激走の後ですからここは疲労面も心配です。よって今回は無印にします。

次に3番人気デルタブルースキリで。人気するとは思いましたがまさかハーツより人気するとは・・・。去年5着と好勝負をした舞台ですがステイヤーズSを見る限り信頼できません。ズブいところがあり前走も3コーナーからいち早く仕掛けてスタミナにものを言わせてなんとか勝ったという内容。エルノヴァが最後バテなければ勝っていたか微妙です。今回は大外枠で先行勢も多いです。同じようにいち早く仕掛けて捲るにしても外々を通るはめになりそうですし、相手も揃ってますから簡単に抜け出せないと思います。最終的には豊富なスタミナを武器にいいところまで上がってくるでしょうがまた5着くらいが精一杯だと思います。叩き2戦目をしっかり勝ちきったということで人気しているのでしょうが私は勝ち方が微妙だと思う(一旦後方からきた馬にかわされてます。スタミナの差で最後差し返しただけ)のでキリます。

そして最後に1番人気ディープインパクトも自分のスタンスを曲げるわけにはいかないのでキリますw。はっきり言って他の騎手も遠慮して乗るのでスタート五分ならまず負けないと思います。きれいに捲ってあっさりという感じでしょう。ただ出負けして最後方から大外回って捲った場合に届かないという僅かな望みにかけたいと思います。タップロブロイあたりが勝った場合、彼らはこれで引退してしまうので今度ディープが逆転する場面はなくなります。そうなると結局ディープより強い馬がいたということになりこのブームに水をさすことになってしまうので問題だとは思いますが、それもまた一興かと・・・。競馬会全体が黙っていないでしょうけどw

というわけで人気サイドの中でこの3頭は無印でいきます。Part2では買う馬に印をつけて予想を書きたいと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
最後まで迷いながらも人気サイドだから配当的に安いだろうと消してしまったシンボリグランが中団から伸びて押し切りました・・・。2着は▲カネツテンビーでなかなかの配当。人気だからと安易に消すべきではありませんでした。シンボリグランは連勝で重賞制覇。枠も外よりになったのがよかったですね。スムーズに前が開いてからは叩き合いに強いボニヤの本領発揮という感じでした。上位は以下の通りです。
第41回CBC賞(G2)
着順 馬 名 騎手 タイム
  シンボリグラン ボニヤ 1:08:7
10 カネツテンビー 津 村 アタマ
シーイズトウショウ 池 添 ク ビ

カネツテンビーはゲートを嫌がっていましたがレースになってからは鋭い伸び。さすがに中京コースと寒くなったこの時期は走りますね。道悪だと弱いので▲評価までとしたのですが結局晴れて良馬場で発走。力をだせる条件でできたので人気はありませんでしたがこの結果も納得できます。

◎に推したビッグプラネット1200mの流れに戸惑った印象です。先団にとりつくことができませんでした。また小回りコース&左回りは向いてないように思います。コーナーでスピードに乗れませんでした。そのため終始大外をまわらされてきつかったです。

○のフジサイレンスは五十嵐雄祐騎手の騎乗に問題ありでした。どうしてあそこからわざわざ狭い内をつこうと思ったのでしょうか?差しに絶好の展開で直線向いてからの反応も抜群だっただけにとても残念。前が詰まっていったん引いてましたし・・・。真ん中あたりがいい感じに空いており、上位のシンボリカネツはそこを通ってきたことを考えると判断ミスが残念でなりません。
払戻金
単勝 複勝 馬連 馬単
9 620円 9 230円 9-10 9380円 9-10 14,670円
10 820円
1 170円

三連複 三連単
1-9-10 11,870円 9-10-1 83,270円

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
◎に推したマチカネゲンジが出走取消となり興味が薄くなってしまったラジオたんぱ杯2歳S(G3)でしたが、結果も人気の2頭であっさり決まってはずれ。本命馬がいなくなったのだから素直に買うのをやめればよかったです・・・。上位の着順は以下の通りです。
第22回ラジオたんぱ杯2歳S(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
サクラメガワンダー 安藤勝 2:01:9
  アドマイヤムーン 本 田 ハ ナ
ヴィクトリーラン 石橋守 3・1/2馬身

上位2頭は力が抜けていました。最後は鞍上の力の差と、休み明けと使われてきた馬との差でしょうか。もちろんサクラメガワンダーの力もありますが、阪神のこの距離だと安藤勝己騎手はめちゃくちゃうまいですね。ズムーズに馬群を捌いてきっちり差し切るあたりも立派です。アドマイヤムーンの方も休み明け、初距離・初の坂のあるコースでこれだけの競馬ができるのですからかなりの大器だと思います。

人気サイドで沈んだのはニルヴァーナ。4コーナーは馬なりで先頭に立つ勢いでしたが予想した通り芝では追って味が無いタイプでした。◎に繰り上げたグロリアスウィークスタート直後からかかってぐだぐだの競馬。口を割ってアタマを大きく上げてました・・・。直線もうれつに失速して最下位です。気難しいタイプですね。全く競馬にならなかったのが残念です。

マイネルスケルツィも直線失速。さすがに輸送がこたえたのでしょうか。どちらにしても実力的には2頭が圧倒的に抜けているかんじでした。馬連400円とか安すぎて私には一生買えない馬券ですのであきらめがつきます。こういうレースを買ったこと自体を反省しなければなりませんが。
払戻金
単勝 複勝 馬連 馬単
7 370円 7 130円 7-8 400円 7-8 930円
8 120円
9 490円

三連複 三連単
7-8-9 1,230円 7-8-9 13,110円

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
ゴールデンロドリゴに続いてシルキーラグーンまで出走取消です。印を付けた馬がことごとくいなくなっていく・・・。ロドリゴも先週△つけてましたし。ということで第41回CBC賞(G2)は3枠がすっぽり無くなりました。
Part1はこちらです。
第41回CBC賞(G2) 予想(Part1)

第41回CBC賞(G2) 中京1200m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
シーイズトウショウ 牝5 55kg 池 添 鶴留明雄
  マルカキセキ 牡4 57kg ルメール 瀬戸口勉
    ディープサマー 牡3 56kg 岡部誠 山内研二
    ウインラディウス 牡7 57kg 鹿 戸 藤沢和雄
取消   シルキーラグーン 牝5 55kg
取消   ゴールデンロドリゴ 牡8 57kg
フジサイレンス 牡5 57kg 五十雄 田子冬樹
  ギャラントアロー 牡5 57kg 大 西 崎山博樹
  シンボリグラン 牡3 56kg ボニヤ 畠山吉宏
10   カネツテンビー 牝6 55kg 津 村 武藤善則
11 キーンランドスワン 牡6 57kg 長谷川 森 秀行
12   ゴールデンキャスト 牡5 57kg 小 牧 橋口弘次郎
13   フェリシア 牝3 54kg 石橋脩 上原博之
14   父地 ナゾ 牝7 55kg 佐藤哲 佐々木昌
15   ビッグプラネット 牡3 56kg 中 舘 南井克己
16     ローエングリン 牡6 58kg 横山典 伊藤正徳
         ※騎手の青字は先週出走予定から変更があった騎手です。

こちらは△シルキーラグーンが取消なのでその他の印はそのままで代わりに△フェリシアを追加します。平坦1200mはベストの条件だと思いますし左回りは大得意。3歳牝馬ながら充分勝負になると思います。正直シンボリグランと迷いましたが配当的に・・・。

第41回CBC賞(G2)
◎ビッグプラネット
○フジサイレンス
▲カネツテンビー
△シーイズトウショウ、キーンランドスワン、フェリシア
思ったより早く馬場も回復しておりいい条件でできそうです。

Part1はこちらです。
第41回CBC賞(G2) 予想(Part1)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
なんと◎にしたマチカネゲンジが輸送熱のため出走取消となりました・・・。雪の影響で輸送時間が普段の倍近くかかったので馬にはこたえたみたいです。結構自信があっただけにテンション下がり気味ですが一応修正版を貼っておきます。
Part1はこちらです。
第22回ラジオたんぱ杯2歳S(G3) 予想(Part1)

ラジオたんぱ杯2歳ステークス(G3) 阪神2000m芝
予想 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
取消   マチカネゲンジ 牡2 55kg
グロリアスウィーク 牡2 55kg 音無秀孝
アマノトレンディー 牡2 55kg 秋 山 湯窪幸雄
  ホーマンアラシ 牡2 55kg ペリエ 松元茂樹
タマモサポート 牡2 55kg 藤 岡 藤岡健一
マイネルスケルツィ 牡2 55kg 四 位 稲葉隆一
  サクラメガワンダー 牡2 55kg 安藤勝 友道康夫
  アドマイヤムーン 牡2 55kg 本 田 松田博資
  ヴィクトリーラン 牡2 55kg 石橋守 田所清広
10   チェリーストーム 牡2 55kg 赤 木 梅田康雄
11   アペリティフ 牡2 55kg 松 永 坪 憲章
12   ユメノオーラ 牝2 54kg 和 田 川村禎彦
13     ニルヴァーナ 牡2 55kg 武 豊 池江泰郎

予想も変更して印を一つずつ繰り上げましたw。▲には2000m適正という点でタマモサポートを繰り上げ。代わりに△にヴィクトリーランを追加します。アマノ、サクラあたりと好勝負をしてきている馬ですし、成長がうかがえる前走から狙い目は充分あると思います。

第22回ラジオたんぱ2歳S(G3)
◎グロリアスウィーク
○マイネルスケルツィ
▲タマモサポート
△アマノトレンディー、サクラメガワンダー、ヴィクトリーラン
馬連BOX、三連複BOXで
取り消したマチカネゲンジ同様関西からの輸送となる○マイネルスケルツィの状態も心配ですね。出走できる状態とはいえ本来の力を出しきることはできないかもしれません。

Part1はこちらです。
第22回ラジオたんぱ杯2歳S(G3) 予想(Part1)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
最新の修正版はこちらです。
シルキーラグーンも取消! CBC賞予想(Part2)

雪で順延となったCBC賞(G2)ですが、名古屋は明日も午前中雪の予報。芝で予定どおり行われるか不安ですが午後から晴れそうなのでなんとか大丈夫そうです。ただ週の半ばも大雪にみまわれ道悪は避けられそうにありませんね。メンバーは再登録によりシルクトゥルーパーがもれてディープサマーが出走となりました。またゴールデンロドリゴ出走取り消しとなっていますのでご注意ください。

第41回CBC賞(G2) 中京1200m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
シーイズトウショウ 牝5 55kg 池 添 鶴留明雄
  マルカキセキ 牡4 57kg ルメール 瀬戸口勉
    ディープサマー 牡3 56kg 岡部誠 山内研二
    ウインラディウス 牡7 57kg 鹿 戸 藤沢和雄
  シルキーラグーン 牝5 55kg 柴 山 池上昌弘
取消   ゴールデンロドリゴ 牡8 57kg
フジサイレンス 牡5 57kg 五十雄 田子冬樹
  ギャラントアロー 牡5 57kg 大 西 崎山博樹
  シンボリグラン 牡3 56kg ボニヤ 畠山吉宏
10   カネツテンビー 牝6 55kg 津 村 武藤善則
11 キーンランドスワン 牡6 57kg 長谷川 森 秀行
12   ゴールデンキャスト 牡5 57kg 小 牧 橋口弘次郎
13     フェリシア 牝3 54kg 石橋脩 上原博之
14   父地 ナゾ 牝7 55kg 佐藤哲 佐々木昌
15   ビッグプラネット 牡3 56kg 中 舘 南井克己
16     ローエングリン 牡6 58kg 横山典 伊藤正徳
         ※騎手の青字は先週出走予定から変更があった騎手です。

◎はやはりビッグプラネットです。先週書いたようにHペースを唯一前目で残ったスワンSを評価します。マイルCSも0.4秒差ですから好勝負でしたし。逃げ先行得意の中舘騎手が鞍上なのもプラスです。ただ今回外枠になって少し残念です。しかも外に同型のローエングリンがいるのもマイナス。武幸が無理にハナにこだわって内に切れ込んできたら前をカットされてしまうので。中舘騎手がうまく立ち回ってくれることを期待します。

先週○にしたキーンランドスワンは△評価にします。難しい馬だけに乗り替わりでテン乗りの長谷川騎手に変更になったのは大きくマイナスだと思います。代わりに前回△としたフジサイレンスを○評価に。再度の輸送で状態面に不安がありますが前がやりあった時の展開の利がありそうです。1200mの流れに対応できるかどうかが微妙ですが馬場も渋って時計も早くならないだろうし大丈夫だと思います。

▲にカネツテンビーを。隠れ中京巧者です。平坦なコースに変わるのもプラスです。去年のこの時期に連勝しており冬場に力をつけてくるタイプかと。ただし道悪は苦手なので▲評価までです。ただ先週より外枠になったのがプラスです。包まれて揉まれて終わってしまうことはなさそうなので。

あと△にシーイズトウショウシルキーラグーンを。1番人気であろうマルカキセキは前回書いたように、近走好調でも使い詰めできており今回苦手の左回りなのでキリです。強い相手を倒してきているわけでもありませんし、危険な人気馬だと思います。1枠になったのもいい感じです。中京1200mですしこのメンバーだと被せられて内で閉じ込められそうな雰囲気。控えて外回してもとどかないでしょうし。

第41回CBC賞(G2)
馬連  ◎○▲△のBOX
三連複 ◎○▲△のBOX
なにげに今週の勝負レースです。人気サイドも入れているのであまり配当つかないかもしれませんが。

最新の修正版はこちらです。
シルキーラグーンも取消! CBC賞予想(Part2)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
最新の修正版はこちらです。
マチカネゲンジ取消! ラジオたんぱ杯2歳S(Part2)

来年のクラシックを見据えた戦いとなるラジオたんぱ杯2歳ステークス(G3)です。最近では一流馬は朝日杯FS(G1)よりもこちらを使うというのがトレンド。過去も数多くの出世馬を輩出しているレースです。出走表は以下の通りです。

おそらく1番人気は3連勝中のアドマイヤムーンでしょう。過去3戦とも外々をまわって一気にまくりきっての圧勝ですから強いです。倒した相手もなかなか。しかし前走から3ヶ月あいて久々なのが気になります。さらに初の2000mとなり、坂のあるコースも初めてです。今の阪神は上がりがかかること、過去の連対馬を見ても逃げ先行勢が圧倒的に多いことからスタートに難のあるこの馬にはマイナスです。今回は後方から簡単にまくっていける相手ではないということでキリでいこうと思います。
ラジオたんぱ杯2歳ステークス(G3) 阪神2000m芝
予想 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  マチカネゲンジ 牡2 55kg デザーモ 藤沢和雄
グロリアスウィーク 牡2 55kg 音無秀孝
アマノトレンディー 牡2 55kg 秋 山 湯窪幸雄
  ホーマンアラシ 牡2 55kg ペリエ 松元茂樹
タマモサポート 牡2 55kg 藤 岡 藤岡健一
マイネルスケルツィ 牡2 55kg 四 位 稲葉隆一
  サクラメガワンダー 牡2 55kg 安藤勝 友道康夫
  アドマイヤムーン 牡2 55kg 本 田 松田博資
    ヴィクトリーラン 牡2 55kg 石橋守 田所清広
10   チェリーストーム 牡2 55kg 赤 木 梅田康雄
11   アペリティフ 牡2 55kg 松 永 坪 憲章
12   ユメノオーラ 牝2 54kg 和 田 川村禎彦
13     ニルヴァーナ 牡2 55kg 武 豊 池江泰郎

◎はマチカネゲンジでいこうと思います。好タイム連発で来てますから実力はかなりのものだと思います。前々走レコード勝ち。前走は2着ですが後方から大外をまわってレコード決着の0.3秒差ですから文句なしです。前走以外は前々で競馬を進めているのでデザーモが無理に控えなければ好戦必至だと思います。ただ関東馬ですので初の長距離輸送がどうか。雪の影響でかなり時間もかかってそうですから。なんとか実力でカバーしてもらいたいものです。

○はグロリアスウィークで。内枠をひいて鞍上は幸騎手。こうなるとハナをきるんじゃないかということで対抗に。距離延長が微妙ですが終いバテないしぶとさもありますし、上がりのかかる阪神で前残りがありそうです。メイショウサムソンアドマイヤメインあたりをやぶってきているので実力も充分です。

▲にはマイネルスケルツィを。前々走で◎マチカネゲンジとハナ差の接戦でレコードの2着。同等の実力はありそうです。さらに友達の指摘で気付いたのですが、これまで鞍上がヨシトミ先生です。それでこれまでなかなか勝ちきれなかったのかと納得w。追える四位騎手に乗り替わって一発ありそうな雰囲気です。この馬も関東馬なので輸送を克服してほしい。

あと△に新馬戦でHペースを逃げ切ったアマノトレンディー。さらに前目で競馬しそうなタマモサポートを。人気サイドですがサクラメガワンダーも少々。2番人気が予想されるニルヴァーナは大外ですし武豊騎手ですから前に行かないだろうということでキリます。ダート馬っぽいですし芝では追って味がないタイプかなと。力のいる今の阪神に向きそうなのが怖いですが・・・。

第22回ラジオたんぱ杯2歳S(G3)
馬連 ◎○▲△のBOX
三連複 軸1頭◎から○▲△へ
今回はあまり穴予想になっていませんが・・・。

最新の修正版はこちらです。
マチカネゲンジ取消! ラジオたんぱ杯2歳S(Part2)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
今回は完全に宣伝になってしまうのですが、便利なサービス開始のニュースをお知らせします。イーバンク銀行と提携したSPAT4のネットバンク投票が12月20日の川崎競馬からスタートしました。

SPAT4とは南関東4競馬場の馬券購入サービスです。このサービスではイーバンク銀行の口座保有者であれば、インターネット上の簡単な操作だけで即時に会員登録が完了します。また、会員登録が終了した時点で、すぐにインターネット上で馬券の購入が可能になります。更に、レース当日や土日祝日であっても、投票資金の追加入金や払戻金の引き出しが可能になります。ATM・コンビニで24時間いつでも入出金可能です。また手数料は無料。口座維持手数料も無しですからちょっと買いたいだけの人でもお得です。

もちろん馬券は100円から買えます。先日の全日本2歳優駿やもうすぐ行われる東京大賞典川崎記念、さらにジャパンダートダービー帝王賞など注目の交流G1は結構あります。JRAの有力馬もかなり出場しています。買いたいのになかなか買えないという人はこの機会に口座を開設して、SPAT4に加入されてはいかがでしょうか。

○イーバンク銀行に口座をお持ちでない方
  →イーバンク銀行HPへ ※まず口座を開設してその後SPAT4に登録します
○イーバンク銀行に口座をお持ちの方
  →SPAT4会員募集専用サイト

なお今回お伝えしたのは南関東4競馬場のSPAT4での馬券購入サービスですが、JRAのPATでの馬券購入サービスを利用されてない方はジャパンネット銀行と提携した即PATがお勧めです。詳しくは右のサイドバーにも書いてありますので参考にしてください。

○ジャパンネット銀行に口座をお持ちでない方
  →ジャパンネット銀行HPへ ※まず口座を開設してその後即PATに登録します

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

今週日曜日に中山競馬場で行われる第50回有馬記念(G1)の枠順が発表されました。ディープインパクト参戦で大注目の暮れのグランプリです。そのディープは3枠6番に入りました。中山2500mはコース形態から外枠不利ですのでまずまずでしょう。まあ出遅れて最後方からまくっていく形になりそうですからあまり枠番は関係ないかもしれませんがw。まずは出走表を貼っておきます。

第50回有馬記念(G1) 中山2500m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師 ファン投票
マイソールサウンド 牡6 57kg 本 田 西浦勝一 51位
  サンライズペガサズ 牡7 57kg 蛯 名 石坂 正 22位
  ゼンノロブロイ 牡5 57kg デザーモ 藤沢和雄 2位
[地] コスモバルク 牡4 57kg 五十冬 田部和則
  スズカマンボ 牡4 57kg 安藤勝 橋田 満 13位
ディープインパクト 牡3 55kg 武 豊 池江泰郎 1位
ヘヴンリーロマンス 牝5 55kg 松 永 山本正司 9位
グラスボンバー 牡5 57kg 勝 浦 尾形充弘 43位
タップダンスシチー 牡8 57kg 佐藤哲 佐々木昌 3位
10   ハーツクライ 牡4 57kg ルメール 橋口弘次 6位
11   オペラシチー 牡4 57kg 中 舘 佐々木昌 25位
12   ビッグゴールド 牡7 57kg 柴田善 中尾 正 42位
13   コイントス 牡7 57kg 北村宏 藤沢和雄 20位
14   リンカーン 牡5 57kg 横山典 音無秀孝 5位
15 デルタブルース 牡4 57kg ペリエ 角居勝彦 11位
16 オースミハルカ 牝5 55kg 川 島 安藤正敏 21位

狙っているタップダンスシチーが5枠9番。外だけは避けてほしかったのでまずまずといったところです。できれば1枠1番がほしかったのですが。これでタップは有馬記念で3年連続の5枠。去年も同じ5枠9番で2着にきているので縁起は良いです。

あと密かに狙っていたオースミハルカは大外枠。スタート直後に1周目の3、4コーナーを迎えるので逃げ馬にとってきつい枠です。実力的にもさすがになさそうです。デルタブルースも割引でしょう。一方ゼンノロブロイは絶好の位置だと思います。去年同様内ラチ沿いを追走して直線抜け出す競馬に持ち込みたいところでしょう。

あと注目しているのがスズカマンボグラスボンバー。秋の消耗度から考えると充分おつりがあるので面白いと思います。特にスズカマンボは激戦となったJCで全く競馬していませんから、少なくともJC上位入着組よりはいいですね。秋3戦目で上積みがあると思います。まだ日曜まで時間がありますし、これからじっくり考えようと思います。

第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
ダートの2歳日本一を争う全日本2歳優駿(交流G1 ダ1600m)が川崎競馬場で行われました。結果は唯一牝馬で出走の4番人気グレイスティアラが直線で一気に抜け出して快勝しました。1番人気に支持されたモエレソーブラッズは3着まで。上位は以下の通りです。
第56回全日本2歳優駿(交流G1)
着順 馬 名 騎手 タイム 人気
10 グレイスティアラ(JRA) 田中勝 1:42:3
アテスト(岩手) 小林俊 3/4馬身
モエレソーブラッズ(北海道) 五十冬 1/2馬身

この結果を見て何か違和感を感じないでしょうか??そうです。なんと田中勝春騎手が1着なのです。地方の交流G1とはいえ実に13年ぶりのG1勝利です・・・(涙)。ヤマニンゼファーで勝って以来G1では善戦するも連敗続きでした。しかしついに100以上のG1連敗記録に終止符をうちました。うれしいことです。

しかも勝ったグレイスティアラは私がこの前の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で本命に推した馬ですからさらにうれしい(阪神JFでは16着と大敗でしたが・・・)。やはりダート馬だったようですね。今回は馬券は買えなかったのですが強いところを見せてくれてよかったです。

参考記事
全日本2歳優駿、紅一点グレイスティアラが優勝(netkeiba.com)
グレイスティアラが勝つ-公営競馬GI競走全日本2歳優駿(SANSPO.COM)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
楽しみなニュースが入ってきました。ジャパンカップダートで古馬勢を倒し名実ともにダート王者に登りつめたカネヒキリが、ダートの最高峰レースであるドバイワールドカップ(G1 ダ2000m)に参戦する予定みたいです。次走はぶっつけでフェブラリーステークス(G1 東京ダ1600m)に向かい、そしてドバイWCに挑戦です。過去日本馬も参戦していますがトゥザヴィクトリーの2着が最高です。日本馬初のドバイWC制覇に期待がかかります。

カネヒキリといえば角居勝彦厩舎ですが、さらに同厩舎で先の香港マイル(G1 芝1600m)を見事制したハットトリックもドバイ遠征を予定しているとのこと。こちらはドバイデューティーフリー(G1 芝1777m)に出走予定です。G1を連勝してただいま絶好調ですからこちらも大いに期待がもてます。

そしてもう1頭。角居厩舎の期待の2歳馬フラムドパシオンUAEダービー(G2 ダ1800m)に参戦予定です。フラムドパシオンは18日のダ500万下を勝っただけですが2着以下に大差をつけて圧勝レコードを1秒以上縮める脅威のタイムで桁違いの強さを見せ付けました。鞍上の北村宏騎手も「別に行こうとしていないのに馬力が違うのでグイグイ行ってしまう感じだった。強い馬に乗せてもらいました」と高く評価しています。選出されるかも微妙ですし、とりあえずはクラシック路線との両天秤で次走は京成杯(G3 中山芝2000m)あたりを使う様子です。今後要注目の1頭となりそうですね。
フラムドパシオン(牡2)成績(Yahoo!スポーツ 競馬)

ドバイ国際競走(ナドアルシバ競馬場)はいずれも来年3月25日に予定されています。今年の香港国際競走同様、日本馬が多数出ることになるといいですね。

参考記事
角居トリオがドバイ挑戦(Sponichi Annex)
フラムドパシオン、UAEダービー日本馬初の参戦も(SANSPO.COM)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

いよいよ12月25日に第50回有馬記念(G1)が行われます。1年の締めくくりの大舞台の登録馬・出走予定馬を貼っておきます。以前に回避予定と紹介したグラスボンバーが出走予定ということでシルクフェイマスが除外対象になりました。現時点での出走表は以下の通りです。なお、正式な枠順確定は12月22日(木)となっています。
第50回有馬記念(G1) 中山2500m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師 ファン投票
ディープインパクト 牡3 55kg 武 豊 池江泰郎 1位
  ゼンノロブロイ 牡5 57kg デザーモ 藤沢和雄 2位
タップダンスシチー 牡8 57kg 佐藤哲 佐々木昌 3位
  リンカーン 牡5 57kg 横山典 音無秀孝 5位
  ハーツクライ 牡4 57kg ルメール 橋口弘次 6位
ヘヴンリーロマンス 牝5 55kg 松 永 山本正司 9位
デルタブルース 牡4 57kg ペリエ 角居勝彦 11位
  スズカマンボ 牡4 57kg 安藤勝 橋田 満 13位
  コイントス 牡7 57kg 北村宏 藤沢和雄 20位
オースミハルカ 牝5 55kg 川 島 安藤正敏 21位
  サンライズペガサズ 牡7 57kg 蛯 名 石坂 正 22位
マイソールサウンド 牡6 57kg 本 田 西浦勝一 51位
  ビッグゴールド 牡7 57kg 柴田善 中尾 正 42位
グラスボンバー 牡5 57kg 勝 浦 尾形充弘 43位
[地] コスモバルク 牡4 57kg 五十冬 田部和則
  オペラシチー 牡4 57kg 中 舘 佐々木昌 25位
除外対象
シルクフェイマス 牡6 57kg 四 位 鮫島一歩 31位
ハイアーゲーム 牡4 57kg 吉田豊 大久保洋 36位
除外対象のエルノヴァ(牝6)は回避

50回目の節目のレースを史上初の無敗4冠でディープインパクトが制するというのがドラマとしては最高なのでしょうが、私としてはタップダンスシチーに頑張ってもらいたいですね。ディープが負けるとしたら差し届かずの前残りしかないと思います。となるとやはりタップでしょう。最後のレースということで思い切りよく逃げるみたいなので楽しみです。当日の引退式を勝って迎えてほしいものです。さらにゼンノロブロイも引退レース。厩舎サイドも気合が入っている様子で最後に巻き返してくるかもしれません。

それでも近年人気が下降気味の競馬会に救世主として現れたディープインパクトですから負けてはいけないという雰囲気があります。他の騎手も「邪魔をしてはいけない・負かしにいってはいけない」と遠慮気味に乗っている感じがするのでそうそう負ける気がしないのも事実です。ディープを本気で負かしにいくとしたら外人騎手でしょうか・・・。それとも空気読まないあの人か・・・w。どちらにしても大注目の一戦です。

参考記事
オヤジも負けん!8歳タップひたすら逃げまくる(SANSPO.COM)
インパクト 無敗4冠へ順風~有馬記念(Sponichi Annex)

第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
PATで購入して出掛けたら友達から中京競馬中止の連絡・・・。今週一番楽しみにしていたのがCBC賞だっただけに残念です。それでも道悪が心配な馬が結構買い目に入っていたので順延になってもらってラッキーだったかもしれません。開催は来週の土曜11Rに変更です。さらに阪神牝馬Sもラインクラフトが沈んでラッキー。着順は以下の通りです。
第48回阪神牝馬ステークス(G2)
着順 馬 名 騎手 タイム
アドマイヤグルーヴ 武 豊 1:34:5
マイネサマンサ 安藤勝 1/2馬身
10   レクレドール ペリエ ク ビ
  ラインクラフト 福 永 3馬身
スナークスズラン 安藤光 1/2馬身

圧倒的1番人気のラインクラフトが逃げる意外な展開。しかも超スロー。普通なら逃げに理想的なペースで楽逃げかと思ったのですが4コーナーで簡単につかまりました。状態がよくなかったのか斤量が影響したのか。▲アドマイヤグルーヴは絶好の手ごたえで完勝。牝馬限定戦では別馬ですね。57kgも関係なしでした。自らの引退の花道を飾ったわけですがこれだけ強い勝ち方すると引退が惜しいですね。

マイネサマンサは何とか差しきって2着。出脚がつかず中団からの競馬、しかも超スローでかかり気味と予想外の展開でしたが最後は弾けてくれました。直線かなり狭くなったのですがよく伸びてきましたね。なかなかの勝負根性を感じました。 温情で○をつけたオースミコスモは4コーナーで早々と手ごたえが怪しくなって後退。このスローペースで先行して簡単に垂れるようでは駄目ですね。引退もやむなしというところでしょうか。お疲れ様でした。

スナークスズランもこのメンバーでは掲示板が精一杯でした。いい感じで2番手追走していたのですが3コーナーからおいていかれてみるみる後退。最後に再び追い込んできているように見えますが4着以下の馬の上がりが遅いだけ。勝負どころで上位の馬においていかれているのでやはり力が足りませんね。
払戻金
単勝 複勝 馬連 馬単
5 450円 5 170円 3-5 2,430円 5-3 3,860円
3 260円
10 270円

三連複 三連単
3-5-10 5,740円 5-3-10 29,150円

ラインクラフトが飛んでもアドマイヤグルーヴが勝ったので配当は安めです。3着のレクレドールもきってますし・・・。それでも点数を絞ったのでそこそこプラスになってよかったです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
なかなかの好メンバーが揃った明日の中京メインレースです。それにしても雪の影響が心配ですね。平野部でも結構降るみたいなことが言われているので、ダートに変更になるかもしくは延期になるかもしれません。予想がしにくいですが一応芝で行われることを前提に。

1番人気は予想通りマルカキセキ。もともとキルつもりだったので好都合ですw。近走好調も使い詰めできており今回苦手の左回りです。強い相手を倒してきているわけでもありませんし、危険な人気馬だと思います。ここは自信をもって無印でw。

◎はビッグプラネットにします。はっきり言って人気しすぎで嫌なんですけど(現在4番人気)逃げ先行得意の中舘騎乗ですし、Hペースを唯一前目で残ったスワンSの走りを見る限り本命に。距離短縮もかなりいいと思います。1200mぐらいがベストではないでしょうか。前に武豊騎手も1600mでも長いくらいだとコメントしていたのでこれくらいの距離で真価を発揮しそうです。

○はキーンランドスワンに。同舞台の高松宮記念2着ですし1200mはベスト。前走は距離も1ハロン長いですし、Hペースになって積極策が裏目にでた結果となったので悲観する内容ではありません。去年のCBC賞は15着と敗れていますが大混戦で0.8秒差ですから着順ほど負けていません。実績上位で人気を落としている今回は買いだと思います。ただしこの馬道悪が不安ですので○評価まで。

▲にはカネツテンビーを。隠れ中京巧者です。平坦なコースに変わるのもプラスです。去年のこの時期に連勝しており冬場に力をつけてくるタイプかもしれません。ただし道悪は苦手なので▲評価がせいいっぱい。前走の敗因はまさに道悪といってもいいでしょう。道悪でやるくらいなら思いっきり雪が降ってダート変更の方がいいかもしれませんw。

△にフジサイレンスを。重賞では足りない印象ですが展開が向きそうですので狙いどころ。先行勢がやりあってるのを外目から見ながら揉まれずレースが出来そうです。中京ですし、馬場が渋った場合控えすぎると届かないので鞍上が不安ですが一発期待。さらに中京巧者ゴールデンロドリゴと人気サイドで嫌なんですけど一応シーイズトウショウも。

第41回CBC賞(G2)
◎ビッグプラネット
○キーンランドスワン
▲カネツテンビー
△フジサイレンス、ゴールデンロドリゴ、シーイズトウショウ
馬連BOX、三連複BOXで
◎が思いのほか人気しているので残念ですが4番人気ですしまあ許容。雪降ってぐしゃぐしゃの結果になったら予想した意味がなくなるので、できればそんなに天気も崩れずに「やや重」ぐらいでやってほしいところです。

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
現在単勝1.3倍と3歳馬ラインクラフトが圧倒的人気を背負っています。マイルではこの馬でしょうけれど、古馬勢も意地を見せてほしいものです。頭数的に少なくあまり荒れそうな雰囲気はありませんが予想してみたいと思います。出走表はこちらです。

さすがにここはラインクラフトに◎を打ちたいところですが、それではオッズもつきませんし穴党としては思い切って無印にしたいと思います。3歳牝馬で56kg背負って古馬とわたりあえるかはやはり疑問。秋もいい競馬をしていますが激戦続きで疲労もたまっていると思います。敢えてここを使ってきたということは調子自体は悪くないということでしょうが、あっさり飛んでもおかしくない気がします。よってキリで。

◎はマイネサマンサに前走エリ女は初めての長い距離で途中でひっかかって変な競馬になってしまいましたが1600mのペースなら折り合いも大丈夫でしょう。本来の距離に戻って好戦必至です。逃げ馬不在ですから思い切ってハナをきってほしいと思います。終いの脚も悪くないですし粘りこみは充分考えられます。調子のいい安勝で一発狙いです。

○はオースミコスモで。引退ということもあり温情が入っていますが全く絡めないわけではないと思います。近走の成績はぱっとしませんがそれほど負けておらず人気がないここは狙ってみても面白いです。

▲に人気してますがアドマイヤグルーヴを。牝馬同士ならしっかり走ります。武豊に戻って好戦必至でしょう。こちらも引退レースですし有終の美を飾ってもらいたいです。△にスナークスズランを加えて、人気しているわりに信頼できないライラプスレクレドールキリでいこうと思います。

阪神牝馬S(G2)
◎マイネサマンサ
○オースミコスモ
▲アドマイヤグルーヴ
△スナークスズラン
馬連BOX、三連複BOXで
正直人気どおりで決まりそうな気配がプンプンしますが懲りずに穴っぽいところから。

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
こちらは日曜の阪神のメイン。当初はエアメサイアオースミハルカなども出走を示唆していましたが結局出ない事に。頭数もやや少なくなりましたが、それでもかなりの好メンバーと言えます。「香港に選出されなかったらそのまま引退」と言っていたアドマイヤグルーヴも一転して参戦が決まってかなり注目です。とりあえず出走表だけ貼っておきます。
第48回阪神牝馬ステークス(G2) 阪神1600m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  ライラプス 牝3 54kg 松 永 松田国英
  ラインクラフト 牝3 56kg 福 永 瀬戸口勉
  マイネサマンサ 牝5 55kg 安藤勝 中村均
  チアフルスマイル 牝5 55kg 藤 田 池江泰郎
アドマイヤグルーヴ 牝5 57kg 武 豊 橋田 満
オースミコスモ 牝6 56kg 上村洋 中尾 正
コスモヴァレンチ 牝3 54kg 武 幸 加用 正
マルターズヒート 牝4 55kg 秋 山 坂口正則
スナークスズラン 牝6 55kg 安藤光 佐藤吉勝
10   レクレドール 牝4 55kg ペリエ 池江泰郎
11 父抽 シンコールビー 牝5 55kg 藤 岡 湯窪幸雄

あまり注目されていませんがなにげにオースミコスモも引退レースです。アドグルとのワンツーフィニッシュとかもいいですね。強力な3歳勢があっさりと引導を渡すのか、引退を前にした古馬が最後に一花咲かせるのか。楽しみな一戦になりそうです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

有馬記念関係で検索されてくる方が多いようなので、がっかりされない為にも登録馬・出走予定馬を紹介しておきますw。今年はメンバー揃いましたね。ディープインパクト参戦で避ける馬が多いと思ったのですがさすがは暮れのグランプリです。
第50回有馬記念(G1) 中山2500m芝
馬名性齢 騎手 得票
ディープインパクト 牡3 武 豊 1位
ゼンノロブロイ 牡5 デザーモ 2位
タップダンスシチー 牡8 佐藤哲 3位
リンカーン 牡5 横山典 5位
ハーツクライ 牡4 ルメール 6位
ヘヴンリーロマンス 牝5 松 永 9位
デルタブルース 牡4 ペリエ 11位
スズカマンボ 牡4 安藤勝 13位
コイントス 牡7 北村宏 20位
オースミハルカ 牝5 川 島 21位
馬名性齢 騎手 得票
サンライズペガサス 牡7 蛯 名 22位
マイソールサウンド 牡6 本 田 51位
ビッグゴールド 牡7 柴田善 42位
コスモバルク 牡4 五十冬 [地]
オペラシチー 牡4 中 舘 25位
シルクフェイマス 牡6 四 位 31位
除外対象
エルノヴァ 牝6 58位
ハイアーゲーム 牡4 36位
グラスボンバー(牡5・勝浦)は回避予定

古馬勢では一時代を築いたゼンノロブロイタップダンスシチーがこの有馬記念を最後に引退です。他にもシルクなど最後のレースとなりそうな馬がいます。世代交代を明確にするのか、最後に意地をみせるのか。どちらにしても見逃せないレースになることは必至ですね。

関連記事
【有馬記念】ディープインパクト14日に1週前追い切り(SANSPO.COM)
ペリエ騎乗でデルタ有馬1週前(Sponichi Annex)
バルク、五十嵐冬と再コンビ/有馬記念(nikkansports.com)

第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
12月29日(木)に行われる東京大賞典(交流G1)の登録馬が発表されています。今年の競馬は有馬記念で終わりではないですね、これだけいいメンバーが揃うと。混戦が予想されるだけに有馬記念よりこっちの方が楽しみですw。
東京大賞典(交流G1) 大井2000mダ
JRA所属馬 所属
ヴァーミリアン 栗東
シーキングザダイヤ 栗東
スターキングマン 栗東
タイムパラドックス 栗東
ユートピア 栗東
JRA補欠馬 所属
グラッブユアハート 美浦
ハードクリスタル 栗東
マイネルボウノット 美浦
ヒシアトラス 美浦
ベラージオ 美浦
南関東所属馬 所属
アジュディミツオー 船橋
ウエノマルクン 大井
クールアイバー 大井
ジェネスアリダー 大井
シャコーオープン 大井
シーチャリオット 船橋
ナイキアディライト 船橋
ナイキゲルマン 大井
ボンネビルレコード 大井
他地区所属馬 所属
ニューシーストリー 兵庫

ジャパンカップダートの大井ヴァージョンとでもいう感じでしょうか。カネヒキリはいませんが、ダートで新たな才能を見せ浦和記念(交流G2)を制したヴァーミリアンや南関東2冠馬シーチャリオットも出走予定です。昨年の覇者アジュディミツオーも頑張ってほしいところ。 中央勢もJCDに出走していた有力どころが出走します。巻き返しを狙う有力馬に注目です。

参考記事
東京大賞典、タイムパラドックスなどが登録(netkeiba.com)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
しばらく更新できませんでしたのでいまさら感が漂いますが、一応先週予想したレースの結果を書いておきます。時間もなかったので簡単に予想だけ書いたのですがやはり今週も当たらず・・・。今週末こそは当てたいと思います。
朝日杯フューチュリティステークス(G1)
着順 馬 名 騎手 タイム
12   フサイチリシャール 福 永 1:33:7
スーパーホーネット 内田博 ク ビ
  ジャリスコライト デザーモ 1・3/4馬身
  ショウナンタキオン 田中勝 1・1/2馬身
ダイアモンドヘッド 武 豊 1/2馬身

やはり人気3頭は強かった。ごっそり上位に来ています。ここをすべて嫌っていくのは無理がありました・・・。展開的には先行勢&内を回った馬が上位独占でした。中山1600mっぽい感じの決着です。ペースも速くならずフサイチリシャールにもってこいの展開になりました。◎ディープエアーは後方から届かず6着。道中控えすぎだと思います。3強を後ろからまとめてかわせる自信があったのか池添君に聞きたいですねw。スーパーホーネットは有力馬を内に見ながらの先行策。終いの脚も絶好で惜しい競馬でした。

中日新聞杯(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
  グランリーオ 柴 山 1:46:4
16   ダンスインザモア 蛯 名 1馬身
カナハラドラゴン 勝 浦 1/2馬身
メイショウオスカル 武 幸 ク ビ
10 トップガンジョー ハ ナ

こちらは紐にいれたつもりだったグランリーオに印がない・・・!?。金曜日は急いで書いていたので忘れたのでしょうか。どっちにしても1番人気ダンスインザモアがささってきたので結局はずれw。危険な人気馬だと思っていたのですが喉の手術の効果でしょうか、しっかり2着には追い上げてきています。◎カナハラドラゴンは追い上げるも3着まででした。早々とダンスインザモアに外からかわされたのできつかったですね。最後狭くなって脚を余した感があったので、ダンスより先に仕掛けるか併せて付いていく形に持ち込んでいたらもっとよかったと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
日曜日に行われる朝日杯フューチュリティステークス(G1)の枠順が確定しましたので貼っておきます。人気はショウナンタキオンジャリスコライトフサイチリシャールあたりでしょうか。また今週は所用で更新できないため予想も簡単に印だけつけておきたいと思います。
朝日杯フューチュリティステークス(G1) 中山1600m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
ダイアモンドヘッド 牡2 55kg 武 豊 池江泰寿
ショウナンタキオン 牡2 55kg 田中勝 上原博之
フェイクフェイス 牡2 55kg 和 田 南井克己
アポロノサトリ 牡2 55kg 蛯 名 堀井雅広
  スーパーホーネット 牡2 55kg 内田博 矢作芳人
ダノンブリエ 牡2 55kg 江田照 小島 太
ジャリスコライト 牡2 55kg デザーモ 藤沢和雄
デンシャミチ 牡2 55kg 柴田善 田中章博
  ディープエアー 牡2 55kg 池 添 池添兼雄
10   スロクハイネス 牝2 54kg 丹 内 矢野照正
11 レナソル 牡2 55kg 北村宏 大久保陽
12 フサイチリシャール 牡2 55kg 福 永 松田国英
13 父市 タニオブゴールド 牡2 55kg 松 岡 栗田博憲
14   フィールドカイザー 牡2 55kg ボニヤ 山内研二
15 父市 エムエスワールド 牡2 55kg 松 永 湯窪幸雄
16   コマノルカン 牡2 55kg 木 幡 鮫島一歩

朝日杯FS(G1)
◎ディープエアー
○ダイアモンドヘッド
▲エムエスワールド
△フェイクフェイス、スーパーホーネット、ダノンブリエ
馬連BOX、三連複BOXで

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
土曜日に行われる第41回中日新聞杯(G3)の枠順が確定しましたので貼っておきます。メンバー的には小粒ですが中京のG3なので仕方がないところでしょうか。また今週は所用で更新できないため予想も簡単に印だけつけておきたいと思います。

中日新聞杯(G3) 中京1800m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
シェイクマイハート 牡5 55kg ボニヤ 二ノ宮敬
父市 ツルマルヨカニセ 牡5 56kg 小 牧 橋口弘次
メジロマイヤー 牡6 56kg 飯 田 田島良保
B父 コンラッド 牡3 55kg 松 岡 手塚貴久
父市 プライマリーケア 牡5 55kg 田 辺 久保田貴
メイショウオスカル 牝4 56kg 武 幸 安達昭夫
ニシノシタン 牡5 56kg 中 舘 浅野洋一
父市 グランリーオ 牡5 56kg 柴 山 笹倉武久
カナハラドラゴン 牡7 57kg 勝 浦 山田要一
10 父市 トップガンジョー 牡3 55kg  幸  和田正道
11 ホッコーパドゥシャ 牡3 54kg 菊 沢 浜田光正
12 ニシノサブライム 牡6 55kg 本 田 上原博之
13 父市 ワイルドスナイパー 牡6 55kg 藤 岡 作田誠二
14 サンバレンティン 牡4 55kg 佐藤哲 佐々木昌
15 スターイレブン せ5 56kg 福 永 松元茂樹
16 ダンスインザモア 牡3 56kg 蛯 名 相沢 郁

中日新聞杯(G3)
◎カナハラドラゴン
○ワイルドスナイパー
▲メイショウオスカル
△ニシノシタン、トップガンジョー
馬連BOX、三連複BOX

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

先日お伝えしたように今日第50回有馬記念ファン投票の最終発表が行われました。有効投票総数は昨年より30万票以上多かったそうで、ディープ効果が現れています。有馬記念での引退を正式に表明したタップダンスシチーが3位に浮上。タップ本命の私としてはレースではあまり人気になってほしくないところです。

第50回有馬記念ファン投票 第2回中間発表
順位馬名 投票数
ディープインパクト 160,297
ゼンノロブロイ 124,894
タップダンスシチー 79,703
スイープトウショウ 78,859
リンカーン 74,501
ハーツクライ 67,494
アドマイヤジャパン 62,195
アドマイヤグルーヴ 49,226
ヘヴンリーロマンス 49,845
10 ダンスインザムード 45,354
順位馬名 投票数
11 デルタブルース 45,015
12 シックスセンス 44,784
13 スズカマンボ 39,646
14 ダイワメジャー 34,062
15 エアメサイア 33,583
16 ラインクラフト 32,332
17 サクラセンチュリー 26,596
18 ハットトリック 23,824
19 ローゼンクロイツ 23,042
20 コイントス 22,911

有馬がラストランのロブロイ、タップと三冠馬ディープの対決がやはり見どころでしょうか。ゼンノロブロイはJCの疲れを感じさせず好調な様子なので面白そうです。またタップダンスシチーは有馬記念のレース当日に引退式を行うようです。こちらも楽しみです。ぜひとも勝って引退の花道を飾ってほしいところです。

もう一つ楽しみなのがエルノヴァ有馬出走を示唆していること。前走ステイヤーズS(3600m)は惜しくも2着でしたが有馬の2500mは距離的にはいいです。相手関係的には全くよくありませんが・・・w。このところずっと応援している馬ですしヘヴンリーロマンスばりの大駆けを期待してみようと思います。

参考記事
ファン投票1位は16万票インパクト(Sponichi Annex)
有馬へ初時計、ロブロイ驚異回復(nikkansports.com)
エルノヴァは有馬記念へ(DailySports online)

第50回有馬記念(G1)の予想はこちらです。 
第50回有馬記念(G1) 予想(Part1)
第50回有馬記念(G1) 予想(Part2)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
'06年のJRAのメインキャラクターを今年に引き続いて中居正広さんがつとめることが決まりました。またキャンペーンキーワードも今年に引き続き「BIG TIME.」を使うとのこと。サブキーワードとして「競馬でうれしいのが、いちばんうれしい。」というのも使われるみたいです。

個人的にはまた来年も中居君というのは結構微妙ですね。出来れば他の人がよかったです。競馬好きじゃなさそうだしかっこよくも面白くもないし何も考えてなさそうなのが癇に障るというか・・・w。あらゆる世代に好感度が高いみたいですから自分みたいに考えてる人は少なそうですが。

JRAがイメージキャラクターを採用しはじめたのは'88年からでこれまで多くの方がCMなどに出演してきました。下にこれまでの起用タレントとスローガンを貼っておきます。こうやって見るとなかなか懐かしいですね。競馬のイメージから全くかけ離れた人もいて面白い人選です。

年次 起用タレント キャンペーンスローガン
S63~H1 小林 薫 GREEN SPIRIT,JRA.(S63)
見るたび新しい競馬です(H1)
H2~3 賀来 千香子
柳葉 敏郎
好奇心100%の競馬です。
H4~5 高倉 健 あなたと話したい競馬があります。
H6~7 中井 貴一
真田 広之
時任 三郎

あなたがいるから、競馬は楽しい。
H8~9 本木 雅弘
鶴田 真由
ひとりひとりに競馬はうれしい
H10~11 木村 拓哉 キミの夢は、ここにある。-EVERGREEN,JRA-(H10)
走れ、JRA(H11)
H12 緒形 拳
松嶋 菜々子
私を楽しむ(それが競馬)。
H13 馬キャラ 競馬が、キミを呼んでいる。
H14 永瀬 正敏
小林 薫
妻夫木 聡

GOOD LUCK!
H15~16 明石家さんま サプライズ!(H15)
サプライズ!!(H16)
H17 中居正広 BIG TIME.

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
阪神競馬場で3日、4日に行われた第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)で地方騎手代表の岩田康誠騎手が初優勝をはたしました。WSJSというのは14人(国内6人、海外8人)の一流ジョッキーが4レースに騎乗し、着順をポイントに換算してその合計点を競いあうものです。岩田康誠騎手は最終戦の阪神12Rでオースミグラスワンで1着になり逆転で優勝ということになりました。地方騎手が優勝したのは意外と多くこれで4人目だそうです。

岩田康騎手といえばなんといっても昨年の菊花賞です。デルタブルースに騎乗して快勝しました。今はまだ地方・兵庫所属ですがすでに中央移籍の準備をすすめていて、来年の春に2次試験をパスすればJRAのジョッキーということになります。中央入りに向けて実力を存分に示したという感じです。

惜しくも1点差で2位になったのはご存知究極の2ゲッター横山典弘騎手です。「今回もハナ差(=1点差)の2着・・・やっぱり僕はいつも2着ですね。」と粋なコメントも残してくれていますw。3位は最終戦までトップだったアイルランドのM.キネーン騎手。これも2位に1点差と僅差でした。

参考記事
地方競馬代表岩田康が激闘制す(DailySports online)
第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズは岩田康誠騎手(兵庫)が優勝!(JRA)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。