☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好スタートを決めたマイネサマンサが結局ハナに立ちスローの流れをいかして逃げ切り勝ちをおさめました。なんと2着同着で馬連は当たったものの激安・・・。このブログの趣旨から考えると的中と言っていいものか微妙ですが一応的中。結構自信があったレースだけにこの結果はかなり納得いきませんがメイショウオスカルをノーマークにしていたので仕方のないところでしょうか。

第41回京都牝馬ステークス(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
12 マイネサマンサ 岩田康 1:33:5
チアフルスマイル 藤 田 ク ビ
13   メイショウオスカル 松 永 同 着

◎に推したアドマイヤメガミはスローの流れに泣かされたのと末脚が爆発しなかったのが相まって12着と大敗してしまいました。牝馬限定戦でこの斤量差で完敗ですから素直に力不足でしょう。ちょっと期待しすぎでした。

○のチアフルスマイルは馬場も渋ることなく不利も受けることなく競馬をできてようやく末脚が発揮できました。この馬もスローの流れに泣かされたかたちになりましたがそれでも2着まできたのは立派です。脚を溜めてこその馬なのでペースが遅くなると厳しいです。

マイネサマンサは好スタートをきって抑えきれずにそのままハナにたちましたがペースをうまくおとしてうまい競馬ができました。豪腕で差してくるイメージが強かった岩田康騎手でしたが新たな一面を見た気がします。中央転入も近いですしこの重賞制覇ではずみがつきそうです。

今日は両重賞とも地方騎手が勝利するという前代未聞の事態が発生しましたw。馬の力によるところが大きいですが、たまにしか来ない地方騎手が1日で重賞2勝とは・・・。1番人気ディアデラノビアの武豊騎手もあのペースであの位置取りでは厳しいです。お得意の溜め殺しというやつですw。何気にまだ今年重賞勝っていないので心配と言えば心配です。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
1400mは距離が長いかと思い△までにしたリミットレスビッドがあっさりと差しきって重賞2連勝です。この馬ダートはかなり適正ありますね。ダートになって順調に勝ってますしなんだか去年のメイショウボーラーを見ているような感じがします。最大の目標は高松宮記念(G1)ということでますます被ってますw。ボーラー同様人気になって凡走してしまうんでしょうか。
第20回根岸ステークス(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
リミットレスビッド 内田博 1:23:7
12 タイキエニグマ 柴田善 2馬身
トウショウギア 田中勝 ク ビ
単 勝 7 1,100円
複 勝 3 280円
7 360円
12 230円
枠 連 4-6 2,280円
馬 連 7-12 3,450円
馬 単 7-12 8,130円
ワイド 3-7 1,490円
3-12 800円
7-12 1,120円
三連複 3-7-12 7,990円
三連単 7-12-3 58,400円

綺麗な縦目です。人気サイドですし誰でもとれそうなところでの縦目ですから特におしくもないです。◎テイエムアクション鞍上に全くやる気が感じられず狙って失敗でした。道中最後方まで下げて直線でも外に持ち出さず密集してる内をそのまま突いています。明らかに着ひろい程度でしか乗っていませんでした。差しきるつもりなら2着まできた▲タイキエニグマについていって外に持ち出すべきですから。上がりはエニグマと同じで最速タイですから道中それなりに追走していって勝ちに行けばそこそこやれていたと思います。あのスタートきって最後方まで下げるのは明らかにおかしいです。

完全に冒険で○にしたバランスオブゲームは見せ場なく後退。やはり初ダートでこのメンバーは荷が重すぎました。▲タイキエニグマは先生がじっくり我慢してくれて末脚がいきました。なにげに最近メインで先生が好調です。簡単に消せなくなりそうでつらいですw。

人気のサンライズバッカスは内をついてなんども詰まって最悪の競馬でした。スムーズならば突き抜けて勝っていたと思います。見た感じフェブラリーSはバッカスでしかたないのかという印象ですがやはり次も人気になるでしょうか。別路線組の人気で影が薄くなったり今回の敗戦で多少嫌われて人気が落ちるようなら軸にしたいです。△トウショウギアもあれだけ引っ掛かっていても最後伸びてきて3着ですから立派です。折り合い面で進展があれば次走も好勝負だと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の京都メインは第41回京都牝馬ステークス(G3)です。個人的に今週一番楽しみにしていたレースなのでぜひ当てたいところです。このレースも人気が適度に割れそうで面白そう。有馬記念での引退を撤回したオースミハルカが59kgを背負って出走してくるのも注目すべきところでしょうか。さすがに厳しいと思いますが。過去1番人気の成績が振るわないレースだけに穴党としては強気にいけるレースです。

第41回京都牝馬ステークス(G3) 京都1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  オーゴンサンデー 牝7 54kg 上 村 谷原義明
    トーセンハピネス 牝4 52kg 大久保龍
  マルターズヒート 牝5 54kg 熊 沢 坂口正則
  チアフルスマイル 牝6 54kg 藤 田 池江泰郎
  スナークスズラン 牝7 54kg 岡部誠 佐藤吉勝
    ディアデラノビア 牝4 54kg 武 豊 角居勝彦
    ヴィフォルテ 牝4 52kg 渡 辺 戸田博文
    アズマサンダース 牝5 56kg 秋 山 藤岡健一
  オースミハルカ 牝6 59kg 川 島 安藤正敏
10 ヤマニンシュクル 牝5 56kg 四 位 浅見秀一
11   アドマイヤメガミ 牝4 52kg 石橋守 松田博資
12   マイネサマンサ 牝6 55kg 岩 田 中村 均
13   メイショウオスカル 牝5 56kg 松 永 安達昭夫
14   レクレドール 牝5 55kg ペリエ 池江泰郎
15     レンドフェリーチェ 牝6 53kg 長谷川 宮 徹
16   アンブロワーズ 牝4 53kg 池 添 小島 太

◎は迷いましたがアドマイヤメガミにします。チューリップ賞の追い込みが忘れられずずっと注目している馬です。桜花賞では慣れない前目からの競馬で失速、オークスでは故障と一気に表舞台からは退いてしまいましたがレースセンスと根性は一級品だと思います。近走は休み明けと牡馬相手の長めの距離でイマイチですが、牝馬限定のマイル戦なら遜色ないはずです。賞金を稼いでないため52kgででられるのも魅力。末脚が炸裂しそうな気配があります。脚質を考えても鞍上が激しくマイナスですが一発に期待します。

○はチアフルスマイルで。◎にしようか迷いましたが穴人気しそうなので。金杯は直線不利を受けて失速。アルビレオと同じかそれより良い感じで伸びていただけに不利がなければ3着以上だったと思います。ここもその状態をキープできているので今度こそ豪脚が発揮できそう。54kgですから脚が鈍ることもないでしょう。

▲に人気しそうですがヤマニンシュクルを。前走はゆるい流れと2走ボケもあってか末脚不発でしたが京都の馬場は合いそうですし、G1を勝った牝馬のマイル戦。手堅く着をまとめてくる馬なのでここで大崩れはないと思います。絞れてくればあっさり勝ちきってもおかしくないと思います。あと△にマイネサマンサレクレドールアンブロワーズの3頭を。なるべく人気しないことを願いたいものです。特にマイネサマンサあたりは。

ディアデラノビアは あの角居調教師がかねてからベタ褒めしているので実力はあるのかもしれませんがどうしても強いと思えないのでキリます。もう1頭人気しそうなアズマサンダースも微妙に間隔があいているので狙いにくいです。冬場の仕上がりはあてにしにくいですから。ここで負けて人気を落としてもらって次走買いたいと思います。

第41回京都牝馬ステークス(G3)
馬連 ◎、○から◎○▲△へ
三連複 軸1頭◎から○▲△へ
このレースはすごく自信あるのですが、またしても紐抜けがありそうで一抹の不安を覚えます・・・。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の東京メインは日曜開催となった第20回根岸ステークス(G3)です。フェブラリーS(G1)のトライアルレースとして注目の一戦です。メンバー的に前が速くなるとは思いますが、シルヴァーゼット以外は行きたい馬が内枠に入ったのですんなり位置取りが決まればそこまで早くならないかもしれません。一応前がやりあった場合の利をついて浮上してきそうな差し馬から狙ってみたいと思います。直線長い府中ですし。
第20回根岸S(G3) 東京1400mダ
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  リンガスローレル 牝7 54kg バルジュ 境 征勝
  B市 アグネスジェダイ 牡4 57kg 小 牧 森 秀行
トウショウギア 牡6 56kg 田中勝 池上昌弘
    ニシノコンサフォス 牡6 56kg 和 田 宮本 博
    メイショウボーラー 牡5 59kg 福 永 白井寿昭
  サンライズバッカス 牡4 56kg 佐藤哲 音無秀孝
  リミットレスビッド 牡7 57kg 内田博 加用 正
    ニホンピロサート 牡8 57kg 小林徹 目野哲也
    マイティスプリング 牡4 55kg 安藤勝 嶋田 潤
10     プライドキム 牡4 55kg 柴 山 池添兼雄
11 父市 バランスオブゲーム 牡7 58kg 木 幡 宗像義忠
12 タイキエニグマ 牡5 56kg 柴田善 清水美波
13     ダイワキングコン 牡4 55kg 北村宏 増沢末夫
14   [地] ハタノアドニス 牡10 58kg 石崎隆 佐藤賢二
15   シルヴァーゼット 牡5 56kg 津 村 田所清広
16 テイエムアクション 牡5 56kg 橋 本 福島 勝

◎はテイエムアクションにします。前走は骨折放牧明けの一戦でHペースを無理に押していったために最後バテてしまいました。今回一叩きして調教もよさそうですし、本来終いはしっかり伸びてくる馬ですから展開を利用しての差し切りに期待します。ガーネットSからのステップも好走パターンです。リミットレスビッドは1ハロン長いので△まで。ダートの思わぬ適正と末脚は魅力ですがもともと1400mは長い上に流れも厳しくなりそうなのでどうでしょうか。人気があまりなさそうなのでその点は狙いたいところですが。

○は大好きなバランスオブゲームにします。初ダートで58kgですから完全に冒険ですがフサコン産駒ですしこなせないこともないかと。G1でなければ強いこの馬ですから一発に期待したいです。ただHペースをムキになって追っかけないことが条件でしょうか。その点は鞍上がカッチーじゃなくて木幡騎手なのはプラスかも。

▲に人気しそうですがタイキエニグマを。善臣先生ですから前々で競馬したがってHペースにのまれそうですが、後方で我慢してブラジルCのような追い込みを決めてほしいです。差しにまわるなら終いはきれますから展開的に向きます。ただペースがあがって時計勝負になるとやや厳しいので▲まで。

あと△に前残りをケアしてトウショウギアを。逃げても終いの脚がしっかりしているので粘り込みもありそうです。内枠ですんなりハナを奪うことができればしぶといと思います。ボーラーは前走見る限り砂を被るともろそうです。追い込んで2着と言ってもハナを奪えずズルズル下がって大外に持ち出してのもの。今回は相手が強化されてますのでハナに立てなければ外からの差し込みも無理だと思います。あといかにも反動がでそうな競馬をしてますのでここはキリ

差し馬狙いなら普通にサンライズバッカスを買うべきなので1番人気覚悟で一応△に。間があいて状態がどうかが気になりますので馬体重などを見てからでしょうか。本来ならこういう人気馬はぶった斬るのですがここ最近のはずし方を反省してw。

第20回根岸ステークス(G3)
馬連 ◎、○から◎○▲△へ
三連複 軸1頭◎から○▲△へ
今回は人気サイドもいれているので面白みのない予想になってしまいました・・・。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
思いきって本命にした◎フジサイレンスが期待通りの差し切り勝ちをおさめてくれましたがまたまた紐抜け・・・。人気サイドの方が抜けるいつものパターンで結果は残念なことに・・・。それにしてもフジサイレンスの人気が全くなかったです。馬連はどれに流しても万馬券ですし単勝50倍こえてますしw。しかし2着と3着は1番人気、2番人気で決まってますから順当なところ。相手も荒れてくれるとよかったんですが・・・。
第56回東京新聞杯(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
10 フジサイレンス 江田照 1:33:7
16   オレハマッテルゼ 柴田善 アタマ
インセンティブガイ ペリエ ク ビ
単 勝 10 5,180円
複 勝 3 180円
10 910円
16 180円
枠 連 5-8 1,780円
馬 連 10-16 15,020円
馬 単 10-16 46,240円
ワイド 3-10 4,010円
3-16 520円
10-16 3,630円
三連複 3-10-16 27,260円
三連単 10-16-3 302,380円

このところ◎フジサイレンスは追ってからの反応が抜群でしたが今日も鋭く伸びました。広い東京コースで詰まることなく外に持ち出すことができたので勝ちを確信しました。前回みたいに早めにあっさり抜け出すと終いが甘くなるので今回のような展開はベストでした。「かわしたところがゴール」みたいな。内で粘ったのがオレハマッテルゼ。前回の不可解な失速を感じさせない粘り腰で2着。好スタートでスムーズに先団にとりつけたのがよかったです。

予想イメージとしてフジサイレンスと一緒に上がってくるはずだった○キネティクスは位置取りが後方すぎたため8着まで。ジリ脚なので後方から外回したぶん遅れた感じでした。上がりは勝ち馬に次ぐ2番目の速さですから好位からロスなければもう少しやれたと思います。

3着の△インセンティブガイは直線狭くなってオレハマッテルゼを先に行かせてから外に持ち出しての追い出し。最後はその分の差が出たかと思いますが並びかけてもなかなか抜けなかったことを考えると現状このあたりまでという感じでしょうか。「差せっ、差せっ」とずーっと願っていたものの結局3着どまりでした・・・。

先週のAJCCと全く同じ外し方ですが、ショックの度合いは全く別ですw。先週は安かったのであまり気になりませんが今回は万馬券・・・。いつも通りの外し方ですからネタとしてはいいんですけど。明日こそは万馬券当てたいと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の東京メインは土曜日の開催に変更になった第56回東京新聞杯(G3)です。メンバー的には抜けた馬がおらず人気も割れそうです。1番人気がどの馬になるのかもわかりません。また強力な逃げ馬も不在でペースが落ち着きそうな印象です。東京は開幕週ということで馬場状態はかなりよさそう。先行馬の前残りにも充分注意したいところです。どの馬が勝ってもおかしくない感じがしますが、その分馬券的妙味がありそうで楽しみな一戦です。
第56回東京新聞杯(G3) 東京1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
    アルビレオ 牡6 55kg 四 位 白井寿昭
  イヤダイヤダ 牡4 53kg バルジュ 音無秀孝
  インセンティブガイ 牡5 55kg ペリエ 角居勝彦
  ペニーホイッスル 牝4 52kg 後 藤 松山康久
マイネルレコルト 牡4 57kg 松 岡 堀井雅広
    キングストレイル 牡4 55kg 北村宏 藤沢和雄
  ヤマノブリザード 牡7 56kg 菊 沢 的場 均
ハッピートゥモロー 牡6 55kg 川 島 安藤正敏
  父市 グランリーオ 牡6 56kg 柴 山 笹倉武久
10 フジサイレンス 牡6 55kg 江田照 田子冬樹
11   マイネルソロモン 牡6 55kg 佐藤哲 国枝 栄
12     ウインラディウス 牡8 59kg 田中勝 藤沢和雄
13     メイショウオウテ 牡4 54kg 武 豊 伊藤雄二
14     バアゼルキング 牡7 54kg 吉田豊 大久保陽
15 キネティクス 牡7 56kg 木 幡 新川 恵
16     オレハマッテルゼ 牡6 56kg 柴田善 音無秀孝

◎はフジサイレンスにします。CBC賞でも狙ったのですが五十嵐騎手が直線で何故か密集している内をつき詰まって手綱を引っ張る失態。ニューイヤーSは直線で早く抜け出しすぎて終いが甘くなってしまった感じです。それでもここ2戦の状態はすごくよさそう。特に追い出した時の反応は抜群でした。3勝していて相性の良い東京コースはプラス。直線長いのでじっくり脚を溜められますし、広いコースで詰まることもないでしょう。瞬発力勝負を制してほしいと思います。

○はキネティクスです。前走京都金杯では池添が押していって2番手からの競馬。終い甘くなり、さらに不利を受けて追うのをやめるという不本意な内容でした。本来ある程度下げて脚を溜めたほうが良い馬。斬れ味勝負ではひけをとりません。外枠の今回は積極策もとらないでしょうからここは巻き返し必至です。去年ハットトリックの2着した馬ですから期待できます。

▲に前残りをケアしてペニーホイッスルを。牝馬とはいえ52kgですから開幕週の馬場を考えても前で残りそう。前走は前半かかり気味で最後も内にモタれてちぐはぐだったので度外視できます。さらに△に人気サイドで嫌ですがインセンティブガイを。前で競馬できて終いの脚もしっかりしているのでキリにくいです。左回りがさっぱりなのできってしまってもよかったのですが内枠ですし一応△にw。

あと△に切れ味勝負なら浮上してきそうなハッピートゥモローと、マイルにもどって変わり身期待のマイネルレコルトを。今回はかなり人気も落ちそうですし。瞬発力勝負ならアルビレオがいますが使い詰めなのと前走の激走で疲労がたまってそうなのでキリです。前走は上手く馬群を割ってきましたが、今回は四位騎手なので外に持ち出してぶん回しそう。疲労と相まっていかにも末脚不発に終わりそうな予感がします。オレハマッテルゼも前走の不可解な失速が気になるのでキリます。外々回らされたことが影響してるなら今回もまさにそれ。スローの団子状態で進んで外々回って最後伸びずに終わりそうな気がします。状態面が影響しているなら今回も状態は平行線だと思いますのでここも厳しいのではないかと。

第56回東京新聞杯(G3)
馬連BOX、三連複BOXで
インセンティブガイ以外人気なさそうなので当たれば高配当が期待できそうです。当たればw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
またまた恥ずかしいはずし方をしてしまった第47回アメリカジョッキークラブカップ(G2)の回顧もしておきます。絶好のスタートから単騎逃げをうち◎シルクフェイマスが見事逃げ切りました。折り合いもついて気分良く逃げさせてもらったのがよかったと思います。金杯の時は直線まで抜群の手応えできていたのに沈んでしまったので最後まで不安ではありましたがw。やはり一叩きして状態は良かったみたいです。スムーズに行ければこのメンバーでは負けませんね。上位の着順は以下の通りです。
第47回AJCC(G2)
着順 馬 名 騎手 タイム
シルクフェイマス 柴田善 2:13:2
  フサイチアウステル 藤 田 ク ビ
10 ハイアーゲーム 内田博 2馬身

2着に全くノーマークだったフサイチアウステルが残ってしまい結局はずれです。まあここで決まっても配当が安いのでそれほど残念でもないですが(ウソ)。落鉄して菊花賞5着と言ってもかなり離されてますしセントライト記念で久々のキングストレイルに負けているくらいですからここで2番人気は明らかに過大評価されすぎな馬だと思ってましたw。

実際今回も強い競馬をしたわけでもないのでやはり評価はできません。グラスボンバーが差し馬なので後ろを意識するとどうしても早い段階でシルクを潰しにいくのは難しいですが、じっとペースをまもって自分なりの競馬をしただけですので。

1番人気のグラスボンバーは思った通り疲れが見えて伸びを欠き4着まででした。まくってきたハイアーゲームに簡単にかわされていますし状態は良くなかったようです。その△ハイアーゲーム+24kgと明らかに太め残りで調整不足。最後方から勢い良く捲っていくものの直線ではイマイチ伸びず3着まででした。右回りは手前を変えると伸びないと言われているのでそれの影響もあったかもしれませんが。

来週は土日あわせて3つの重賞があるので1つくらいは当てたいところです。今月をいいかたちで締めくくってフェブラリーSに備えたいです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
末脚だのみの予想なので外れる可能性が高いと書きましたがまさにその通りになってしまいました。マイネルボウノットは沈んだものの結局前残りの決着でした。◎アンドゥオールは最後いい脚で伸びてくるも4着まで。残念な結果になってしまいました。勝ったタガノゲルニカはすんなり2番手につけてそのまま粘りこみ。2着のヴァーミリアンも馬体重+20kgと名古屋グランプリ中止で間があいた影響があった様に見えましたが地力が違った感じでしたw。上位の着順は以下の通りです。
第13回平安ステークス(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
  タガノゲルニカ 池 添 1:50:2
10   ヴァーミリアン 武 豊 アタマ
ハードクリスタル 藤 岡 1・1/2馬身

一番気になっているのが○ベラージオの大きな出遅れです。ビデオを何回か見直してみるとはっきりわかるのですがゲートが開いていません。他の馬からワンテンポ遅れて開いていますw。明らかにおかしいですがJRAからは「鼻端で前扉を押圧したために開扉が遅れたものでありました。発馬機の誤作動の理由によるものではありません」の発表だけでカンパイや払い戻しはないんですね(残念)。そもそも鼻で押しただけで開扉が遅れるっておかしくないでしょうか。それなら今まで何百頭という馬のゲートが開かなくなっていたはずです。こんな事態は初めてなのにこういった理由で片付けられるのはおかしいですね。

おかしいのはテレビの実況もです。GC、民報で全くベラージオの出遅れについて触れていません。あれだけ大きく出遅れたにもかかわらず。最初から決められていたゲートの操作で、あらかじめ問題にしないようにJRAからメディアに通達があったとかw。あれだけ大きな出遅れについて何も言わないというのは明らかに不自然ですからそんな勘ぐりもしてしまいますw。

あと安藤騎手のコメントもおかしいです。ゲートが開く時にちょうど立ち上がってしまったと言っていますがビデオを見るとそうでもないです。むしろいいタイミングで行きかけたのにゲートが開かないから立ち上がってしまい、その時にゲートが遅れて開いている感じです。他の馬のゲートが開いた時はまだ立ち上がっていませんからw。安勝も何もしゃべるなと言われているんでしょうかね。あとJRAの発表と内容的に矛盾するのも事実。立ち上がっていたら鼻でゲートは押せないはずですw。

私はもともと競馬には八百長もあると思っているのでいいのですが、これだけ不自然なことばかりが目立つと追求しなくてはなりませんw。JRAへの不信感が増すとますます競馬人気がさがってしまいますし。

ゲート閉じたまま やっと開いたところ
※クリックで拡大できます。
写真は左側が他の馬のゲートが開いたところです。ベラージオのゲートはまだ閉じられたままです。右側はやっと開いたところ。これだけの差があり、馬が立ち上がってしまっているのでこの後さらに遅れてスタートしますw。

色々書いてきましたが例えベラージオのゲートがスムーズで勝っていたとしてもタガノとヴァーミリアンを買ってないので結局はハズレですw。人気サイドを簡単にきってしまったのと明らかに検討不足でした。来週はしっかり予想して当てたいものです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
こちらも時間がありませんので簡単にしておきます。頭数も少なく馬券的妙味もあまりなさそうなので大勝負はできないですね。現在1番人気はグラスボンバーです。有馬で対抗に推したのですがすでに疲れが見えていたのでここは厳しい気がします。ここを使って休養に入るようですし。相手が弱いのであっさりもありそうですけど。本命はシルクフェイマスにします。前走は久々でマイル戦でしたが直線までは抜群の手応えでしたし、叩き2戦目は走る馬です。先行してあっさりを期待して。

第47回アメリカジョッキークラブカップ(G2) 中山2200m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  ソウゴン 牡7 57kg 北村宏 成宮明光
シェイクマイハート 牡6 57kg 木 幡 二ノ宮敬
    ユキノサンロイヤル 牡9 57kg 小 野 増田末夫
  フサイチアウステル 牡4 56kg 藤 田 池江泰寿
  ニシノサブライム 牡7 57kg 柴 山 上原博之
  グラスボンバー 牡6 57kg 勝 浦 尾形充弘
シルクフェイマス 牡7 58kg 柴田善 鮫島一歩
  コスモインペリアル 牡6 57kg バルジュ 清水利章
  オペラシチー 牡5 57kg 佐藤哲 佐々木晶
10 ハイアーゲーム 牡5 57kg 内田博 大久保洋

直前まで期待していたハイアーゲームはここまで人気してまで買いたいとは思わないので△評価にしますw。少頭数はやはり面白みに欠けます・・・。

第47回アメリカジョッキークラブカップ(G2)
馬連◎から○▲△、三連複軸1頭◎から○▲△へ

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
なかなか人気も割れて面白い一戦となりそうです。今日は時間もないので予想は簡単にしておきます。相変わらず1番人気ヴァーミリアンキリでいきます。名古屋グランプリが雪で中止となって間隔があいたこと、賞金が加算できなかったために予定外の出走であることなどを考えて。本命はアンドゥオールにします。久々の前走は前が詰まりスムーズさを欠いたものの2着。末脚は魅力で京都では3戦2勝でオール連対。叩いた上積みを考えると前が速くなれば当然出番はありそうです。

第13回平安ステークス(G3) 京都1800mダ
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
マイネルボウノット 牡5 56kg 萩原 清
    タガノゲルニカ 牡4 55kg 池 添 池添兼雄
サイレントディール 牡6 57kg 熊 沢 池江泰郎
  ハギノベルテンポ 牡6 56kg 小 牧 和田正道
  父市[地] ミツアキサイレンス 牡9 58kg 岡部誠 栗津豊彦
  ドンクール 牡4 57kg 福 永 梅内 忍
  ヒシアトラス 牡6 57kg 四 位 中野良一
ハードクリスタル 牡6 56kg 藤 岡 作田誠二
  アンドゥオール 牡7 58kg 松 永 長浜博之
10     ヴァーミリアン 牡4 57kg 武 豊 石坂 正
11   父市 タガノマイバッハ 牡7 58kg 高 田 松田博資
12   父市 エーピーフラッシュ 牡6 56kg 古 川 武田博
13   マルブツトップ 牡6 57kg 本 田 加用 正
14 父市地 ベラージオ 牡7 56kg 安藤勝 高市圭三
15     ワイルドワンダー 牡4 55kg ルメール 久保田貴
16 メイショウサライ 牡5 56kg 秋 山 増本 豊

2番人気ヒシアトラスも前走が長時間の輸送とトップハンデで激走し、今回いかにも反動ありそうなのでキリます。全体的に末脚だのみの予想なのでハズレる可能性が高いですがw。

第13回平安S(G3)
馬連BOX、三連複軸1頭◎から○▲△へ

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の中山メインは第47回アメリカジョッキークラブカップ(G2)です。枠順が発表されましたので貼っておきます。今日は降雪の影響で中山競馬場は開催中止となりました。明日は天気も回復しそうですがかなり積もっているようだと芝コースの除雪が困難となりダート変更ということもあるかもしれません。天気の動向とJRAからのお知らせには注意しておきたいですね。とりあえず出走表どうぞ。
第47回アメリカジョッキークラブカップ(G2) 中山2200m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
ソウゴン 牡7 57kg 北村宏 成宮明光
シェイクマイハート 牡6 57kg 木 幡 二ノ宮敬
  ユキノサンロイヤル 牡9 57kg 小 野 増田末夫
フサイチアウステル 牡4 56kg 藤 田 池江泰寿
ニシノサブライム 牡7 57kg 柴 山 上原博之
グラスボンバー 牡6 57kg 勝 浦 尾形充弘
シルクフェイマス 牡7 58kg 柴田善 鮫島一歩
コスモインペリアル 牡6 57kg バルジュ 清水利章
  オペラシチー 牡5 57kg 佐藤哲 佐々木晶
10 ハイアーゲーム 牡5 57kg 内田博 大久保洋

先週も言ったような気がしますが今のところ狙いはハイアーゲームです。ただメンバー的に人気を集めそうなのがちょっと嫌ですね。この時期のレースは仕方ないですがG2とは思えないほどの低レベルなメンバー構成となってしまったので。

メジロマントルの回避でこれという逃げ馬が不在になり展開はいつものスローペースで流れそうです。ただハイアー陣営がカシオペアSのような積極策をほのめかしているので途中から急に速くなるかもしれません。ロングスパートの厳しい流れになるならやはり実績馬同士で固い決着になりそう(穴党としては嫌ですが)。グラスボンバーオペラシチーあたりが向いてそうな感じはします。頭数も少ないですしメンバー的にもこれといった穴馬がおらず何を狙おうかとても迷います。買わないという選択肢はありませんがw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の京都のメイン第13回平安ステークスの枠順が発表されましたので貼っておきます。実績馬あり、新興勢力ありのフルゲート16頭でなかなかおもしろいメンバーになりました。予想は難しくなりますがオッズも適度に割れそうですから何とか当てたいものです。まずは出走表どうぞ。

第13回平安ステークス(G3) 京都1800mダ
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
マイネルボウノット 牡5 56kg 萩原 清
  タガノゲルニカ 牡4 55kg 池 添 池添兼雄
サイレントディール 牡6 57kg 熊 沢 池江泰郎
ハギノベルテンポ 牡6 56kg 小 牧 和田正道
父市[地] ミツアキサイレンス 牡9 58kg 岡部誠 栗津豊彦
ドンクール 牡4 57kg 福 永 梅内 忍
ヒシアトラス 牡6 57kg 四 位 中野良一
ハードクリスタル 牡6 56kg 藤 岡 作田誠二
  アンドゥオール 牡7 58kg 松 永 長浜博之
10   ヴァーミリアン 牡4 57kg 武 豊 石坂 正
11 父市 タガノマイバッハ 牡7 58kg 高 田 松田博資
12 父市 エーピーフラッシュ 牡6 56kg 古 川 武田博
13 マルブツトップ 牡6 57kg 本 田 加用 正
14 父市地 ベラージオ 牡7 56kg 安藤勝 高市圭三
15   ワイルドワンダー 牡4 55kg ルメール 久保田貴
16 メイショウサライ 牡5 56kg 秋 山 増本 豊

1枠1番で幸騎手ですからマイネルボウノットが迷わず逃げると思います。次いでタガノマイバッハぐらいでしょうか。ペースはそれほど速くならないと思いますが、ヴァーミリアンヒシアトラスドンクールら有力どころも早めの競馬をするのでペースが落ち着くことなくある程度前は厳しい流れなるかもしれません。

今の京都はダートに関しても前残りが多いですからこのあたりは外せなさそうな気がします。ただ馬券的妙味を考えると思いきって差し馬中心でいくのもおもしろいかもしれません。もう少し検討したいと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
こちらも結局かたい決着となってしまった日経新春杯。人気サイドを軽視したためきれいな外し方ができましたw。インティライミが最後まで食いさがったのが意外(私だけかもしれませんが)でした。馬体重はプラス12kgとそこまで太め感もなかったです。直前にびっしり追いまくっていたので体は絞れていたのでしょうか。ロスなく内回って最後もすんなり直線抜け出しての競馬ですから敗因は内外の馬場差と故障明けでしょうか。でも私はやはり強い馬とは思えないですね。評判が先行してるだけのような気がしてなりません。この先もずっと買わないとおもいますw。上位の着順と払い戻しです。
第53回日経新春杯(G2)
着順 馬 名 騎手 タイム
  アドマイヤフジ 福 永 2:26:3
11 スウィフトカレント 岩田康 アタマ
  インティライミ 佐藤哲 ク ビ
単 勝 4 540円
複 勝 4 190円
5 150円
11 240円
枠 連 4-8 2,730円
馬 連 4-11 2,660円
馬 単 4-11 4,400円
ワイド 4-5 370円
4-11 790円
5-11 700円
三連複 4-5-11 3,340円
三連単 4-11-5 22,120円

スウィフトカレントは期待通りの末脚でいい勝負をしてくれました。馬場の影響もあって全体的に上がりが多少かかっていますが最速の上がりで追い込んできました。アドマイヤフジこそかわせませんでしたが岩田騎手共々良く頑張ったと思います。

勝ったアドマイヤフジは人気でもしっかり買っておくべきでした・・・。予想の時に気になると言っていた早めに中団につける競馬をされてしまいました。スタート遅れてから最後方追走というスタイルを近走変えてきていますがこれが上手くいっていますね。展開と相手頼みのレースしかできなかった馬でしたが今は違いますね。しかも成長分を考えても明らかに太く見えた状態で差しきっていますしスウィフトに並ばれてももう一度伸びかえしてますから予想以上に強かった印象です。体もしまって状態が上がってきたらもっとやれるのではないでしょうか。

トウカイトリックは肩鞭いれてハナに立とうとするもなかなか行けず終始反応がイマイチでした。かといって最後は簡単に垂れたわけでもなく微妙な内容でした。ジョッキーや調教師のコメントで判断しなければ私にはわかりませんw。単に弱いだけというのも考えられますが・・・。人気でもおさえてしまった△エルノヴァも手応えがなくいつもの末脚は不発でした。道中から様子がおかしかったですから太め残りで状態が万全でなかったのでしょうか。完全に人気サイドの取捨を誤った恥ずかしいパターンでしたw。それでもやはり人気サイドは買いません。これからも。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
メンバーが低レベルすぎてジャリスコライト1強でしたので穴党としてはほとんど興味のないレースだったのですが一応回顧を。案の定ジャリスコが勝ってブログ予想はきれいに外れw。こういう時はしかたないですね(わかってるなら印つけろと言われそうですが・・・)。上位の着順は以下の通りです。
第46回京成杯(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
  ジャリスコライト 北村宏 2:03:2
トウショウシロッコ 吉田豊 1・1/4馬身
ネヴァブション 武 幸 1・1/4馬身
単 勝 5 130円
複 勝 2 260円
4 180円
5 100円
枠 連 2-5 1,070円
馬 連 2-5 1,020円
馬 単 5-2 1,240円
ワイド 2-4 930円
2-5 380円
4-5 250円
三連複 2-4-5 1,730円
三連単 5-2-4 5,410円

今の中山は時計のかかる馬場ですからタイム的には平凡でもしかたないところでしょうか。ジャリスコライトが横綱相撲という感じで抜け出して普通に勝ちました。ただ▲トウショウシロッコが窮屈でなかったり、◎ネヴァブションが外に膨れて差し遅れなければもっと厳しい結果になっていたと思うので逆に底が見えたという感じも受けます。クラシック路線で活躍できるかは微妙ですね。これからの成長次第というところでしょうか。

ネヴァブションは先ほど書いたように武幸がもっとうまく乗っていたらきわどい勝負ができていたかもしれません。ちょっと外回しすぎでした。○のディープウイングパドックと馬体重みて見送った人が多かったのではないでしょうか。私もその一人ですが、あのテンションでは買いたくないですね。休み明けなので多少入れ込みやすいというのはありますが体も太かったですし今回はないかなという感じでした。レースに入っても後藤騎手が抑えきれずに行ってしまってバタバタでした。山内厩舎の休み明けはやはり様子見が正解でしたね。

今回は楽に逃げられないとして見送ったニシノアンサーは揉まれ弱さがでて最終コーナーでやる気なしといった感じ。スタートで遅れ気味だったのも良くなかったですね。このメンバーで8着ですからハナに立てないと好走は難しそうですね。あてにしづらい馬です。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の京都メインは第53回日経新春杯(G2)です。ハイアーゲームの回避で個人的に本命不在の難解なレースになりましたw。それでも人気を集めそうなインティライミアドマイヤフジを買うつもりはないので配当的には楽しみな一戦です。明日は晴れの予報なので馬場も回復してそうですが、今日がぐちゃぐちゃだっただけに特に内側で馬場荒れがひどくなっているかもしれませんね。先行前残りから外差し天国に変わっている可能性もあるのでしっかり見極めてからの方がいいかも。私はもう買い目決まってますが・・・。

第53回日経新春杯(G2) 京都2400m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  マーブルチーフ 牡6 55kg 熊 沢 田所清広
  エルノヴァ 牝7 55kg 武 豊 藤沢和雄
  キョウワスプレンダ 牡5 54kg 太 宰 吉岡八郎
  アドマイヤフジ 牡4 55kg 福 永 橋田 満
  インティライミ 牡4 56.5kg 佐藤哲 佐々木晶
  トウカイトリック 牡4 54kg 芹 沢 松元省一
  タニノエタニティ 牡8 53kg 鮫島良 松田国英
  ストラタジェム 牡5 54kg 赤 木 北橋修二
    サンライズジェガー 牡8 56kg 和 田 福永 甲
10     エンシェントヒル 牝5 53kg 生 野 松元茂樹
11   スウィフトカレント 牡5 54kg 岩田康 森 秀行
12     アラタマインディ 牡9 51kg 川 田 新川 恵

何が何でもという馬がいないので全体的にペースはスローになるでしょうね。少頭数の長距離ですし。外回りですから直線向いてからの瞬発力勝負になると思います。ただトウカイトリックだけは単騎でドンドン行きそうなコメントです。切れ味では劣るだけにこの作戦は良さそうです。馬場が回復していなければなおさら残りそう。先行すればしぶとく残すタイプなので○にします。逃げなかった場合を考慮して○まで。

◎はスウィフトカレントにします。1600万条件で苦労しているような馬ですが切れ味はいいものもっていますので瞬発力勝負ではひけをとりません。54kgでその末脚も活きてきそうです。京都も得意で何気にこの条件の持ちタイムも最速ですから、スローの上がり勝負にならなくても出番はありそうです。人気もなさそうでいい感じです。

▲はタニノエタニティで。障害帰りの変わり身に期待します。去年のこのレース6着ですが0.4秒差なのでそこまで負けていません。斤量も53kgと軽くなりますし京都は大の得意ですから一発あってもおかしくない感じです。あと△に人気でしょうがエルノヴァを。ここ2戦本命視しているので一応。この馬も一瞬の脚はいいもの持っています。その時にスムーズに行けるかどうかが鍵です。オールカマーと福島記念ではその勝負どころで狭くなっていました。今回武豊騎手ですからさすがにうまく乗ってきそう。斤量も55kgですんでいるので末脚も期待できますし。人気でもおさえます。あと前残り鳴尾記念を差して3着まできたキョウワスプレンダも。

インティライミは実力上位だと言われていますがダービー2着を最後に故障したため神格化されているだけのような気がしてなりません。休み明けでなくても買わないと思います。またアドマイヤフジも切れ味勝負では上位ですが、テンで置いていかれる馬だけにあまりに後方からでは差しきれなさそうなのでキリます。このところ不調の福永騎手ですし。ただ近走で中団からの競馬を覚えたのが若干気になりますが・・・(人気だからキリw)。

第53回日経新春杯(G2)
◎○▲△の馬連BOX、三連複BOXで

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の中山メインは第46回京成杯(G3)です。出走回避の馬が結構いたとはいえ重賞と呼ぶにはあまりにもお粗末なメンバーです・・・。実績から言ってジャリスコライトが勝たなかったらおかしいレース。先週のシンザン記念同様、低レベルすぎて全く興味がありませんが重賞ですので一応買いますw。しかもジャリスコキリでw。まずは出走表と印です。

第46回京成杯(G3) 中山2000m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
マイネルグロリアス 牡3 56kg 松 岡 柄崎 孝
トウショウシロッコ 牡3 56kg 吉田 豊 大久保洋
  シベリアンヒート 牡3 56kg 柴 山 堀井雅広
ネヴァブション 牡3 56kg 武 幸 伊藤正徳
  ジャリスコライト 牡3 56kg 北村宏 藤沢和雄
  父市地 モエレフェンリル 牡3 56kg 柴田善 二ノ宮敬
  ニシノアンサー 牡3 56kg 菊 沢 奥平真治
父市 スマートバイパー 牡3 56kg バルジュー 畠山吉宏
    アンバージャック 牡3 56kg 小 野 中野隆良
10     リネンヤクシン 牡3 56kg 南 田 南田美知
11 ディープウイング 牡3 56kg 後 藤 山内研二

◎はネヴァブションでいきます。連闘で臨む一戦ですが前走馬体も増えていましたから絞れて良くなっていると思います。また連闘できるというのは好調であるという証拠。メンバーが手薄なここなら突き抜けると思います。前走寒竹賞は勝負どころの4コーナーと直線でスムーズにいけなかったので3着まででしたが最後の伸びは秀逸。差しが決まりだした中山ですから大丈夫だと思います。

○はディープウイングに。人気しそうで嫌ですが他に買いたい馬がいないのでしかたなく・・・。唯一の関西馬ですが西高東低が顕著な今、狙わないわけにはいきません。前々走は出負けして後ろから届かなかっただけで(距離も短いですし)、前走は馬也で完勝ですから素質は充分です。山内厩舎だけに使いつつ仕上げてきそうですがこのメンバーなら鉄砲でも大丈夫だと思います。

▲に中山2000mで良績のあるトウショウシロッコを。さらに△でスマートバイパーを。再度の芝で変わり身を期待して。あとマイネルグロリアスも少々。ニシノアンサーは楽に逃げられそうにないので今回は出番なしかと。

第46回京成杯(G3)
馬連 ◎○から◎○▲△へ
三連複 軸1頭◎から○▲△へ
個人的にあまり興味がないため少額で遊び程度にします。ジャリスコがとんだ時のラッキー狙いで。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今週日曜日の京都のメイン第53回日経新春杯(G2)の出走馬が確定しましたので紹介しておきます。フサイチアウステルハイアーゲームダイタクアルビンが回避して12頭での争いとなります。出走馬は以下の通りです。なお枠順・出走表の決定は土曜日の朝です。

第53回日経新春杯(G2) 京都2400m芝
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
アドマイヤフジ 牡4 55kg 福 永 橋田 満
  アラタマインディ 牡9 51kg 川 田 新川 恵
インティライミ 牡4 56.5kg 佐藤哲 佐々木晶
  エルノヴァ 牝7 55kg 武 豊 藤沢和雄
  エンシェントヒル 牝5 53kg 生 野 松元茂樹
  キョウワスプレンダ 牡5 54kg 太 宰 吉岡八郎
  サンライズジェガー 牡8 56kg 和 田 福永 甲
  スウィフトカレント 牡5 54kg 岩田康 森 秀行
ストラタジェム 牡5 54kg 赤 木 北橋修二
  タニノエタニティ 牡8 53kg 鮫島良 松田国英
  トウカイトリック 牡4 54kg 芹 沢 松元省一
マーブルチーフ 牡6 55kg 熊 沢 田所清広

ダービー2着以来の長期休み明けとなるインティライミが出走します。ディープの2着で強いと言われている馬ですね。かなり人気しそうです。トップハンデは牡馬換算で57kgとなるエルノヴァ。このところずっと追いかけている馬ですがここはどうでしょうか。なんと今回武豊騎乗です。藤沢和雄厩舎の馬ですから武豊が乗るのは珍しいですね。こちらもすごく人気しそうであまり狙いたくないところです。

密かに狙っていたハイアーゲームが回避でAJCCに向かうみたいなのでちょっと残念です。他に穴馬探さなくてはいけません・・・。ところで今回は明け4歳馬は絡むことができるでしょうか。今年になっても人気を背負ってはことごとく裏切ってきているので微妙ですね。「最弱世代」などと言われていますし。

今回もインティライミアドマイヤフジが人気を背負いそうですから汚名返上となるか、「やはり最弱世代だ」と言われるのか注目です。ただ今回は古馬も微妙なメンバーだけに4歳馬が上位に来ることもありそうです。なかなか難しいハンデ戦ですがおもしろいです。右のサイドバーで人気投票やってますので皆さんの本命視している馬に投票していって下さい。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
おそらく遠征しないと思いますが、少し驚きのニュースですね。有馬記念後は「とりあえず春の天皇賞を目標に国内で」と言っていたディープインパクト陣営ですが一応予備登録だけはしておいたとのこと。金子オーナーの意向みたいです。確かに一応登録だけという感じでシーマ・クラシック(芝2400m)の他にデューティ・フリー(芝1777m)とドバイ・ワールドカップ(ダート2000m)の3つに登録しています。さすがにドバイWCはないでしょうねw。輸送面でドバイ遠征はかなりハードと聞きますので無理はしないと思いますが、もし参戦するようなら非常に楽しみです。

さらにハーツクライもシーマ・クラシック(芝2400m)に予備登録をしたみたいです。夏のキングジョージ参戦は示唆してしていましたがドバイにも登録するとは意外です。ただしハーツに関してもまだ登録だけという感じみたいなので出走はなさそうな印象。海外の地でディープとハーツのリベンジマッチが実現するのも面白そうなのですが。

その他ではマイルCS、香港マイルと連勝したハットトリックが中山記念(G2)を使ってデューティ・フリーに参戦予定です。さらに香港で2着と善戦したシックスセンスもシーマ・クラシックとデューティ・フリーの2つに予備登録。最大の目標はクイーンエリザベス2世C(香港)なのでこちらは出走は微妙。シックスセンスはもう日本で走る気ないんでしょうかw。

ダート路線ではカネヒキリが予定通りドバイWCに登録。ぶっつけでフェブラリーSを使った後に参戦予定です。JCダート2着のシーキングザダイヤも登録したみたいなので少し楽しみです。

香港遠征と違ってドバイ遠征はかなり大変みたいなので角居厩舎のカネヒキリハットトリック以外は無理をしないかもしれませんが、1頭でも多く参戦して盛り上がるといいですね。

参考記事
インパクト、ドバイ3競走予備登録(nikkansports.com)
ディープ、ドバイ参戦も!3・25ワールドCデー3競走に登録(SANSPO.COM)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
ちょっと気が早いですけど25日(水)に川崎競馬場で行われる第55回川崎記念(交流G1/ダート2100m)の出走予定馬が発表されましたので貼っておきます。フルゲート14頭ですのでJRAから出走できるのは4頭までとなります。それでも豪華メンバーが出走しますのでなかなか面白そうです。現時点での登録馬・出走予定馬は以下の通りです。

第55回川崎記念(交流G1) 川崎2100mダ
JRA所属馬 所属
サカラート 栗東
シーキングザダイヤ 栗東
タイムパラドックス 栗東
ノボトゥルー 栗東
JRA補欠馬 所属
スターキングマン 栗東
ヴァーミリアン 栗東
ヒシアトラス 美浦
ハードクリスタル 栗東
マイネルボウノット 美浦
※上から補欠順です
南関東所属馬 所属
アジュディミツオー 船橋
ウツミジョーダン 川崎
ケイアイミリオン 大井
シーチャリオット 船橋
ナイキアディライト 船橋
ベルモントストーム 船橋
モエレトレジャー 川崎
他地区所属馬 所属
タフネスゴールド 金沢
ニューシーストリー 兵庫
レイナワルツ 愛知

ノボトゥルーが出走予定で少し驚きました。まだ引退しないんですねw。もう10歳ですが元気ですね。さらにタイムパラドックスもこのあたりのレースは皆勤賞ですね。ほんと疲れ知らずの丈夫な馬です。さらに両馬とも結果もきちんと出しているから立派です。

そしてなにげに地方馬のメンバーも豪華です。地方でのG1ですから当たり前なのですが知ってる有力どころはだいたい揃った感じですね。05年地方年度代表馬に選出されたアジュディミツオーも堂々の出走です。まだレースまで日にちがありますが回避馬が出ずにこのままいけると楽しみですね。

レースは1月25日(水)の午後4時発走予定です。平日の昼間ですw。働いている方はSPAT4で買うのが無難でしょうか。出走予定馬・回避馬など変更があればまた随時紹介していきたいと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
いつも当たらない穴予想を一方的に書いているのですが、私のブログに来ていただいている方はどのような予想をされているのかいつも気になっていました。そこでFC2投票システムサービスを使って、みなさんの本命馬を投票していただこうと思い右のサイドバーを使って投票フォームを設けてみました。

簡単なものではありますがブログを見に来て頂いた方に現時点での本命馬を1頭だけ選んで投票してもらいたいと思います。コメント欄にその理由も書いてもらえるとうれしいです。また右下の3つのマークの一番左からこれまでの投票結果を見ることができます。競馬ブログを渡り歩くつわものの皆さんの投票結果もぜひ参考にしてみてください。実際のオッズとこのブログでの人気が違っていたりしたら興味深いですね。

まだおもしろそうなので試験的に導入してみただけですが、来たついでにぜひ1票投票していただきたいと思います。とりあえず最初は今週末のハンデ戦日経新春杯(G2)です。どれも一長一短あるメンバーでさらにハンデ戦ですから難しい一戦ですね。皆さんの投票楽しみにしております。宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
結局前に行った3頭が粘ってまたまた波乱の決着となりました。普通にどスローの行った行ったでした・・・。その中でもロジックはやはりたいしたことなかったですね。どスローで先行して不利もなく折り合いもついていたのに最後は上位2頭からどんどん離されてなんとか3着。どうしてあんなに人気しているのか全くわかりませんでした(3着には来てますけどw)。イースターとともに人気してくれてかなりおいしかったのですが肝心の◎ディープエアーが全く伸びてこずに結局ハズレ。着順と払い戻しです。
第40回シンザン記念(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
  ゴウゴウキリシマ 石橋守 1:34:4
グロリアスウィーク モンテリーゾ ク ビ
  ロジック 武 豊 2・1/2馬身
単 勝 9 4,350円
複 勝 1 600円
7 160円
9 810円
枠 連 1-8 6,270円
馬 連 1-9 13,800円
馬 単 9-1 39,900円
ワイド 1-7 1,180円
1-9 3,350円
7-9 1,300円
三連複 1-7-9 16,480円
三連単 9-1-7 204,980円

ディープエアーはスタートで出負けして最後方。池添が押して好位まで上げましたが直線ほとんど伸びなかったです。なんか単なる早熟馬の気配がプンプンしてきました。今回はペースの関係もありますけど。○エムエスワールドも追って味がなく散々のできでした。今回は道中折り合っていいレース運びができたのに終いが伸びず。これだけ遅いペースで簡単に逃がしているので届かないのも無理はないですがちょっと負けすぎでした。

2着の▲グロリアスウィークは今日はかかることなく前にいけたのでよかったです。前走はかかりまくって全く競馬になってませんでしたからね。その着順だけで人気が落ちているみたいだったので狙い目でしたが2着まで。直線で何度も狭くなって進路変更しているのが痛かったですね。直線でスムーズなら普通に勝っていました

イースターロジックが弱いことはわかりきっていたのでかなり自信があったレースでしたが思いっきり外してしまいました。これだけペースが遅くては差し中心で予想していてはダメですね。ゴウゴウキリシマは大好きなキングヘイロー産駒です。展開が嵌ったのとグロリアスの前をカットしたから勝てただけでレベル的にはこれ以上活躍できなさそうですがキングヘイロー産駒の重賞勝ちはうれしいです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日のメインは3歳の重賞第40回シンザン記念(G3)です。過去武豊騎手が4連勝中と圧倒的な強さをみせているレースです。今回も人気が予想されるロジックに騎乗。今日も7勝の固め打ちと絶好調ですから5連覇もありそうです。しかしそれを嫌ってこそ穴党ということで紛れのなさそうな少頭数でもなんとか高配当狙いです。まずは出走表と印から。
シンザン記念(G3) 京都1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
グロリアスウィーク 牡3 56kg モンテリーゾ 音無秀孝
    イースター 牡3 56kg 福 永 瀬戸口勉
  リメインオブザサン 牡3 56kg 赤 木 池江泰寿
  メジロシリング 牡3 56kg 藤 岡 大久保陽
    テンエイヤシャオー 牡3 56kg 藤 田 大久保陽
  ディープエアー 牡3 56kg 池 添 池添兼雄
  父市 ロジック 牡3 56kg 武 豊 橋口弘次
父市 エムエスワールド 牡3 56kg 湯窪幸雄
  父市 ゴウゴウキリシマ 牡3 56kg 石橋守 梅田康雄

やはり寂しいメンバーですね。人気どおりに決まってしまいそうで恐いですw。一応◎はディープエアーで。人気しそうなので迷ったのですが普通に勝ちそうなので。朝日杯でも本命にしていましたが無念の6着。「スローだろうし池添が後方に下げすぎなければいいけど」と思っていたら案の定後方に下げすぎて届かずw。いつもの池添の乗り方ですね。それでも馬は強いので再度期待します。池添も2度目でズブさを学習できているはず。平坦コースで強い競馬をしてきた馬なので京都変わりはプラスです。ここは3番人気までであってほしいです。それ以上人気していまうと配当期待できないので。

○はエムエスワールドでいこうと思います。鞍上がかなり不安ですが・・・。2走前の京都で優秀なタイムで勝っているのでここも狙い目です。朝日杯は見せ場なく敗退しましたがスローでひっかかって直線の坂で止まってしまったのが原因。今回ペースも遅くはならないでしょうし平坦コースですからじっくり脚を溜めていけば最後爆発してくれると思います。

▲にグロリアスウィークを。前走ラジオたんぱ杯で本命にしたらまさかの最下位w。めちゃくちゃ引っ掛かって競馬になってなかったのでしかたないです。あそこまで負けてくれると力負けではないと思えるので逆に安心w。気難しさがありあてにできないタイプですがこの枠ですし自分なりに逃げられたらそのまま残ることも可能だと思います。距離も短くなりますしガンガン前に行ってほしいです。モンテリーゾ(誰?)に期待します。あと△にメジロシリングを。前走ダート1400mと言えど圧勝。単なるダート馬でなければ通用すると思います。

今回は買いたい馬があまりいないです。イースターはすでに終わっている感がありもう上がり目なさそうですし、ロジックも前走いい競馬してイースターに差されるぐらいなので底が見えているような。リメインオブザサンも穴人気しそうですが力不足に加え短期放牧明けと出遅れ癖がありますから微妙。このあたりは思い切って全部キリでいこうと思います。

第40回シンザン記念(G3)
◎○▲△の馬連BOX、三連複BOX
◎からの組み合わせを厚めにいきます。オッズつかないので。かなり自信あるのですがこういう時に限って普通にイースターロジックで決まったりしそうで恐いですw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
両金杯に続いて荒れ気味の結果となりました。今年の重賞はなかなか波乱ムードですね。1番人気ブルーコンコルドが飛ぶのは予想に難くなかったのですが逃げ馬シルヴァーゼットの逃げ残りは想定外でした。3着コパノフウジンも前残りで差し中心で予想した結果は散々のものとなってしまいました。上位の結果と払い戻しです。
第10回カーネットS(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
10 リミットレスビッド 田中勝 1:10:5
  シルヴァーゼット 津 村 ク ビ
コパノフウジン 長谷川 ハ ナ
単 勝 10 1,040円
複 勝 4 440円
7 190円
10 320円
枠 連 3-6 1,000円
馬 連 4-10 7,300円
馬 単 10-4 13,440円
ワイド 4-7 1,040円
4-10 2,550円
7-10 1,060円
三連複 4-7-10 11,250円
三連単 10-4-7 86,890円

リミットレスビッドがきっちり差しきって勝利。ダートで変わり身を期待したのですが思った以上に強い内容でした。差して馬券に絡んだのはこの馬だけですから評価できますね。田中勝春騎手は去年も2着に来て大穴あけてますしこのレースは乗れてますね。終始大外回って捲っていった幸騎手とは違い、内からいって直線で外にもちだしているので距離ロスもほとんどありませんでした。好騎乗ですね。

◎のトップオブワールド勝ち馬に次ぐ上がりで差してきたものの道中最後方で大外回ってますから届きませんでした。大幅な距離短縮でちょっとテンのスピードで置かれ気味だったのが残念でした。最後はいい脚つかっていたので上手く追走できていればリミットと一緒に上がってこれたかもしれません。次走1600mあたりでもう一度狙ってみようかと・・・。

○のオフィサーが人気のわりにいまいち。原因は芝からのスタートだと思います。行き脚が全くつかなくてこちらもテンで置かれてしまいました。押して盛り返すも6着まで。次走ダートからスタートの舞台で人気を落とすようなら狙いたいですね。

結局ブルーコンコルドがとんでも的中できずにふがいない結果でした。穴党としてはこういうレースはきちんと獲っておくべきなのに・・・。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の重賞は中山で行われるダートの短距離戦第10回ガーネットステークス(G3)です。一長一短あるかなり横並びのメンバーでブルーコンコルドだけが実績で飛び抜けているといった感じです。2番人気以下がなかなか割れそうで人気が全然わかりません。しかし1番人気ブルーコンコルドキルので問題なしw。1本被りでしょうからオッズはどれもつくと思います。まずは印と出走表です。

第10回ガーネットステークス(G3) 中山1200mダ
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
    テンケイ 牡8 51kg 小林淳 本郷一彦
トップオブワールド 牡5 56kg 松 岡 藤岡健一
  アグネスウイング 牡6 57kg 中 舘 白井寿昭
  シルヴァーゼット 牡5 55kg 津 村 田所清広
    ケイアイメルヘン 牝4 52kg 吉田豊 古川平
サイモンセッズ 牡7 53kg 北村宏 国枝 栄
  コパノフウジン 牡4 54kg 長谷川 宮 徹
  ブルーコンコルド 牡6 59kg 服部利之
  テイエムアクション 牡5 56kg 橋 本 福島 勝
10   リミットレスビッド 牡7 56kg 田中勝 加用 正
11   オフィサー 牡4 53kg 江田照 森 秀行
12     アンブロワーズ 牝4 52kg 大 西 小島太
13   B外 ディバインシルバー 牡8 57kg 後 藤 和田正道
14   スターリーヘヴン 牝6 53kg 柴 山 高市圭二
15   父地 ボタンフジ 牝7 49kg 石 神 佐々木亜

ダート短距離ですから当たり前なのですがスピードで押し切る逃げ・先行タイプが多いです。当然前は速くなると思います。そんな中で最近捲りを覚えた幸騎手がいつものように4コーナーで外からぶん回していくとおもいます(失礼w)。ブルーコンコルドに関してはJBCスプリントの時の状態は完璧だったと思います。それから間がありますし今回はフェブラリーSの叩き台であることが明らかですから、これまでのような走りができるのか疑問視してみたいです。さらに連勝が始まる前に負けている中山です。ハイペースを強引に捲っていって坂でパッタリ止まってしまうことも考えられます。斤量59kgですから。それでもまず負けないメンバーですけどガチガチの1番人気を買うわけにはいかないのでキリます。

◎はトップオブワールドにします。展開としては上に書いたように前が速くなってそれを早めにブルコンが潰しにいき坂で止まる。そこから2段差しで後方待機馬が差してくると妄想します。で、差してくるのはこの馬ではないかと。重賞挑戦続きで結果が出ていませんがここはメンバーががくっと落ちるので好戦できると思います。さらに血統的にも距離短縮は歓迎のタイプ。体が絞れていれば末脚も爆発しそうです。

○は同じ理由でオフィサーを。末脚自慢のこの馬も狙った展開になれば一発ありそうです。前走芝を使って目先を変えたのも好印象。重賞では足りない印象ですがこのメンバーならやれていいと思います。逆に実績無い分ハンデも軽くていいですね。ほんとは◎にしたいくらいですが意外と人気しそうなので○に。

▲に未知数な面に期待してリミットレスビッドを。ダートの勝鞍もありますし。どうしても前に行きたい馬でもないので展開を利して最後に突っ込んできそう。あと△にサイモンセッズスターリーヘヴンを。人気になりそうで嫌ですがコパノフウジンも。このあたりは好位からでも普通に差してきて上位争いができそう。

第10回ガーネットS(G3)
◎○▲△の馬連BOX、三連複BOXで
ブルコン、ケイアイ、テイエムあたりをきっているので多点買いでも充分リターンがあるのでは。当たらなければ意味がないですけどw

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日行われる第10回ガーネットステークス(G3)の枠順が確定しましたので貼っておきます。1月から3月まではフェブラリーSを除いて前日発売がないので不便ですね。枠順も前日にならないと発表されませんし。日曜日の重賞は金曜日に枠順を見て検討をし、土曜日に前売りオッズと相談しながら検討するというのが自分のいつものパターンなので困ります。まあどっちにしてもなかなか当たりませんが・・・。まずは出走表どうぞ。
第10回ガーネットステークス(G3) 中山1200mダ
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  テンケイ 牡8 51kg 小林淳 本郷一彦
トップオブワールド 牡5 56kg 松 岡 藤岡健一
アグネスウイング 牡6 57kg 中 舘 白井寿昭
シルヴァーゼット 牡5 55kg 津 村 田所清広
  ケイアイメルヘン 牝4 52kg 吉田豊 古川平
サイモンセッズ 牡7 53kg 北村宏 国枝 栄
  コパノフウジン 牡4 54kg 長谷川 宮 徹
ブルーコンコルド 牡6 59kg 服部利之
テイエムアクション 牡5 56kg 橋 本 福島 勝
10   リミットレスビッド 牡7 56kg 田中勝 加用 正
11   オフィサー 牡4 53kg 江田照 森 秀行
12   アンブロワーズ 牝4 52kg 大 西 小島太
13 B外 ディバインシルバー 牡8 57kg 後 藤 和田正道
14   スターリーヘヴン 牝6 53kg 柴 山 高市圭二
15 父地 ボタンフジ 牝7 49kg 石 神 佐々木亜

文句なく1番人気はブルーコンコルドでしょう。連勝でJBCスプリント(G1)を制してダート短距離では敵無しといった状況です。連勝時も好タイム、好内容で勝ってきています。しかし今回はハンデ戦。59kg背負ってどうでしょうか。いつものように幸が外から捲っていくものの斤量と中山の坂でバッタリ止まるのでは・・・。さすがに相手が弱いですから普通に押しきりますかね。穴党としてはキル要素を検討中ですw。

中山1200mは芝からのスタートで内に切れ込んでいくため、外枠の方が長い間芝を走ることになりスピードに乗りやすく有利だと言われています。しかしジョッキーに言わせるとあまり関係ないとか。重要なのはスタートが芝なのかダートなのかで、芝を走る距離が長いのか短いのかはそこまで気にならないみたいです。馬の特徴にもよりますけど、芝スタートが上手い馬なら内枠がいいってことみたいです。

といっても実際データ的にも外が結構きているみたいですから悩みますね。条件戦では普通に外枠のBOX買ったりしてますしw。とりあえず今回はあまり枠にはとらわれずに予想してみようと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。

シロクン  シロクン
※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。

昨日の中山6R新馬戦(芝1600m)でデビューしたシロクン。なかなかの人気者で途中まで単勝1番人気でした。さすがに最終的には4番人気にまで落ちたのですが皆の期待の高さがうかがえます(記念馬券やヤフオク馬券が大半だとは思いますが)。結果は以下の通りです。
1月5日 中山6R新馬戦
着順 馬 名 騎手 タイム 人気
マシュリク 後 藤 1:37:5
11 バトルサクヤビメ 小林淳 1・1/4馬身
ミステリーショック 丹 内 2・1/2馬身
13 シロクン 田中勝 1:38:8

中山1600mはスタート直後にコーナーがあるので外枠はあまりよくないです。シロクンも好スタートを決めますが無理には行かず7番手まで位置取りを下げました。やや頭が高く、引っかかり気味でしたが田中勝春騎手は手綱を抑えながら中団で我慢させていました。ただ折り合った3コーナー過ぎから手応えがあまりよくなかった感じがします。4コーナー手前でいち早く仕掛けているのですが他馬に置いていかれています。実況にも「ちょっとシロクンは遅れ始めた」と言われてしまいましたw。

直線向いてからは前から垂れてきた馬をかわすことはありましたが目立った脚もなく9着が精一杯でした。まだ体にも余裕がありそうでしたし、馬も若いですからこれからですかね。距離的にはもっと短いところの方がよさそうな気がします。この距離でもひっかかる面がありましたし、喉鳴りの不安もあるみたいですから。スタート上手そうなので短いところを使って馬の気に任せて前に行ってしまった方がいいかもしれません。スピードで押し切れるかは微妙ですがダート1000mとか1200mとかなら何とかなるかもしれません。ブラックホーク産駒はダートの方が走るみたいですし。

負けはしましたが注目度も高くアイドルホース的な存在のシロクン。引退後の種牡馬入りを目指してぜひ頑張ってもらいたいです。まずは初勝利を期待しています。

参考記事
白毛馬シロクン9着デビュー/中山新馬(nikkansports.com 写真あり)

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
ビッグプラネットが希望どおり逃げてくれて粘りこみました。2着も先行した△ニューベリーで新年そうそう万馬券がとれるなんて縁起がいいです。金杯を当てるとこの一年うまくいきそうな気がします。結果は以下の通りです。

第44回京都金杯(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
ビッグプラネット 和 田 1:34:0
ニューベリー 柴 原 ク ビ
13   アルビレオ 岩田康 ハ ナ
単 勝 5 1,240円
複 勝 5 420円
7 740円
13 480円
枠 連 3-4 3,440円
馬 連 5-7 18,930円
馬 単 5-7 32,360円
ワイド 5-7 5,160円
5-13 3,590円
7-13 3,540円
三連複 5-7-13 78,180円
三連単 5-7-13 418,950円

予想どおりペースも速くならず、一団で直線むいてからの瞬発力勝負になったので道中後ろすぎる馬は軒並み届かないという展開でした。よーいドンなら皆それなりの脚を使えますし後ろはかなりゴチャついてしまいますからね。どの馬もハナに行こうとせず◎ビッグプラネットがマイペースで逃げられるかたちになりました。まさに狙っていた展開で4コーナーで勝ちを確信しました(最後かなり危なかったですけどw)。やはり右回りで前につけられれば粘れますね。2着の△ニューベリーも2番手から良い脚で粘りこみました。

○に推したチアフルスマイルは▲エイシンドーバーに寄せられて失速・・・。エイシンドーバーは降着となりました。ビデオを見直して確認したんですがかなりショックですね。かなり良い脚で伸びていたところでの不利ですから。3着アルビレオよりも前にいましたし同じかそれ以上の脚で伸びていましたから不利を受けなければ3着はあったと思います。最初は馬連の的中がうれしくて気にしていませんでしたがビデオを見てみると「なんだかなー」という感じ。

あと気になったのが△オレハマッテルゼの失速です。人気していたので嫌だったのですが、予想した展開に一番向いている馬だったので買いました。実際その展開になったのに追ってからの反応がまるでありませんでした。道中抑えるぐらいで好位でじっと我慢して「さあ直線」というところで全く反応がないというのは状態面でイマイチだったのでしょうか。2走ボケですかね。まあ人気してたのでこなかったのはよかったんですけどw。

というわけで金杯を当てて幸先よいスタートがきれました。月1回の目標だった万馬券をいきなりゲットできましたし。これで今月はさらに思い切った穴予想ができそうですw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
新年最初の重賞となりました第55回中山金杯(G3)。直前で▲ワンモアチャッターが出走取消まして14頭でのスタート。人気薄の△ヴィータローザが馬群を割って抜け出して勝ちました。2着も人気薄のアサカディフィートでいきなり波乱の結末となりました。結果は以下の通りです。

第55回中山金杯(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
ヴィータローザ 柴 山 1:59:4
12   アサカディフィート 後 藤 ハ ナ
  カナハラドラゴン 勝 浦 ク ビ
単 勝 4 1,420円
複 勝 4 450円
8 990円
12 380円
枠 連 3-7 1,730円
馬 連 4-12 9,100円
馬 単 4-12 19,710円
ワイド 4-8 5,230円
4-12 2,400円
8-12 3,220円
三連複 4-8-12 54,230円
三連単 4-12-8 365,360円

最初はペースが落ち着くかに見えましたが途中からだんだん早くなる流れで前は総崩れ。先行勢が力不足というのもありますが粘ったのは逃げたメジロマントルだけでした。◎コスモオースティン、○ブラックカフェはともに早々に手ごたえが悪くなって見せ場なく敗退。最後まで厳しい流れにならないと予想していただけにこうなると実力的にはきついです。いきなり散々な予想になってしまいましたw。

勝った△ヴィータローザは3コーナーでいち早く仕掛け、ムチも入れてたので手応えがどうかと思ったんですが最後まで伸びてなんとか勝利。2着アサカディフィートとは道中の位置取りの差でしょうか。アサカも良い脚つかったのですが最後方から大外回した分届きませんでした。

とはいえ中山は外差しが結構決まるようになってきたのではないでしょうか。年末は内が荒れているように見えて結構伸びるという馬場(少し前までの東京競馬場みたいな感じ)だったのですが、年が変わって仮柵ができてCコースになったことで内外の差がなくなった感じですね。コーナーがきつくて直線短いということで追い込み馬には厳しいですが、良い末脚をもっていれば普通に外から差してこれる馬場になったと思います。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
第55回中山金杯(G3)も京都同様に難解な一戦となりそうです。人気は割れそうなので配当的には人気サイドでも意外とつくかもしれませんね。今回メンバーを見てみると人気しそうなのはどれも後ろから行く馬ばかりです。これは鳴尾記念のように牽制しあって穴馬の前残りを許すこともありそうです。さすがに同じようにメジロマントルを楽に逃がすことはないでしょうけど。

中山金杯(G3) 中山2000m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
シェイクマイハート 牡6 54kg 木 幡 二ノ宮敬
  メジロマントル 牡9 56kg 吉田豊 大久保洋
  マイネルレコルト 牡4 56kg バルジュー 堀井雅広
  ヴィータローザ 牡6 57kg 柴 山 橋口弘次
  B父 コンラッド 牡4 54kg 柴田善 手塚貴久
コスモオースティン 牡4 53kg 村 田 高橋 裕
    シルクネクサス 牡4 53kg 松 岡 岡田稲男
  カナハラドラゴン 牡8 56kg 勝 浦 山田要一
  ダンスインザモア 牡4 55kg 田中勝 相沢 郁
10     キングストレイル 牡4 55kg 北村宏 藤沢和雄
11     ユキノサンロイヤル 牡9 57kg 小 野 増沢末夫
12     アサカディフィート せ8 57kg 後 藤 鶴留明雄
13 B父 カンファーベスト 牡7 57kg 中 舘 佐藤吉勝
14   ブラックカフェ 牡6 53kg 大 西 小島 太
15 ワンモアチャッター 牡6 57kg 横山典 友道康夫

人気サイドを嫌っていくとしたらやはり前残り狙いです。マントルは2kg増ですからキリますけどw。◎は思い切ってコスモオースティンでいきます。2000mまでならそう簡単にはバテない馬です。マントルの出方次第にはなりますが逃げることもありそう。一度使った上積みもあると思いますしハンデも53kgと文句なしです。前に行きたい馬がみんな内枠ですしペースもすぐに落ち着きそうですからこの馬に厳しい流れにはならないと思います。後ろが届かないという展開頼みのところはありますが狙ってみます。

○はブラックカフェで。今回53kgででられるのが魅力的です。条件戦でもなかなか勝ちきれない馬ですが鞍上に恵まれていなかったというのもあります。大西騎手に替わって新たな面を見せてもらいたいです。体が絞れていたら好勝負になるのではないでしょうか。▲はワンモアチャッターにします。多分人気すると思いますがテン乗りの横山典で買い。脚を余して負けた鳴尾記念を考えても鞍上強化は魅力です。位置取りも工夫してくると思います。

あと△に軽ハンデの先行馬シェイクマイハートと先行押し切りができるカンファーベスト。あてにできない面はありますが後方からでも切れ味があるヴィータローザも。

キングストレイルは素質馬といわれていますが強いと思ったことがありませんので様子見。去年古馬相手に強い競馬は見せていませんので。ダンスインザモアは乗り替わりと距離が1ハロン伸びたことでキリます。ノド鳴りは手術でよくなったとはいえ距離の壁がありそうです。マイネルレコルトは強かった時のように好位から競馬するとのことなので少し恐いですが、そもそも2000mに不安があるだけに終いバタバタになりそうですのでキリます。

第55回中山金杯(G3)
◎○▲△の馬連BOX、三連複BOXで

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今年一年を占う意味でも金杯はとても重要な一戦ですね。バッチリ当てて幸先のよい滑り出しをしたいものです。まずは第44回京都金杯(G3)から。ハンデ戦に加えてどれがきてもおかしくない横並びのメンバーです。いきなり難解なレースですね。1番人気はディアデラノビアオレハマッテルゼでしょうが人気も割れそうです。まずは出走表です。

第44回京都金杯(G3) 京都1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  ウインクリューガー 牡6 57kg 藤 岡 松元茂樹
  シルクトゥルーパー 牡4 53kg 生 野 大久保陽
  チアフルスマイル 牝6 52kg 藤 田 池江泰郎
    ディアデラノビア 牝4 54kg 武 豊 角居勝彦
  ビッグプラネット 牡4 54kg 和 田 南井克己
キネティクス 牡7 56kg 池 添 新川 恵
ニューベリー 牡8 56kg 柴 原 音無秀孝
  シルクフェイマス 牡7 58kg 四 位 鮫島一歩
エイシンドーバー 牡4 53kg 川 島 湯浅三郎
10     グレイトジャーニー 牡5 56kg 池江泰郎
11     マイネソーサリス 牝5 53kg 佐藤哲 佐々木晶
12   メイショウオスカル 牝5 54kg 武 幸 安達昭夫
13     アルビレオ 牡6 55kg 岩 田 白井寿昭
14   マイネルハーティー 牡4 55kg 安藤勝 中村 均
15   オレハマッテルゼ 牡6 57kg 福 永 音無秀孝
16     ペールギュント 牡4 55kg 小 牧 橋口弘次

このレースは目立った逃げ馬もおらずペースが落ち着きそうな印象です。外回りですしスローで直線勝負になりそうな気がします。ということでいい脚が使えても位置取りが後ろすぎて届かなさそうな馬外回して距離ロスが大きそうな馬はキリます。ウインガーディアデラマイネルペールあたりはバッサリいきます。前で粘れる馬、好位からいい脚が使える馬を中心に狙ってみます。

◎はビッグプラネットです。CBC賞では1200mの流れに上手くのれず中団から。さらに終始外を回って本来のかたちで競馬ができませんでした。左回り&小回りから京都外回りになるのはプラス。距離的にもメンバー的にも忙しくならないでしょうからすんなり先行して粘ってほしいと思います。これといった逃げ馬が不在ですし思い切って逃げてもいいと思います。前で競馬したときの粘りはなかなかです。ハンデも手ごろで◎です。

○はチアフルスマイルで。ここのところ凡走が続いていますが、湿った馬場や力のいる馬場の影響があったことが大きいと思います。調教の動きも軽快ですし京都の軽い馬場なら一発狙えそうです。ハンデも52kgと恵まれました。ここはスローの瞬発力勝負になりそうですが、クイーンSで3着したときのような脚を見せられる舞台だと思います。位置取りが後ろすぎなければ大丈夫でしょう。

▲にエイシンドーバーを。人気するかもしれませんが・・・。メンバー的には劣りますが、好位からいい脚をつかえるのでスローの上がり勝負になりそうな今回は買いだと思います。早い決着にはならないでしょうから持ちタイムや実績云々でキルのはもったいないです。京都も得意ですし近走の充実ぶりからあっさり勝ちもあるかも。

さらに△にニューベリーを。こちらも先行していい脚をつかえる馬です。▲エイシンドーバーと同じ理由で狙います。そしてキネティクスも。鞍上が池添騎手だけに位置取りが後ろすぎないか心配ですが。中団前目で競馬してくれることを願って。1番人気でなければオレハマッテルゼもおさえたいところです・・・(新年いきなり人気サイド買うのは嫌ですがw)。

シルクフェイマスは明らかに叩き台ですから先行勢でもキリます。距離も足りませんし。グレイトジャーニーも狙いたい脚質ですが幸騎手に乗り替わりですしもう上がり目がなさそうなのでキリます。迷いに迷ってメイショウオスカルも無印で。

第44回京都金杯(G3)
◎○▲△の馬連BOX、三連複BOXで

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。