☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までも結構ひどかったんですが今週の予想は本当にひどい・・・。当てる気がないくらいさっぱりでした。懸念したとおり予想とは全く逆で中山記念は前残り&阪急杯は差し差しで決着。中山記念(G2)はかたい決着でしたし◎ナイトフライヤーはダントツの最低人気だったので正直厳しいかとは思っていたのですが、阪急杯(G3)は荒れたにもかかわらず○ニシノデユーと◎グランリーオが最下位争い・・・w。

さらに土曜日のアーリントンカップ(G3)も大穴狙って見事に撃沈でした。わざわざキリだと明言したステキシンスケクンが楽々逃げ切ってますし・・・。最後に一発大逆転を狙ったものの結局2月は的中なしで終わってしまいました。振り返ってみると推した穴馬が絡んで惜しいレースもあったのですがわざわざキリだと明言した人気馬もめちゃめちゃ絡んでいてかみ合っていない感じでした。総じて堅い決着と言えるレースばかりでしたし。

3月は巻き返したいところですが来週も弥生賞(G2)をはじめとしてかたい決着で収まりそうな雰囲気はあります。ただ混戦必至のハンデ戦中京記念(G3)もありますしチューリップ賞(G3)も荒れそうな気配があるだけに楽しみ。これだけ醜い予想を立て続けに晒したわけですし、2月で膿を出しきったと信じたい・・・w。

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
大穴狙うも全く的外れ&久々に1番人気入れたのに絡まないという散々な結果に終わったアーリントンC(G3)の回顧は後にして日曜の重賞の予想を。中山では第80回中山記念(G2)が行われます。なかなかの好メンバーがそろいながらも不安要素も多々あり難しい一戦となりそうです。ハットトリックに不安要素が多いだけに1番人気はダイワメジャーでしょうか。時間がないので簡単に印だけにしておきます。

第80回中山記念(G2) 中山1800m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
    ダイワメジャー 牡5 58kg デムーロ 上原博之
  グレイトジャーニー 牡5 57kg 池江泰郎
    ヴィータローザ 牡6 58kg 中 舘 橋口弘次
ナイトフライヤー 牡7 57kg 北村宏 田中章博
  ハットトリック 牡5 59kg ペリエ 角居勝彦
  父市 バランスオブゲーム 牡7 59kg 田中勝 宗像義忠
  カンファーベスト 牡7 57kg 横山典 佐藤吉勝
    ユキノサンロイヤル 牡9 57kg 内田博 増沢末夫
カンパニー 牡5 57kg 福 永 音無秀孝
10 ダンスインザモア 牡4 56kg 蛯 名 相沢 郁
11     クラフトワーク 牡6 57kg バルジュ 後藤由之
12   エアメサイア 牝4 55kg 武 豊 伊藤雄二

中山ですし開幕週ですから逃げ馬有利はかわりないと思います。過去10年で逃げ馬も2勝していますし。しかしこのレースに関しては意外にも差し馬が好走する傾向にあります。単騎逃げが見込め得意の中山コースで不安がないように見えるダイワメジャーですがここはあえて嫌ってみようと思います。人気を背負って案外ということがよくある馬ですし。ただ明日は雨予報。道悪は確実でしょうし前残り濃厚ですね・・・。

第80回中山記念(G2)
馬連BOX、三連複BOX


今年から1400mとなり、翌週に短距離重賞増設とトライアルとしての意味を感じなくなりそうな第50回阪急杯(G3)も人気どおりに決まらなさそうなメンバーです。そして今月的中なしとなるのか鍵になりそうな一戦w。こちらも簡単に印だけにしておきます。

第50回阪急杯(G3) 阪神1400m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  ローエングリン 牡7 58kg 四 位 伊藤正徳
  シルクトゥルーパー 牡4 56kg 池 添 大久保正
  スナークスズラン 牝7 54kg モンテリ 佐藤吉勝
  ニシノデュー 牡5 56kg 武 幸 松田正弘
    ビッグプラネット 牡4 57kg 和 田 南井克己
父市 グランリーオ 牡6 57kg 柴 山 笹倉武久
    ゴッドオブチャンス 牡8 57kg 佐藤哲 和田正道
  ハッピートゥモロー 牡6 56kg 川 島 安藤正敏
  ブルーショットガン 牡7 56kg 松 永 武 宏平
10   オレハマッテルゼ 牡6 56kg 柴田善 音無秀孝
11   タマモホットプレイ 牡5 57kg 渡 辺 南井克己
12   ロードマジェスティ 牡4 56kg 藤 田 山内研二
13 コスモシンドラー 牡4 55kg 安藤勝 加用 正
14     コスモサンビーム 牡5 58kg 本 田 佐々木晶
15   ウインクリューガー 牡6 58kg 吉田稔 松元茂樹

こちらは基本前残り予想にしましたが斤量背負うともろいビッグプラネットはそこそこ人気するでしょうし妙味を感じませんので嫌います。こっちが差し差しで決まって中山が前残りで決まるという、予想と全く逆の絵が容易に想像できますがそうなったら諦めます。人気どころの決着になってしまうので。

第50回阪急杯(G3)
馬連BOX、三連複BOXで

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の重賞は第15回アーリントンカップ(G3)です。今週が開幕週の阪神。過去のこのレースを見ても逃げ・先行馬が好走しています。さらにトリッキーな阪神1600mが舞台ですから脚質、枠順が非常に重要になってきますね。1番人気はキンシャサノキセキでしょう。前走5番人気だったのが信じられないくらいです。外枠になりましたが後ろから行く馬ですし鞍上を考えると揉まれず包まれず行けるのでかえっていいかもしれませんね。南半球産で遅生まれなので斤量も54kg。前走は展開が向いたとはいえ鋭い差しきり勝ち。人気だからと安易にキルと後悔しそうです。まずは出走表と印です。

第15回アーリントンC(G3) 阪神1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  父[地] シティボス 牡3 56kg 岩田康 斉藤 裕
レッドバースピン 牡3 56kg 四 位 坂口正則
  父市 ゴウゴウキリシマ 牡3 57kg 石橋守 梅田康雄
アマノトレンディー 牡3 56kg 秋 山 湯窪幸雄
  デンシャミチ 牡3 57kg 柴田善 田中章博
  父市 ロジック 牡3 56kg 武 豊 橋口弘次
  ケンブリッジレーザ 牡3 56kg 熊 沢 大根田裕
    イースター 牡3 56kg 福 永 瀬戸口勉
  ステキシンスケクン 牡3 56kg ペリエ 森 秀行
10   メイショウフウライ 牡3 56kg 飯 田 飯田明弘
11   セフティバーニング 牡3 56kg 藤 岡 藤岡健一
12     ペリー 牡3 56kg 武 幸 武 邦彦
13   アドマイヤディーノ 牡3 56kg 安藤勝 松田博資
14 キンシャサノキセキ 牡3 54kg 柴 山 堀 宣行
15   トップオンターフ 牡3 56kg 古賀一隆

◎はレッドバースピンにします。成績と血統を見る限りダート馬のような気もしますが問題ないと思います。唯一の芝レースでは大敗しているもののデビュー戦ですし、あの時は2番手から競馬していますから度外視していいと思います。ここ2戦の内容がいいですしパワーを要する阪神ですから芝にかわるここでも充分やれそうな感じがします。前走は外々まわって強い勝ち方。早めに抜け出しても遊ぶことなくしっかりと走っていましたし競馬慣れしてきた感じもうけます。脚質的に後ろから行く馬なので心配ですが、レース振りを見る限り捲っていって残すタイプですから問題なしだと思います。鞍上が上手くさばいてくれることを期待します。

○はセフティバーニングにします。今回前で残るとしたらこの馬ではないかと思っています。ただ枠が外よりですので阪神マイルでは分が悪い感じ。○までにします。新馬戦はスタートよかったわけでもないのにモンテリーゾがハナを主張して最後失速しましたが並ばれても簡単にばてない感じがします。前走もよく粘りましたし。ステキシンスケクンゴウゴウキリシマがいますので2、3番手くらいから早めに並びかけて伸びる競馬が理想だと思います。相手いっきに強くなるので厳しいかもしれませんが。

▲にアドマイヤディーノを。前走は早めに抜け出した勝ち馬をつかまえきれませんでしたが内で動くに動けなかった分の遅れかと思います。前々走は久々でダート戦ですから度外視できますし、これも内で揉まれたことを考えると好戦といえます。今回は外枠。スタート直後のコーナーでの位置取りが重要ですが揉まれずに行ける分いいかもしれません。前走でこの距離でもやれることがわかりましたしある程度前につけられれば好戦できるのではないでしょうか。

あと△に人気ですがキンシャサノキセキアマノトレンディーも。他に買いたい馬がいないので1番人気でも仕方なしといったところです。逃げ馬に乗ると必要以上に同型馬とやりあうペリエですからステキシンスケクンはきります。脚質、前走内容ともに申し分ないだけに後悔しそうですけど・・・。今回はゴウゴウキリシマに競りかけていって潰れてもらいたいものです。父Danzigですから大駆けしたりいきなりポカやったりしますしね。人気背負って案外のパターンになってくれるといいです。

第15回アーリントンカップ(G3)
馬連BOX、三連複BOX

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今年最初の重賞中山金杯でワンモアチャッターの返し馬の際に落馬し、左鎖骨骨折で休養していた横山典騎手ですが、今週の中山開催から復帰するみたいです。全治3ヶ月はかかると言われていましたが驚異的な回復力でわずか1ヶ月半での復帰となります。去年は武豊騎手に次ぐ134勝を挙げて関東ではリーディングジョッキーに輝いた名騎手ですからファンも心待ちにしてたでしょうし、これからスタートが遅れた分を取り返す活躍をしてもらいたいものです。

日曜日の中山記念(G2)カンファーベストに騎乗予定です。鳴尾記念2着以降大敗が続いていますがどうでしょうか。この馬には初騎乗となりますが「テン乗りのノリ」と言われるくらいですからこのメンバーでも一発やってくるかもしれません。

また、昨年12月25日の新馬戦で落馬し、左足かかとを粉砕骨折した蛯名正義騎手も今週から復帰です。こちらも関東リーディングの常連ジョッキー。中山記念(G2)でお手馬ダンスインザモアに騎乗予定です。

参考記事
横山典 超人的!1カ月半で復帰(Sponichi Annex)
左足骨折の蛯名も復帰!(Sponichi Annex)

さらに少し気になるニュースを。高松宮記念(G1)にむけて放牧先で調整を続けていたラインクラフトが熱発のため出走が間に合うか微妙な状況になっているみたいです。出走できても影響が心配です。芝スプリント路線も混沌としてきて牝馬でも充分にチャンスがあるだけに調整が気になるところですね。

参考記事
ライン熱発、高松宮記念出走は微妙(nikkansports.com)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
19日に行われました高知競馬「走れホリエモン特別E5」であのホリエモンが見事4勝目をあげました。ホリエモンは何かと世間を騒がせております堀江氏が所有し、馬名も公募で決定された競走馬です。一躍有名になりましたがライブドアの強制捜査から事態は一転し、この馬も引退の危機にまで追い込まれ一時出走を見合わせていました。しかし堀江氏が馬主を外れて現役続行が決定。先週12日にレースに復帰しました。そして連闘で挑んだ19日に自らの復帰を祝う4勝目をあげました。

振り返ってみるとホリエモンの初勝利は去年の9月11日でした。この日は衆議院議員選挙があり堀江氏が落選した日でもあったわけです。なんという偶然か、話題性充分の初勝利でした。それからいろいろあったわけですが馬は何も悪くはないわけでして元気に現役を続行できてよかったと思います。4馬身差の圧勝ですからこれからも期待できそうですね。

競争成績
走れホリエモン特別E5(高知けいば応援隊協賛)

それにしても高知競馬の賞金ってこんなに少ないんですね。私は地方は交流G1くらいしかやらないので全く知らなかったのですが、今回調べてみて驚きました。第3レースとはいえ1着でも10万円ですか。財政状況が厳しいと言われて久しい高知競馬ですがこれほどまで中央と差があるとは思いませんでした。ホリエモンにもっと活躍してもらって盛り上げてもらいたいところですね。

参考記事
高知競馬のホリエモンが勝利(Sponichi Annex)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
ここ一番でこれだけ堅い決着とは・・・。好メンバーが揃って上位組も不安要素がいっぱいだっただけに大荒れ必至かと思いましたが・・・。それにしても勝ったカネヒキリはめちゃくちゃ強かったですね。また一回り成長した感じでした。脚抜きのよい重馬場でレコード決着となった去年と0.2秒差は圧巻でした。次はいよいよドバイWCに挑戦です。チャーター便の都合がつかなくなり乗り換えも含め輸送で大幅に時間がかかってしまいますが、そういったハンデをものともせず善戦してもらいたいものです。
第23回フェブラリーS(G1)
着順 馬 名 騎手 タイム
14   カネヒキリ 武 豊 1:34:9
  シーキングザダイヤ ペリエ 3馬身
ユートピア 安藤勝 アタマ
11 ブルーコンコルド 1・1/4馬身
ヴァーミリアン ルメール 1・1/4馬身

ボーラートウショウギアが好スタートからそのまま競り合ってめちゃくちゃなHペースとなりました。同じく内から好スタートをきった△ユートピアは無理せず控えたのが良かったですね。それにしても最後もよく追い上げました。気分屋なところがありますからあてにしずらいですが力を出せばこれくらいはやってくれますね。

サカラートは出脚がつかなかったのとペースが速かったのもあり位置取りが後ろになってしまいました。スタート後は後ろから6頭目あたり。徐々に押し上げますが中団なかほどでカネヒキリと同じくらいの位置でした。もっと長いところでやってきた馬なのでマイルのペースに戸惑ったのもあると思います。しかもHペースでしたし。とはいえシーキングがいた位置ぐらいをとってほしかったです。早めに先頭に競りかけて粘り込む馬なので後方から斬れ味を発揮する競馬は不向きです。それでもなんとか6着。近走見る感じでマイルあたりがあっていると思ったのですが今回は展開が向きませんでした。

ブルーコンコルドは最後の1ハロンで脚色が鈍ってしまって4着でした。やはり距離が長かったのか。勝負どころではズブい面を見せながら直線半ばでようやく伸びてきたので「あるいは」と思いましたがそれまででした。今の状態なら東京マイルはベストだと思ったのですがやはり長かったようです・・・。

2着シーキングザダイヤは疲れを考慮してキリましたが微塵も感じさせない走りでしたw。速いペースを4番手から追走して最後まで粘ってますのでむしろ絶好調だったかも。川崎記念で最後前をかわせなかったのは疲れではなく単に2着病のせいだったのか・・・w。鞍上がペリエに替わっても連続2着で相変わらずG1を勝ちきれません。交流G1含めてG1では7回目の2着ですか。ドバイで一花咲かせてもらいましょう。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
土曜日の2重賞の回顧を一応。両重賞とも1番人気が勝ってしまって結果はハズレ。今月は的中のないまま終わってしまいそうで悲しいです・・・。そろそろスタンスを変えて1番人気も手堅く加えていったほうがいいのか!?

第41回クイーンC(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
11   コイウタ ルメール 1:35:6
10 アサヒライジング 小林淳 1/2馬身
マチカネタマカズラ 藤 田 ハ ナ

これは結構ショックな結果でした。自信を持ってこないと思っていたコイウタですが好スタートからすっと好位に取り付いて直線で抜け出す強い勝ち方・・・。スローペースで後ろが届かなかったことを考えるとベストの騎乗ですね。◎アサヒライジングは宣言通りの逃げでうまくスローに持ち込めました。このコースで逃げ切り勝ちの実績もありますし最後も内でしぶとく残しました。

マチカネタマカズラはかなり人気がなかったのでおいしかったのですが3着まで。やはり距離が伸びて持ち味がでましたね。東京芝もあっていると思います。○に推したマイネジャーダはひっかかっていたのを抑えながらの中団追走。本来は2番手くらいから行った方がいい馬ですしこれだけペースが遅いのを無理に抑えて溜める騎乗は疑問でした。鞍上の若さがでたのでしょうか。切れ味勝負では劣るだけに前目から早めに抜け出して粘り込む競馬をしてほしかったです。

馬券は控えめにしたほうが賢明と言っていながらいつも通り買ってしまっただけに後悔しきり。コイウタいれていても3連複が結構ついているのでさらにショックです。いつものはずし方ではありますが・・・。


京都記念(G2)も1番人気シックスセンスが勝ってめちゃくちゃかたい決着でした。武豊を乗せて念願の重賞制覇。まさにステイゴールドの再現でした。

第99回京都記念(G2)
着順 馬 名 騎手 タイム
  シックスセンス 武 豊 2:13:5
サクラセンチュリー 佐藤哲 ハ ナ
10 マーブルチーフ 熊 沢 3/4馬身

◎に推したトウショウナイトは道中から手応えが怪しい感じでした。もう少し前目から行きたかったのでしょうが押してもなかなか反応してくれず最終コーナー手前でも追走がやっとでした。最後は伸びてきますが斬れるはずもなく期待はずれ。状態面で問題があったのでしょうか。単なる力負けとは思えないできでした。

マーブルチーフは見せ場は作ったものの早く先頭に立ちすぎたのが災いしたような感じがします。抜け出してしまうと気を抜いてしまうのでもう少し溜めたかったところですが、決め手勝負では上位2頭に勝てないのでこれは仕方なしといったところでしょうか。最後きっちり差されてしまって残念でした。

上位2頭は外差し馬場を利用して順当に差してきました。ここで決まるとオッズも安いですからこのレースはどうしようもないといった感じですね。穴党としては買わないのが正解でしたw。シックスセンスはこの後再び香港遠征を予定していますのではずみがつきました。頑張ってもらいたいです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
1番人気を嫌って大失敗した今日の2重賞の回顧は後にして、明日の予想を先に。明日はいよいよ第23回フェブラリーステークス(G1)です。1番人気はやはりカネヒキリ。休み明け、今回は同斤、中間軽めの調教と不安要素たっぷりですので今回も迷わずキリます。G1ですしさすがに陣営もドバイへの叩き台とは考えていないでしょうが、仕上がりに余裕を残しているようなら他馬がつけいる隙は充分にあると思います。今年最初のG1から思いっきり荒れてくれると面白いのですがどうでしょうか。まずは出走表と印です。

第23回フェブラリーS(G1) 東京1600mダ
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
    リミットレスビッド 牡7 57kg バルジュ 加用 正
  タイキエニグマ 牡5 57kg 田中勝 清水美波
B市 ユートピア 牡6 57kg 安藤勝 橋口弘次
    ニホンピロサート 牡8 57kg 中 舘 目野哲也
  スターキングマン 牡7 57kg 柴 山 森 秀行
  サカラート 牡6 57kg 小 牧 石坂 正
  [地] アジュディミツオー 牡5 57kg 内田博 川島正行
  ヴァーミリアン 牡4 57kg ルメール 石坂 正
  シーキングザダイヤ 牡5 57kg ペリエ 森 秀行
10     メイショウボーラー 牡5 57kg 福 永 白井寿昭
11 ブルーコンコルド 牡6 57kg 服部利之
12 トウショウギア 牡6 57kg 藤 田 池上昌弘
13     タイムパラドックス 牡8 57kg 安藤光 松田博資
14   父市 カネヒキリ 牡4 57kg 武 豊 角居勝彦
15     タガノゲルニカ 牡4 57kg 池 添 池添兼雄
16   サンライズバッカス 牡4 57kg 柴田善 音無秀孝

◎は初志貫徹でサカラートにします。前日最終オッズで単勝63.3倍の14番人気です・・・。うれしいんだか悲しいんだか。オッズつくのはいいのですがなめられすぎですね。長いところで実績のある馬ですが、近走のかかり方や父アフリートということを考えると現状マイルがベストではないかと思います。間が空いた前走も直線寄せられて失速しましたが無難にまとめて4着。つかった上積みは大きそうで最終追い切りでは自己ベストの時計で絶好調。逃げ・先行馬が揃った今回ですが力を出し切れば実力上位ですし、しぶとく粘れる馬です。

○はブルーコンコルドで。マイルが長いという印象がありますがズブさの出てきた近走を見る限り今は東京マイルが合っていると思います。短いところでも大外を捲っていく競馬をしてますし距離不安は問題なさそうです。前走は太め残りと59kgで敗因ははっきりしています。こちらも叩いた上積み充分で調教は絶好の動き。5番人気と低評価ですので狙ってみたいです。

▲にサンライズバッカスを。根岸Sではあれだけ前が詰まっても最後まで伸びてましたし、そうでなければ勝っていたと思う脚でしたのでやはり強いです。根岸Sを見る限りフェブラリーはこの馬かなと思っていましたが鞍上が先生ですので▲までにw。

あと△にユートピアを。気難しくあてにしずらい馬ですから過去の2年の成績はあまり気にしなくていいと思います。単に盛岡に強いというのもありますが左回りのマイル戦はベスト。出脚がつきにくいだけにこの枠もいいです。忘れたころに来そうな馬。ここで一発期待です。さらに人気サイドですがサカラートの兄弟ヴァーミリアンも。落鉄とプラス20kgであの競馬ですから万全なら当然上位だと思います。そしてトウショウギアも。前走、5、6番手からでかなりひっかかりながらあれだけの競馬ができたのは収穫。一叩きして馬体も絞れているでしょうし今回は狙い目。東京めっちゃ走りますし。

第23回フェブラリーステークス(G1)
馬連BOX、三連複BOXで

迷ったあげくシーキングザダイヤキリで。不利はあったものの川崎記念で最後アジュディミツオーをとらえきれなかったのが気がかりです。このところの連戦&激戦で疲れが溜まっている感じがします。かなり人気していますし調子の悪いペリエですから嫌ってこそ妙味アリかと。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の京都メインはかなりの歴史のあるレース、第99回京都記念(G2)です。回避馬が結構でまして10頭と頭数は少ないのですがなかなか骨っぽいメンバーが揃いました。1番人気は武豊に乗替わりのシックスセンスでしょうか。重賞好走もなかなか勝ちきれない1勝馬・社台の勝負服ですしステイゴールドとめちゃめちゃかぶりますね。ステゴも武豊に替わって重賞制覇を成し遂げましたしここも再現なるのでしょうか。まずは出走表と印です。

第99回京都記念(G2) 京都2200m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
    シックスセンス 牡4 56kg 武 豊 長浜博之
  トウショウナイト 牡5 57kg 武士沢 保田一隆
  デルタブルース 牡5 58kg ペリエ 角居勝彦
  シルクフェイマス 牡7 59kg 柴田善 鮫島一歩
    ビッグゴールド 牡8 58kg 和 田 中尾 正
サクラセンチュリー 牡6 58kg 佐藤哲 佐々木晶
  ブルートルネード 牡5 57kg 長谷川 池添兼雄
  父市 タガノマイバッハ 牡7 57kg 高 田 松田博資
    ヴィータローザ 牡6 58kg 安藤勝 橋口弘次
10 マーブルチーフ 牡6 57kg 熊 沢 田所清広

◎はトウショウナイトにします。骨折放牧明けの前走はまずまずの競馬でした。直線何度も前がカットされてスムーズに追えなかった分の差だと思います。反動がでるようなレースもしていませんので叩いた上積みは充分あると思います。去年の2着馬ですし、先行できて終いもいい脚で粘れる馬なのでここでも好戦必至だと思います。

○はマーブルチーフで。逃げ・先行馬が多い中の大外枠ですが、距離と頭数を考えると問題はなさそうです。差し差しで決まった前走も前につけた馬の中では最先着。勝負どころでノメってもたついたことを考えると良馬場でできる今回は期待できます。京都はめっぽう走りますから前走で見限るのはもったいないかと。同型馬の動向次第になりますがなんとか上位にきてもらいたいです。

▲は人気しそうですがサクラセンチュリーに。休み明けが気がかりですが、状態が良ければ決め手で勝るだけに突き抜けられると思います。先行馬が揃っていますので前が速くなればさらにいいですね。ただ、近走はさほど気になりませんがもともと斤量負けする馬だっただけに58kgで斬れる脚が使えるかどうかは微妙です。あまりに人気するようなら押さえ程度にした方がいいかもしれません。

あと△にブルートルネードを。完全な前残りで恵まれた印象が強かった前走ですが直線で伸びて後続を突き放したのは評価できます。京都は得意の舞台ですし番手からの競馬もできる馬。相手は強くなりますが一発狙ってほしいところです。

メンバーと斤量を見る限り3着以内はかたそうなシックスセンスですが、めちゃめちゃ人気しそうなのでキリ。低レベルと言われる明け4歳世代ですし、香港帰りで間が空いたのがどうでるかも微妙。「人気だから」と安易にきって後悔するいつものパターンが目に浮かびますが・・・w。

第99回京都記念(G2)
馬連BOX、三連複BOXで

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日の東京メインは第41回クイーンカップ(G3)です。実績と勢いからしてコイウタが一歩抜け出している感じではありますが全体的に実力は横一線の感じ。明け3歳で冬場の牝馬限定戦ですからほんとに何がきてもおかしくないです。実績ではなく未知の魅力に賭けてみるのもおもしろいかもしれません。どちらにしても大勝負はせずに馬券は抑え目にして、クラシックの有力候補を見定めるレースとした方が賢明かもしれませんね。まずは出走表と印です。

第41回クイーンC(G3) 東京1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
マチカネタマカズラ 牝3 54kg 藤 田 池江泰郎
    チャームダンス 牝3 54kg 石橋脩 伊藤圭三
  父市 クリノスペシャル 牝3 54kg 上村 橋口弘次
ワイキューブ 牝3 54kg 四 位 大久保龍
  ミルククラウン 牝3 54kg 内田博 加藤征弘
  マルカアイチャン 牝3 54kg 福 永 北橋修二
ルビーレジェンド 牝3 54kg 柴 山 萩原 清
  父市 ハネダテンシ 牝3 54kg 吉田豊 秋山雅一
マイネジャーダ 牝3 54kg 松 岡 阿部新生
10 アサヒライジング 牝3 54kg 小林淳 加藤修甫
11   コイウタ 牝3 54kg ルメール 奥平雅士
12     アイスドール 牝3 54kg 藤 岡 池江泰寿
13     ウエスタンビーナス 牝3 54kg 田中勝 鈴木康弘
14   父市 プリティタヤス 牝3 54kg 池 添 池添兼雄
15     ゲッタウェイ 牝3 54kg 江田照 星野 忍
16   父市 ミッキーコマンド 牝3 54kg 石橋守 福島信晴

◎はアサヒライジングにします。府中の内ラチ沿いは相変わらず伸びてますので堂々の逃げ宣言のこの馬がきっちり1600m走って逃げ切ることも可能だと思います。東京コースで逃げ切り勝ちの実績もあります。今月で定年を迎える加藤修甫調教師の最後の重賞。勝って有終の美を飾ってほしいと思います。

○はマイネジャーダにします。前が残る流れならこの馬も浮上してきそう。1ハロン短かったものの久々のわりに前走の内容がよかったです。好位追走から早めに仕掛けて粘り込む形にもっていけるといいです。

▲にマチカネタマカズラを。前走は明らかに距離が短かったです。追走に苦労して終始手綱を押していながら最後までなかなかのしぶとさをみせました。距離が伸びるのは歓迎ですし、父キングマンボですから東京の芝も合いそう。先週同様内から藤田騎手がスルスル伸びてきてくれるのを期待します。あと△にこちらも今月で定年を迎える北橋修二調教師のマルカアイチャンを。騎手も福永騎手ですから師への恩返しをこめて花道を勝利で飾ってくれるかも。さらに人気サイドですがルビーレジェンドワイキューブも。

第41回クイーンカップ(G3)
馬連BOXで

激しく荒れそうなのですが何がくるのか正直わからないので微妙です。人気を集めそうなコイウタアイスドールあたりはこないと思いますが、何がくるかも自信なし。こういうときは見したほうがいいのかもw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
日曜日に行われる今年最初の中央G1、第23回フェブラリーステークス(G1)の出走表が発表されましたので貼っておきます。まさにダートのオールスターでかなり豪華なメンバーとなっています。今から楽しみな一戦ですね。前年覇者のメイショウボーラーは近走いまいち。最終追い切り直前に放馬し、その影響で追い切りを中止するなどトラブルも。1番人気が予想されるカネヒキリも中間軽めだったのがどうでるか。最終追いきりは苦手な芝スタートを考慮して芝で3頭併せ。状態が万全なのか、スタートは上手く出られるのかが注目です。

第23回フェブラリーS(G1) 東京1600mダ
記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  リミットレスビッド 牡7 57kg バルジュ 加用 正
タイキエニグマ 牡5 57kg 田中勝 清水美波
B市 ユートピア 牡6 57kg 安藤勝 橋口弘次
  ニホンピロサート 牡8 57kg 中 舘 目野哲也
スターキングマン 牡7 57kg 柴 山 森 秀行
  サカラート 牡6 57kg 小 牧 石坂 正
[地] アジュディミツオー 牡5 57kg 内田博 川島正行
  ヴァーミリアン 牡4 57kg ルメール 石坂 正
シーキングザダイヤ 牡5 57kg ペリエ 森 秀行
10   メイショウボーラー 牡5 57kg 福 永 白井寿昭
11 ブルーコンコルド 牡6 57kg 服部利之
12 トウショウギア 牡6 57kg 藤 田 池上昌弘
13   タイムパラドックス 牡8 57kg 安藤光 松田博資
14 父市 カネヒキリ 牡4 57kg 武 豊 角居勝彦
15   タガノゲルニカ 牡4 57kg 池 添 池添兼雄
16   サンライズバッカス 牡4 57kg 柴田善 音無秀孝

先行勢が多い中、差し・追い込みタイプの2頭が1枠に入りややマイナスといったところでしょうか。カネヒキリは外よりで不利無くすすめられそうです。枠順がよさそうなのはユートピア。近走行き脚がなかなかつかないので前に行きたい馬の中で最内枠に入ったのはいいですね。あとヴァーミリアンもなかなかいいですね。内のアジュディミツオーが絞っていってくれるので着いていくば上手く好位がキープできそう。シーキングはボーラーの出方次第で位置取りが変わってきそうです。

また、トウショウギアが外枠からどういう動きをするのか微妙ですね。テンのスピードはあるので押していけばこの枠でもハナにたてるのですが、前走はかかりながらも抑えて番手からの競馬をさせていますから今回も無理には主張しないのか。楽逃げしたいアジュディミツオーにとってはその出方がかなり重要となります。

とにかく本当に楽しみな一戦。何が勝ってもおかしくないくらいの好メンバーですから激しい戦い&高い配当も期待できそう。今年最初のG1ですしなんとか当てたいものです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
JRAから平成18年度の調教師・騎手免許試験合格者の発表がおこなわれました。前回紹介しましたように、今年は地方所属の岩田康誠吉田稔の両騎手も中央転入に向けて挑戦しました。両名合格とはなりませんでしたが岩田康誠騎手(31)は念願の合格。すでに中央でもお馴染みですがこれからもバリバリ活躍してもらいたいですね。

一方調教師試験の方では現ジョッキーの松永幹夫騎手(38)が合格。去年あたりから引退→調教師説がちらほら取り上げられていましたし、そろそろ転向でしょうか。まだ38歳ですし昨今の騎乗を見てもまだまだやれそうですけど。その他では天間昭一騎手(41)も合格していますね。

競馬学校を卒業した新人騎手の中では的場均調教師(元ジョッキー)の次男、的場勇人君が注目でしょうか。父の厩舎に所属します。吉田稔騎手は残念でしたが岩田康騎手と新人8名のジョッキーにはぜひ活躍してもらいたいものです。

参考記事
“ミッキー”調教師試験に合格(デイリースポーツonline)
平成18年度 調教師・騎手免許試験合格者の発表について(JRAからのお知らせ)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
いよいよ今年最初のG1がせまってきました。第23回フェブラリーステークス(G1)です。登録馬・出走予定馬を見てみるとなんとも豪華なメンバーです。まさに現時点のダートのオールスターですね。今日現在の出走馬と騎手を貼っておきます。フルゲートは16頭。賞金上位のノボトゥルーが回避の見込みなのでトウショウギアがくり上がっています。

第23回フェブラリーS(G1) 東京1600mダ
出走予定馬 騎手
カネヒキリ 武 豊
タイムパラドックス 安藤光
ブルーコンコルド
シーキングザダイヤ ペリエ
アジュディミツオー[地] 内田博
ユートピア 安藤勝
メイショウボーラー 福 永
サカラート 小 牧
ニホンピロサート 中 舘
サンライズバッカス 柴田善
ヴァーミリアン ルメール
スターキングマン 柴 山
タガノゲルニカ 池 添
タイキエニグマ 田中勝
リミットレスビッド バルジュ
トウショウギア 藤 田
除外対象馬 騎手
ハードクリスタル
ヒシアトラス
マイティスプリング .
プライドキム
アグネスウイング
クワイエットデイ
※ノボトゥルーは回避予定
※馬名は賞金順です

カネヒキリは次のドバイWCが最大目標でここは休み明けの一戦となりますし、タイムパラドックスは使い詰め、アジュディミツオーはマイルと東京コースがどうか。などなど上位組にも不安材料は多々ありますのでほんとに何がきてもおかしくないという感じ。今年最初から難解な一戦です。

何がきてもおかしくないので思いっきり穴予想ができそうですが、経験上こういう時ほど人気通りに決まったりするので極端に穴馬からはいるのは避けたいところです。現時点ではサカラートがかなり気になっていますが小牧騎手に変更がどうでるか。その他にも目移りしてしまうメンバーばかりでほんとに超豪華です。楽しみな一戦ですね。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
単勝70倍を超える人気薄ゴーウィズウィンドの一発に期待しましたが直線手前で手ごたえが怪しくなり、ゴール手前ではムチをいれると尻尾を振って嫌がるそぶり。完全にばててしまっていました。スタートですんなり前にいけず期待した展開に持ち込めなかったのもよくなかったです。上位の結果は以下の通りです。
第56回ダイヤモンドS(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
マッキーマックス 藤 田 3:30:3
  メジロトンキニーズ 吉田豊 2・1/2馬身
15 トウカイトリック 芹 沢 ク ビ

マラソンレースだけあって最後の直線のスピード感の無さはもはやこのレースの名物ですね。各馬脚があがっていっぱいいっぱいの走り。そんな中、内から抜け出したマッキーマックスが最後まで伸びてレコードV。藤田騎手はアサクサデンエンで安田記念を制した時のものと同じガッツポーズで喜びを表していました。

2着は牝馬ながら参戦のメジロトンキニーズ。軽ハンデがいきた形になりました。直線でバテる各馬を差して2着に浮上。最後は自信もバテバテになりますがトウカイトリックの追撃をなんとか振り切りました。 ○に推したブリットレーンは離れた最後方からの競馬で全く見せ場なしでした。直線でもバテバテでいい脚を使うことなく12着。あの位置取りでよかったのか疑問ですがそうでなくても上位争いはきつかったでしょう。

フサイチアウステルハイアーゲームあたりが人気していてかなりおいしいレースだと思ったのですが自分の見る目もなかったようで惨敗・・・。


きさらぎ賞(G3)は1番人気・2番人気が上位に入ってしまったので仕方ない結果です。マイネルスケルツィが思いのほか人気がなかったので買い方を工夫すればよかったレースではありますが・・・。
第46回きさらぎ賞(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
ドリームパスポート 安藤勝 1:47:4
  メイショウサムソン 石橋守 1/2馬身
マイネルスケルツィ 安部幸 1/2馬身

1勝馬とはいえこれまで戦ってきた相手が強かったドリームパスポートがするどく伸びて完勝といった感じでした。それにしても最後の直線は「差してください」と言わんばかりにぽっかりと前が空いて、さらに馬場のいい外よりに持ち出すスペースも十分。団子状態で直線を迎えたわりにはかなり恵まれました。

マイネルスケルツィも道中3,4番手につけて粘り込み。直線で先頭に立ったメイショウサムソンをいったんはかわしかけるも最後にまたかわされて3着まで。こちらも1勝馬だけに2着に入って本賞金を獲得しておいてほしかったです。

それほど強くないと思っていたメイショウサムソンが2着にはいってこちらもはずれ。かたい決着ですから仕方なしということにしておきますw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今日は東京と京都でそれぞれ重賞があります。第46回きさらぎ賞(G3)第56回ダイヤモンドステークス(G3)です。どちらも個人的にかなり楽しみなレースなのですが時間がないので印と買い目だけにしておきます・・・。

第46回きさらぎ賞(G3) 京都1800m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
ドリームパスポート 牡3 56kg 安藤勝 松田博資
    アドマイヤメイン 牡3 56kg 武 豊 橋田 満
    ディープエアー 牡3 56kg 池 添 池添兼雄
マイネルスケルツィ 牡3 56kg 安部幸 稲葉隆一
    クラフトミラージュ 牡3 56kg ルメール 後藤由之
  フュノンガルウ 牡3 56kg 郷 原 郷原洋行
    メイショウサムソン 牡3 57kg 石橋守 瀬戸口勉
  ケンブリッジレーザ 牡3 56kg 熊 沢 大根田裕
  グロリアスウィーク 牡3 56kg モンテリ 音無秀孝
10     タニノベリーニ 牡3 56kg 福 永 角居勝彦
11 アスタートリッピー 牡3 56kg 岩田康 中竹和也
12 ファイングレイン 牡3 56kg 四 位 長浜博之

ドリームパスポートが絡むとあまりつきませんが縦目が恐いので馬連BOX、三連複BOX


ダイヤモンドS(G3) 東京3400m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
ブリットレーン 牡7 53kg 後 藤 加賀武見
    シャドウビンテージ 牡6 55kg 田中勝 河野通文
  フサイチアウステル 牡4 56kg ペリエ 池江泰寿
  メジロトンキニーズ 牝4 50kg 吉田豊 高橋 裕
  ルーベンスメモリー 牡6 55kg 柴田善 高橋祥泰
  シェイクマイハート 牡6 54kg バルジュ 二ノ宮敬
マッキーマックス 牡6 54kg 藤 田 藤原英昭
ゴーウィズウィンド 牡7 53kg 松 岡 国枝 栄
  オペラシチー 牡5 57kg 佐藤哲 佐々木晶
10     ダイワキングコン 牡4 53kg 北村宏 増沢末夫
11   ハイアーゲーム 牡5 56kg 内田博 大久保洋
12   ファストタテヤマ 牡7 57.5kg 勝 浦 安田伊佐夫
13   ハイフレンドトライ 牡6 53kg 小林淳 根本康広
14     アンドゥオール 牡7 57kg 松 永 長浜博之
15   トウカイトリック 牡4 54kg 芹 沢 松元省一

ゴーウィズから流したいのですがこちらも縦目を押さえて馬連BOX、三連複BOX

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
昨日行われた中央競馬騎手免許2次試験を中央移籍を目指す岩田康誠騎手(31歳、園田)吉田稔騎手(36歳、名古屋)がそろって受験しました。両騎手ともにすっかりJRAでお馴染みですしその実力も皆が認めるところなので、しっかり合格して中央の騎手としてこれからがんばってもらいたいものです。

両騎手ともに「5年間で年間20勝2回」の1次試験(筆記試験)免除の条件をクリアしての2次試験受験です。地方所属ですから毎週乗っているわけではないのでこの結果は立派です。また岩田騎手は1度、吉田騎手は3度これまで受験して不合格となっているだけにこの1次試験免除は大きいでしょう。ちなみにこの特例条件で合格して中央移籍を果たしたのは安藤勝己騎手と小牧太騎手の2名。1次試験からの受験で移籍を果たしたのは赤木高太郎騎手と柴山雄一騎手の2名です。

2次試験は人物考査、面接、競馬法規に関する筆記試験となっているようです。これも結構難しいのでしょうか。発表は16日(木)。二人とも今回は自信をみせているようですので大丈夫でしょう。

参考記事
岩田康“中央入り”に自信(Sponichi Annex)
岩田康、吉田稔がJRA騎手試験を受験(nikkansports.com)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今週は全くの検討違いで最悪の予想になってしまいました・・・。わざわざキリと書いた馬がことごとく絡んできていますw。今月は最悪のスタートをきってしまいましたw。3つまとめて感想(グチ)を書いておこうと思います。

第40回小倉大賞典(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
  メジロマイヤー 川 田 1:47:2
12   エイシンドーバー 藤 岡 1/2馬身
  メイショウカイドウ 武 豊 1・3/4馬身

全くノーマークだったメジロマイヤーが好スタートから見事な逃げ切りでした。自信のあった◎マイネソーサリスは外から果敢に捲って行きましたが直線向いた時には脚が残っていませんでした。福島記念ではコーナーで内をついて好戦。大外捲っていくのは向いていないのかもしれません。ズブさがでてきたと見たエイシンドーバーはそんなこともなく内から鋭い反応で伸びてきました・・・。3着も59kgで休み明けと自信の無印だったメイショウカイドウが突っ込んできて全く検討違いの結果にw。


遊び程度と書きましたが結局それもやめて購入しませんでした。結果的にはラッキー。かたいレースを見できるようになるのも穴党にとっては重要ですね(かたいとわかっているならそこを買えばいいだけですが・・・w)。

第40回共同通信杯(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
アドマイヤムーン 武 豊 1:48:4
  フサイチリシャール 福 永 1/2馬身
  マッチレスバロー 後 藤 3/4馬身

思い描いていたレース展開とはかけ離れたものでしたが結局2強が競り勝ってめちゃくちゃかたい決着となりました。馬券的には妙味なしというところでしょうか。でもこういうのをしっかり1点でしとめられるのが勝ち組なんだと思いますが・・・。


こちらも全然検討違いだったシルクロードSです。わざわざ嫌っていったタマモホットプレイが差しきるという結果で情けない限りです。差し馬が外に密集してごちゃつくと読みましたが結構きれいに広がりましたw。さらにそれを見越してかタマモにしてはかなり前からの競馬でしてやられたという感じです。

第11回シルクロードステークス(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
11   タマモホットプレイ 渡 辺 1:08:9
12 マイネルアルビオン 武 幸 アタマ
14   アイルラヴァゲイン 安 藤 3/4馬身

ブルーショットガンはスタートで後手を踏んだのと内につつまれたのが痛かったです。道中何とか先団にとりつこうとしますがそのせいで終いの脚が甘くなってしまい、内につつまれてスムーズさも欠いて13着でした。好位から外に持ち出して差してくるのが理想だっただけに残念でした。

またある程度好位につけた差し馬で決まった中、同じような位置にいた○キーンランドスワンが案外の伸び。状態がいまひとつだったのか斤量がこたえたのでしょうか。内が伸びにくいということ以上に、直線向いて全く手ごたえがなかったのが残念です。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
京都のメインレースは第11回シルクロードS(G3)です。共同通信杯が馬券的妙味に欠けるのでこちらは大いに荒れてもらって何とか的中させたいものです。これといった存在がおらず人気も微妙に割れそうなのがいいですね。どこからいってもそれなりに高配当が見込めそうです。展開としてはギャラントアローディープサマーがいてまたまたHペースになりそうな感じがします。前回はまんまと2頭で逃げきりましたが今回は後ろも早々に捕まえに行くでしょうし、外差し天国となりつつある馬場を考えてもここはなさそうです。外差しといえばタマモホットプレイですが人気しそう・・・。

第11回シルクロードステークス(G3) 京都1200m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
父地 ナゾ 牝8 51kg 安部幸 佐々木昌
  ゲイリーファントム 牡7 51kg 佐久間 鶴留明雄
    コパノフウジン 牡4 55kg 佐藤哲 宮 徹
  ギャラントアロー 牡6 58kg 崎山博樹
    ディープサマー 牡4 55kg 岩田康 山内研二
キーンランドスワン 牡7 57.5kg 四 位 森 秀行
ブルーショットガン 牡7 54kg 松 永 武 宏平
  アグネスウイング 牡6 56kg 熊 沢 白井寿昭
B カネツテンビー 牝7 53kg 津 村 武藤善則
10   ナイキアヘッド 牡7 54kg 秋 山 古賀史生
11   タマモホットプレイ 牡5 56kg 渡 辺 南井克巳
12   マイネルアルビオン 牡4 54kg 武 幸 畠山吉宏
13     ロイヤルキャンサー 牡8 53kg 川 島 森 秀行
14   アイルラヴァゲイン 牡4 55kg 安藤勝 手塚貴久
15   エイシンヘーベ 牝5 53kg 小 牧 藤岡健一
16   タイキジリオン 牡6 55kg ペリエ 安田隆行

◎はブルーショットガンにします。ずっと追いかけているんですがなかなか馬券に直結してくれなくて悲しい馬ですが明日こそは・・・。1200mで16頭揃いましたし今の外差し馬場を考えると各馬がコーナーで外に持ち出そうとしてかなりごちゃつくことが考えられます。そうするといくら外差し馬場といってもあまり後方からだと展開ひとつで上がってこれない恐れがあるので、ある程度前目から良い脚で上がってこれるこの馬を。鞍上も松永騎手なのでそこまで後ろに下げないと思いますし。ハンデ54kgも魅力です。

○は迷った挙句キーンランドスワンで。57kgまでにしてほしかったのですが57.5kgがどうでるか。乗り難しい馬なので手馴れた四位騎手に替わるのはプラスです。末脚は確かなのでそとから交わしてもらいたいです。▲にエイシンヘーベを。前々走でシンボリグランをちぎってますので力はあります。小牧騎手が上手くさばいてこれれば突き抜けても不思議ではないです。後方から外をぶんまわして届かない恐れがあるので▲までですが。

あと△にCBC賞で0.4秒差ながら51kgとハンデが手ごろなナゾと、同じ理由でカネツテンビーを。さらに前々走で◎と好勝負を演じたマイネルアルビオンも。タマモは迷った挙句にキリで。渡辺騎手ですからアンドロメダSの2着のイメージで内をついてきて伸びないパターンかと。

第11回シルクロードステークス(G3)
馬連BOX、三連複BOXで
人気がわかりにくいので意外とオッズがつかない恐れもありますが当たれば万馬券は狙えるかと・・・。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
穴党としては買わないのが正解のレースだと思いますが一応第40回共同通信杯(G3)の予想を簡単にしてみようかと思います。狙っていたマイネルスケルツィの回避でいっきにテンションがさがってしまいなんとか穴馬を探したのですがどれもピンとこないので3強でしかたないのかなーと。メンバー的にも割って入れそうなのがマッチレスバローぐらいですがこれも人気しそうですし。ここは遊び程度の一点買いしかないですかね。

第40回共同通信杯(G3) 東京1800m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
アドマイヤムーン 牡3 57kg 武 豊 松田博資
ショウナンタキオン 牡3 57kg 田中勝 上原博之
    マッチレスバロー 牡3 56kg 後 藤 萩原 清
  ヤマタケゴールデン 牡3 56kg 池 田 畠山重則
  マイネルグロリアス 牡3 56kg 藤 田 柄崎 孝
  フサイチリシャール 牡3 57kg 福 永 松田国英
  モエロタケショウ せ3 56kg 北村宏 坂本勝美
    アンバージャック 牡3 56kg 小 野 中野隆良
  ブラックバースピン 牡3 56kg 松 岡 手塚貴久
10   マルタカアーサー 牡3 56kg バルジュ 勢司和浩
11   父市 マシーン 牡3 56kg 吉田豊 大久保洋

1番人気であろうフサイチリシャールが負ける展開とすれば差しがきまる展開なので強引に。そうなるとマッチレスも買いたいのですが4番人気必至ですし、人気サイドから買っているのに手を広げるのは嫌いなのでキリ。馬連、三連複1点ずつにしようかと思います。

第40回共同通信杯(G3)
馬連 ◎○
三連複 ◎○▲

どちらにしても買わないのが正解のような気がしてしかたがないので遊び程度にしてシルクロードSで勝負ですかね。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
明日のメインは第40回小倉大賞典(G3)です。土曜は重賞が小倉で一鞍だけになりますので、東京・京都で開催があるにもかかわらず珍しくなかなかの騎手が揃って楽しみです。メンバー的には「小倉」臭さが漂うメンバーですが・・・。去年小倉三冠を達成したメイショウカイドウですが今回は斤量59kgです。この時期の休み明けですし不安材料しかありません。人気になってとんでくれることを願いますw。

第40回小倉大賞典(G3) ハンデ1800m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  マイネソーサリス 牝5 53kg 佐藤哲 佐々木昌
    メイショウカイドウ 牡7 59kg 武 豊 坂口正大
父市 ツルマルヨカニセ 牡6 56kg 小 牧 橋口弘次郎
  メジロマイヤー 牡7 54kg 川 田 田島良保
ローマンエンパイア 牡7 57kg 石橋守 古川 平
    イケハヤブサ 牡8 48kg 畑 端 鮫島一歩
  アラタマインディ 牡9 51kg 鮫島良 新川 恵
  ビッグゴールド 牡8 57kg 武 幸 中尾 正
    サンライズジェガー 牡8 55kg 西 田 福永 甲
10 父市 トップガンジョー 牡4 54kg 中 舘 和田正道
11   マルブツトップ 牡6 55kg 赤 木 加用 正
12   エイシンドーバー 牡4 54kg 藤 岡 湯浅三郎
13     アサカディフィート せ8 57.5kg 池 添 鶴留明雄
14     ロードマジェスティ 牡4 54kg 田中勝 山内研二
15     ビッグプラネット 牡4 56kg 和 田 南井克己
16   ポジションワン 牡6 54kg 太 宰 太宰義人

◎はマイネソーサリスにします。G3、オープン勝ってきて53kgででられるのは魅力です。どちらも牝馬限定戦なのでそこまで評価されていないのでしょうが3走前の福島記念の走りを見る限りここでも十分通用すると思います。出負けして終始かかり気味の中を最後方からあがってきて4着でした。しかも途中から厳しい流れになったのにあそこまで追い上げてますから評価できます。前走は不慣れなマイルの流れを無理に前目で追走したのが敗因でしょうか。直線で行き場がなくなってましたし。状態面での不安もありますが前走以上になっていれば好戦必至だと思います。小倉も得意です。

○にツルマルヨカニセを。小倉大得意でハンデも56kgどまりならあっさり勝ってもおかしくないでしょう。人気になりそうなので嫌ですがはずせない存在です。休み明け、不向きな距離とこの2戦の敗因ははっきりしていますので問題なしです。ベスト条件にもどって叩き3戦目ですから人気でもここは狙います。

▲にローマンインパイアを。昔の実績からかハンデがやや見込まれすぎな感じはしますが、状態がよさそうなのでこのメンバーならやれると思います。自在に競馬ができて末脚もしっかりしているのでいい勝負を期待できます。あと△にアラタマインディビッグゴールドトップガンジョーを加えます。

前回狙ったビッグプラネットは距離的にキリで。マイルでも長いくらいなのでさらに1ハロン延長は狙いにくいです。エイシンドーバーも金杯4着入線でしたがかなりズブさがでてました。小倉は得意にしていますが、前走を見る限りマイナスととらえていいと思います。スピードにのりにくい小回りコースで直線も短いですから位置取りが下がりすぎると厳しいと思います。今回メンバー的に位置取りもさがりそうですのでキリます。

第40回小倉大賞典(G3)
馬連 ◎、○から◎○▲△へ
三連複 軸1頭◎から○▲△へ
2月最初の予想はやや固めですが、しっかり当てて今月も好スタートをきりたいものです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。