☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログでしつこく追っかけてきた白毛馬のシロクンですが、7月20日をもって現役登録を抹消されたようです。残念です。期待していたJRA初の白毛馬の勝利は弟たち以降に持ち越しという形になりました。通算成績は5戦0勝。最高着順は6着ということで掲示板にあと一歩というところでした。

先日の新潟のレースで初めて「これはもうかなり厳しい」と悲観的な意見を書いたんですがやはり・・・という感じです。ずっとポジティブな見解で応援してきたこの自分でさえ先日のレースを見る限りもうダメポな感じでしたから・・・。引退後はどうなるのでしょうか。誘導馬かJRAの宣伝馬として活躍するのでしょうか。まさか種牡馬になるなんてことは・・・。今後の動向にも注目しておきます。

次に応援するのはシロクンの弟ホワイトベッセルにしようかと思います。父クロフネの半弟です。デビュー前に骨折が判明して現在治療中ですが秋以降にはデビューしてくれると信じています。

参考→シロクン競争成績(Yahoo!スポーツ 競馬)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
放牧に出ていて長らく休養していましたシロクンが7月16日の新潟3Rで復帰しました。久々のレースとはいえ結果は12着・・・。今回は減量騎手の吉田隼人騎手を起用しましたが変わり身を見せることはできませんでした。

7月16日 新潟3R未勝利戦 ダ1200m
着順 馬 名 騎手 タイム 人気
キラライットウセイ 蛯名 1:11:4
レアルグローリー 大野 4馬身
オリオンザクロノス 佐藤聖 2馬身
12 13 シロクン 吉田隼 1:14:7 11

レースは15頭立てのダート1200m戦。スタートから押していきますがついていくことができません。短距離戦ですからテンのスピードでおいていかれてしまうのは痛いです。相変わらず頭の高いフォームで追走に苦労していました。前にも書いたように現状ダートの短距離がベストの条件だと思いますが追走するのもやっとという状態なのでこれはもうかなり厳しいですね・・・(わかっていたことですがw)。

それでもシロクンの価値はレースに勝つこと以外にありますので。最近あまり騒がれなくなってきたのが少し気になりますが・・・。ちなみに弟のホワイトベッセル(白毛)は近日デビューの予定でしたが、デビュー前に骨折が判明して半年間の治療中です。シロクンには弟のデビューまでもうひと頑張りしてもらいたいところです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
一昨年の皐月賞以来ご無沙汰だったブラックタイドが今週の新潟メインレース、関越S(OP)で復帰するようです。なんと2年3ヶ月ぶりです。

一昨年の若駒S、スプリングS(G2)を快勝して大物と騒がれ、皐月賞(G1)では2番人気となった馬です。しかし皐月賞16着と大敗後に左前浅屈腱炎を発症して長期離脱し、その間に弟は無敗の3冠達成。今となってはネタ馬的存在となっていますが・・・。スプリングS(G2)も超Hペースとなったところを直線一気に差しきったもので展開がはまったのも事実。

そうはいっても陣営が復帰を信じて2年以上も治療を続けてきた素質馬です。広く名前も売れている馬ですし要注目。ただ気がかりなのが関越Sはダート戦だということ。長期休養明けで初のダート戦ではさすがに厳しいです。今回は回ってくるだけでしょうか。ちなみに鞍上は藤岡騎手の予定です。

参考記事
インパクト兄 復帰へ着々~関越S(スポニチ)
インパクト兄・ブラックタイド復帰(デイリー)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
2日にアメリカのハリウッドパーク競馬場で行われた第5回アメリカンオークス(G1)アサヒライジングが参戦しました。結果は2着。圧倒的な1番人気に応えることができず残念な結果となりました。勝ったのはWAIT A WHILE(ケンタッキーオークス3着など)で4馬身差の圧勝でした。

絶好の最内枠からスタートしたアサヒライジングでしたが出足があまり良くなく、直後のコーナーで被せられて後方から3番手まで位置取りを下げてしまいました。また小回りコーナーにも苦労したのか道中は膨らみながらずっと大外を回っての追走。直線で2番手まで追い上げるも勝ち馬とは絶対的な差がありました。脚質的には逃げ・先行なだけにせっかくの大舞台で今回のようなレースはちょっと残念。陣営もスタート後にもたついたことを悔やんでいるようです。ただ自在性を感じ取ったというようなコメントを残していますので収穫はあったのではないでしょうか。

参考記事
アメリカンオークス、アサヒライジングは2着(netkeiba.com)



一方、1日のキャッシュコールマイル(G3)ではダンスインザムードが圧勝。アメリカの芝のG3ですからこのクラスの馬なら勝って当然なんですけど遠征競馬ですからね。見事遠征のハンデを克服して2年前の借りを返してくれました。

ダンスインザムードは大外枠からの発走。直後にきついコーナーがあり絶対的に不利な枠でした。しかし慌てず焦らずで後方3番手を追走。3コーナーから捲りにいって直線向いた時には先頭に並んでいました。そこから突き放しての完勝。5歳牝馬ながら日米の重賞勝利と頼もしいかぎりです。

参考記事
米G3でムード海外重賞初制覇(Sponichi Annex)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。