☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しみなニュースが入ってきました。ジャパンカップダートで古馬勢を倒し名実ともにダート王者に登りつめたカネヒキリが、ダートの最高峰レースであるドバイワールドカップ(G1 ダ2000m)に参戦する予定みたいです。次走はぶっつけでフェブラリーステークス(G1 東京ダ1600m)に向かい、そしてドバイWCに挑戦です。過去日本馬も参戦していますがトゥザヴィクトリーの2着が最高です。日本馬初のドバイWC制覇に期待がかかります。

カネヒキリといえば角居勝彦厩舎ですが、さらに同厩舎で先の香港マイル(G1 芝1600m)を見事制したハットトリックもドバイ遠征を予定しているとのこと。こちらはドバイデューティーフリー(G1 芝1777m)に出走予定です。G1を連勝してただいま絶好調ですからこちらも大いに期待がもてます。

そしてもう1頭。角居厩舎の期待の2歳馬フラムドパシオンUAEダービー(G2 ダ1800m)に参戦予定です。フラムドパシオンは18日のダ500万下を勝っただけですが2着以下に大差をつけて圧勝レコードを1秒以上縮める脅威のタイムで桁違いの強さを見せ付けました。鞍上の北村宏騎手も「別に行こうとしていないのに馬力が違うのでグイグイ行ってしまう感じだった。強い馬に乗せてもらいました」と高く評価しています。選出されるかも微妙ですし、とりあえずはクラシック路線との両天秤で次走は京成杯(G3 中山芝2000m)あたりを使う様子です。今後要注目の1頭となりそうですね。
フラムドパシオン(牡2)成績(Yahoo!スポーツ 競馬)

ドバイ国際競走(ナドアルシバ競馬場)はいずれも来年3月25日に予定されています。今年の香港国際競走同様、日本馬が多数出ることになるといいですね。

参考記事
角居トリオがドバイ挑戦(Sponichi Annex)
フラムドパシオン、UAEダービー日本馬初の参戦も(SANSPO.COM)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。