☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
末脚だのみの予想なので外れる可能性が高いと書きましたがまさにその通りになってしまいました。マイネルボウノットは沈んだものの結局前残りの決着でした。◎アンドゥオールは最後いい脚で伸びてくるも4着まで。残念な結果になってしまいました。勝ったタガノゲルニカはすんなり2番手につけてそのまま粘りこみ。2着のヴァーミリアンも馬体重+20kgと名古屋グランプリ中止で間があいた影響があった様に見えましたが地力が違った感じでしたw。上位の着順は以下の通りです。
第13回平安ステークス(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
  タガノゲルニカ 池 添 1:50:2
10   ヴァーミリアン 武 豊 アタマ
ハードクリスタル 藤 岡 1・1/2馬身

一番気になっているのが○ベラージオの大きな出遅れです。ビデオを何回か見直してみるとはっきりわかるのですがゲートが開いていません。他の馬からワンテンポ遅れて開いていますw。明らかにおかしいですがJRAからは「鼻端で前扉を押圧したために開扉が遅れたものでありました。発馬機の誤作動の理由によるものではありません」の発表だけでカンパイや払い戻しはないんですね(残念)。そもそも鼻で押しただけで開扉が遅れるっておかしくないでしょうか。それなら今まで何百頭という馬のゲートが開かなくなっていたはずです。こんな事態は初めてなのにこういった理由で片付けられるのはおかしいですね。

おかしいのはテレビの実況もです。GC、民報で全くベラージオの出遅れについて触れていません。あれだけ大きく出遅れたにもかかわらず。最初から決められていたゲートの操作で、あらかじめ問題にしないようにJRAからメディアに通達があったとかw。あれだけ大きな出遅れについて何も言わないというのは明らかに不自然ですからそんな勘ぐりもしてしまいますw。

あと安藤騎手のコメントもおかしいです。ゲートが開く時にちょうど立ち上がってしまったと言っていますがビデオを見るとそうでもないです。むしろいいタイミングで行きかけたのにゲートが開かないから立ち上がってしまい、その時にゲートが遅れて開いている感じです。他の馬のゲートが開いた時はまだ立ち上がっていませんからw。安勝も何もしゃべるなと言われているんでしょうかね。あとJRAの発表と内容的に矛盾するのも事実。立ち上がっていたら鼻でゲートは押せないはずですw。

私はもともと競馬には八百長もあると思っているのでいいのですが、これだけ不自然なことばかりが目立つと追求しなくてはなりませんw。JRAへの不信感が増すとますます競馬人気がさがってしまいますし。

ゲート閉じたまま やっと開いたところ
※クリックで拡大できます。
写真は左側が他の馬のゲートが開いたところです。ベラージオのゲートはまだ閉じられたままです。右側はやっと開いたところ。これだけの差があり、馬が立ち上がってしまっているのでこの後さらに遅れてスタートしますw。

色々書いてきましたが例えベラージオのゲートがスムーズで勝っていたとしてもタガノとヴァーミリアンを買ってないので結局はハズレですw。人気サイドを簡単にきってしまったのと明らかに検討不足でした。来週はしっかり予想して当てたいものです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。