☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日行われた中央競馬騎手免許2次試験を中央移籍を目指す岩田康誠騎手(31歳、園田)吉田稔騎手(36歳、名古屋)がそろって受験しました。両騎手ともにすっかりJRAでお馴染みですしその実力も皆が認めるところなので、しっかり合格して中央の騎手としてこれからがんばってもらいたいものです。

両騎手ともに「5年間で年間20勝2回」の1次試験(筆記試験)免除の条件をクリアしての2次試験受験です。地方所属ですから毎週乗っているわけではないのでこの結果は立派です。また岩田騎手は1度、吉田騎手は3度これまで受験して不合格となっているだけにこの1次試験免除は大きいでしょう。ちなみにこの特例条件で合格して中央移籍を果たしたのは安藤勝己騎手と小牧太騎手の2名。1次試験からの受験で移籍を果たしたのは赤木高太郎騎手と柴山雄一騎手の2名です。

2次試験は人物考査、面接、競馬法規に関する筆記試験となっているようです。これも結構難しいのでしょうか。発表は16日(木)。二人とも今回は自信をみせているようですので大丈夫でしょう。

参考記事
岩田康“中央入り”に自信(Sponichi Annex)
岩田康、吉田稔がJRA騎手試験を受験(nikkansports.com)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。