☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよドバイWCデーが近づいてきました。今年はいまのところ日本から9頭が参加予定です。カネヒキリとともにドバイWC(G1)に参戦予定だったシーキングザダイヤはここへきて正式に辞退を発表。ゴドルフィンマイルに出走予定だったスターキングマンが代わりにドバイWCに挑戦することになりました。検疫の問題で一時は出走が危ぶまれた馬も多かったのですが問題もクリアされてこれだけ多くの馬たちが出走するというのは楽しみです。当日の出走馬と発走予定などを貼っておきます。

○ ドバイワールドカップデー(3/25) 出走予定 ○
馬 名 性齢 調教師 前走
ゴドルフィンマイル(G2) ダ1600m (22:40発走)
ユートピア 牡6 橋口弘次郎 フェブラリーS(3着)
UAEダービー(G2) ダ1800m (23:15発走)
フラムドパシオン 牡3 角居勝彦 ヒヤシンスS(1着)
ガブリン 牡4 森 秀行 3歳1000万(1着)
ドバイゴールデンシャヒーン(G1) ダ1200m (23:55発走)
アグネスジェダイ 牡4 森 秀行 根岸S(13着)
ドバイシーマクラシック(G1) 芝2400m (24:50発走)
ハーツクライ 牡5 橋口弘次郎 有馬記念(1着)
ドバイデューティフリー(G1) 芝1777m (25:30発走)
アサクサデンエン 牡7 河野 通文 香港マイル(6着)
ハットトリック 牡5 角居 勝彦 中山記念(11着)
ドバイワールドカップ(G1) ダ2000m (26:20発走)
カネヒキリ 牡4 角居 勝彦 フェブラリーS(1着)
スターキングマン 牡7 森 秀行 フェブラリーS(13着)

一番の期待はやはり日本馬初のドバイWC制覇でしょうか。日本総大将カネヒキリにかかっています。前走のフェブラリーSであれだけ速い流れに対応して強い勝ち方をしたのでドバイでも充分やれそうな気がします。ただどの馬にも言えることですが、チャーター便の確保ができなかったようなのでドバイまでの乗り継ぎによる輸送時間が心配されます。距離が近くて直行便のある香港への遠征とはわけがちがいますからね。万全の状態で戦ってほしいものですが状態面での不安はどうしてもあります。

個人的に注目しているのがドバイデューティフリーアサクサデンエンに武豊騎手が騎乗するということ。ハットトリックにしてもこの馬にしても微妙に距離が長い印象です。デンエンは2000mの天皇賞(秋)で4着にきていますが超スローの直線だけの競馬でしたから。今回はドバイですから当然流れも速くなるでしょうし、より厳しい展開になることは間違いなさそう。そういう状況で新コンビを組む武豊騎手がどう乗りこなすかに注目したいです。普段穴党の自分としては武豊騎手を応援することなんてめったにないですからねw。ハットトリック以上の活躍を期待しています。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。