☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり遅れましたが一応先週予想したレースの回顧を。自信があると書いておきながら予想はハズレ・・・。どちらも本命に大きな不利がありましたから仕方ないとしておきますw。まずは第40回フィリーズレビュー(G2)から。○にしたマチカネタマカズラはまさかの出遅れで勝負になりませんでした。前から行く馬ですからね。あれだけ遅れては競馬になりません。勝った△ダイワパッションは初距離初コースでも圧勝。このメンバーでは力が抜けていました。ただし、やや重と言ってもタイム的には平凡ですからどうでしょうか。別路線でキッスコイウタなど有力どころはいますが全体的に今年の3歳もレベルが低そうな感じを受けます(特に牝馬)。
第40回フィリーズレビュー(G2)
着順 馬 名 騎手 タイム
15 ダイワパッション 長谷川 1:23:1
  ユメノオーラ 渡 辺 1・3/4馬身
エイシンアモーレ 福 永 1・1/4馬身

自信の◎ヤマニンエマイユは嫌な予感があたって池添が後ろからの競馬。展開と馬場を考えてもあの位置取りはないですね。実際上位3頭中2頭が前に行った馬で決まってますし。しかも勝負どころでサンヴィクトワールにぶつけられて内に弾かれます。おかげでスムーズに外に持ち出せないし最悪の流れ。それでも持ちなおして最後伸びてきたあたりは立派です。なんとか5着まできましたし。次走自己条件なら全然買いだと思います。人気にもならないでしょうし。

人気の7枠の2頭が簡単にきれる美味しいレースだと思って自信を持っていったのですが結局はずれ。サンヴィクトワールはどうせ絡まないのなら邪魔せずずっと後ろでじっとしていてほしかったです。ちなみにサンヴィクトワールは桜花賞を回避して放牧に出されるみたいです。状態がよくないみたいですね。目標はオークスとのこと。



全く見当違いだった第24回中山牝馬S(G3)の回顧も一応しておきます。速い流れで差し馬には絶好の展開でした。それにしてもペース予想といいトップハンデの56kg組が2頭も馬券に絡んだことといい完全に的外れでした・・・。
第24回中山牝馬(G3)
着順 馬 名 騎手 タイム
10   ヤマニンシュクル 四 位 1:47:8
ディアデラノビア 岩田康 1・1/4馬身
13   ヤマニンアラバスタ 江田照 2馬身

スローで予想していましたが思いのほかペースが速くて道中最後方にいた3頭で決着w。内ではデムーロやらカッチーやらが色々やらかしてなんと審議に30分以上かかるという事態でした。結局降着はありませんでしたがあおりをくらった馬が多数おりなんとも後味の悪いレースになりました。◎のレクレドールも直線で行き場がなくなって騎手が2回も立ち上がる状況でしたからこの結果もしかたないです。3着アラバスタもかなり厳しいところをなんとか抜けてきた感じでした。

結果的に外を回ったヤマニンシュクルディアデラノビアがワンツー。シュクルは56kg背負ってなかなか強い競馬をしましたがペースと展開などすべてがうまくいったのも事実。ヴィクトリアマイル(G1)はこの馬できまり、とは思えませんでした。ちなみにシュクルも放牧にだされてヴィクトリアマイルに直行とのことです。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。