☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トウカイテイオーの勝った'93年の有馬記念を取り上げてみます。

トウカイテイオーの父は偉大な7冠馬、皇帝シンボリルドルフ。テイオーはその父の才能をしっかりと受け継いでデビューから連勝を重ね、皐月・ダービーを制し無敗の二冠馬となります。しかし体質が弱く骨折で菊花賞を断念。そこで次の目標に据えた春の天皇賞でまた剥離骨折が判明するなど、常に怪我が付きまとう悲運な人生(馬生?)を送ります。

その後ぶっつけで臨んだ秋天では惨敗するもののJCで国内外の強豪を退けて見事復活。あらためてその強さを見せつけ、伝説の第2幕の始まりかと予感させられました。しかし、堂々の1番人気で臨んだ次の有馬記念('92)でまさかの11着。この時鞍上は騎乗停止の岡部から乗り替わった田原成貴でした。

このままでは終われないテイオーは現役最強を証明すべく翌年の宝塚記念を目標に巻き返しをはかります。
しかしまさかの3度目の骨折・・・。幸い大事には至らなかったものの再び療養生活に入り、復活そして雪辱の舞台はちょうど1年前と同じレース、有馬記念になりました。そして鞍上も1年前と同じ田原成貴です。

1年ぶりのレース。しかも前年の大敗。4歳勢(現3歳)の台頭もあり人気は4番目でした。1番人気になったのは4歳ビワハヤヒデ。奇しくも鞍上は岡部幸雄。騎乗停止がきっかけとはいえ今回もテイオーから降りた騎手。倒すには絶好の相手でした。

レースは前年の覇者メジロパーマーが逃げる速いペース。しかしビワハヤヒデも臆することなく4番手につけます。そして3コーナーから早くも前を捕らえにいった岡部ビワハヤヒデは4コーナーですでに先頭にたち、直線抜群の手ごたえで抜け出します。しかし1頭だけその後ろからさらにすごい脚で追ってくる馬がいました。
「トウカイテイオーがきたっ!トウカイテイオーがきたっ!」
おもわず熱くなる実況。そしてゴール手前で完全にかわしきります。

「トウカイテイオーだ!トウカイテイオー奇跡の復活っ!」
「一年ぶりのレースを・・・、制しましたトウカイテイオーと田原成貴・・・」

声が震えて詰まり気味の実況。感動が伝わってきます。さらに勝った田原成貴も男泣き。衝撃の復活劇となりました。テイオーはこの後再び故障に見舞われ引退。結局この有馬記念が最後のレースとなりました。再三の故障に苦しみながらその都度見事な復活を遂げてきた帝王。何度もファンに夢を見させてくれました。その夢の続きは産駒に引き継がれることになります。

'93年 有馬記念
着順 馬 名 騎手 タイム
トウカイテイオー 田原成 2:30.9
13 ビワハヤヒデ 岡部幸 1/2
12 ナイスネイチャ 松永昌 3・1/2

このレースのDVDを見たい方はこちらがお勧めです。

トウカイテイオー 帝王・栄光の蹄跡
トウカイテイオーの奇跡の復活までをじっくりと振り返ることができます。騎手や調教師のインタビューも収録されていてなかなか良いですよ。

中央競馬G1レース1993 総集編 (低価格化)
定番のG1総集編シリーズです。マックイーンの宝塚やブライアンの朝日杯もありますね。そして最後の有馬記念で泣いてくださいw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
充実振りをもの語る芦毛の馬体!エリザベス女王杯予想ランキング
2005/11/10(Thu) 19:09:46 |  極秘裏情報?そんなものないない!
昨日は久しぶりに友達と焼肉を食べに行った。え??ダイエット中じゃなかったかって??いえいえ、昨日はダイエットは休みの日だったんです(笑)
2005/11/10(Thu) 20:29:28 |  明美の歌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。