☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神競馬場で3日、4日に行われた第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)で地方騎手代表の岩田康誠騎手が初優勝をはたしました。WSJSというのは14人(国内6人、海外8人)の一流ジョッキーが4レースに騎乗し、着順をポイントに換算してその合計点を競いあうものです。岩田康誠騎手は最終戦の阪神12Rでオースミグラスワンで1着になり逆転で優勝ということになりました。地方騎手が優勝したのは意外と多くこれで4人目だそうです。

岩田康騎手といえばなんといっても昨年の菊花賞です。デルタブルースに騎乗して快勝しました。今はまだ地方・兵庫所属ですがすでに中央移籍の準備をすすめていて、来年の春に2次試験をパスすればJRAのジョッキーということになります。中央入りに向けて実力を存分に示したという感じです。

惜しくも1点差で2位になったのはご存知究極の2ゲッター横山典弘騎手です。「今回もハナ差(=1点差)の2着・・・やっぱり僕はいつも2着ですね。」と粋なコメントも残してくれていますw。3位は最終戦までトップだったアイルランドのM.キネーン騎手。これも2位に1点差と僅差でした。

参考記事
地方競馬代表岩田康が激闘制す(DailySports online)
第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズは岩田康誠騎手(兵庫)が優勝!(JRA)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングに登録してます。クリックでの応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
岩田、おめでとう!!!!! 土曜のセレッソの負け方があまりにショッキングで心身と...
2005/12/05(Mon) 23:18:32 |  なにわっち's Weblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。