☆お知らせ☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークス(G1)で福永騎手を背に2着と好走したフサイチパンドラアメリカンオークス(G1)挑戦のプランがあがっているようです。カリフォルニア州ハリウッドパークから出走を打診されているとのこと。去年のシーザリオ同様、福永騎手とのコンビで2年連続日本馬の戴冠となるか注目です。

参考記事
フサイチパンドラ、アメリカンオークス挑戦も(SANSPO.COM)


もう一つニュースを。天皇賞(春)で10着と大敗した後、宝塚記念へ向けて調整を続けていたデルタブルースが蹄の負傷で出走を回避することが決まりました。人気落とすようなら狙ってみてもおもしろいかなと思っていたのですが残念。秋まで休養として豪州のメルボルンカップ(G1)を当面の目標にしているようです。このレースには同厩舎で先日の目黒記念(G2)を制したポップロックも挑戦する計画があるとか。さすがは角居厩舎。

参考記事
デルタブルースが宝塚回避(Sponichi Annex)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
デイリー杯2歳S(G2)の覇者で先日のダービーも4着と好走し素質馬として注目を集めているマルカシェンクが右中間手根骨骨折を発症していたことが明らかになりました。レース中に骨折していた可能性もあるとのこと。これで2度目の骨折です。

ダービー後は宝塚記念(G1)に挑戦するという計画でしたが全治3ヶ月はかかるとのことで計画は断念。秋の復帰を目指して当面の目標は天皇賞(秋)のようです。マルカシェンクに関してはダービーでも1円もいらないと思っていた馬ですし個人的にはそこまで評価していない馬なのですが、骨折していて4着となると実はものすごく強い馬なのかもしれませんw。

どうでもいいことですが、デビューから2戦目で重賞制覇、そして骨折。翌春のトライアル復帰で負けるもダービー挑戦、というローテをみるとアドマイヤビッグめちゃめちゃかぶります。あの馬も素質馬としてかなり人気していましたし。アドマイヤビッグについてはその後さっぱりでしたがマルカシェンクは見事な復活を果たすことができるでしょうか。注目しておきます。

参考記事
シェンク再び骨折…宝塚記念は絶望(Sponichi Annex)
シェンクまた骨折、全治3カ月以上(nikkansports.com)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
長らく更新停止しておりましたが今週から復帰したいと思います。さっそく週末に行われる第56回安田記念(G1)の出走予定馬を貼っておきます。今年は香港から3頭の外国馬が参戦。去年の4着馬ブリッシュラックや、あのサイレントウィットネスをやぶったジョイフルウィナーなどなかなか侮れない感じのメンバーが来日します。

第56回安田記念(G1) 東京1600m
外国馬(香港) 騎手
ザデューク ダン
ジョイフルウィナー ビード
ブリッシュラック プレブ
JRA所属馬 騎手
ハットトリック 岩田
オレハマッテルゼ 柴田善
ダンスインザムード 北村宏
ダイワメジャー 安藤勝
バランスオブゲーム 田中勝
シンボリグラン 柴山
アサクサデンエン 藤田
カンパニー 内田博
テレグノシス 武豊
ローエングリン 四位
メイショウボーラー 福永
グレイトジャーニー 佐藤哲
インセンティブガイ 横山典
エイシンドーバー 蛯名
フジサイレンス 江田照

日本馬でも強力なメンバーは多数参戦するのですが不動の軸といった感じの馬がおらずなかなか混戦模様です。去年の覇者アサクサデンエンや武豊騎乗であっさり勝ちきりそうなテレグノシス。新短距離王のオレハマッテルゼや前走ヴィクトリアマイル(G1)で復活をとげたダンスインザムードも要注目の存在です。カンパニーあたりは絶対に買いたい一頭です。

個人的には大好きなバランスオブゲームを推しておきます。今の東京の馬場からして脚質的には有利に働きそうです。このレースは過去2年ともこの馬を中心に買っているのですが(笑)、その2年とも4コーナーから直線向いた時の手ごたえを見て「もらった」と思った記憶があります。しかしいい感じだったはずなのにそこから案外の伸びで差されるという内容。人馬ともにG1の壁におもいっきりぶつかっています。先生や石橋守がG1ゲットしている今年こそはカッチーも・・・。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今週の日曜日に行われる第66回皐月賞(G1)の出走表が発表されましたので貼っておきます。牡馬クラシック路線の第一弾です。デムーロ騎手が騎乗停止になったため騎手未定となっていたドリームパスポートの鞍上は2度手綱をとったことがある高田潤騎手に決定。ただ高田騎手では一度も勝っていないのが気になるところです。

また弥生賞(G2)で2着に入り優先出走権を獲得していたグロリアスウィークは調教中の骨折で出走回避となりました。したがってこのところ好調の先生は騎乗馬なし・・・。関東のG1ですから先生がいないのは寂しいですねw。しかしこれにより賞金順でダイアモンドヘッドが繰り上がり。個人的に追っかけている馬なのでうれしいです。ここではちょっと足りない感じもしますがなんとか頑張ってもらいたいです。

第66回皐月賞(G1) 中山2000m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  フサイチリシャール 牡3 57kg 福永 松田国英
  ドリームパスポート 牡3 57kg 高田 松田博資
  ナイアガラ 牡3 57kg 小牧 池江泰郎
    キャプテンベガ 牡3 57kg 安藤勝 松田博資
    メイショウサムソン 牡3 57kg 石橋守 瀬戸口勉
  フサイチジャンク 牡3 57kg 岩田康 池江泰寿
  ショウナンタキオン 牡3 57kg 田中勝 上原博之
ダイアモンドヘッド 牡3 57kg 北村宏 池江泰寿
  父市 ゴウゴウキリシマ 牡3 57kg 中舘 梅田康雄
10   トウショウシロッコ 牡3 57kg 吉田豊 大久保洋
11   ステキシンスケクン 牡3 57kg 藤田 森 秀行
12     サクラメガワンダー 牡3 57kg 内田博 友道康夫
13   インテレット 牡3 57kg 後藤 萩原 清
14     スーパーホーネット 牡3 57kg 四位 矢作芳人
15     アドマイヤムーン 牡3 57kg 武 豊 松田博資
16   ジャリスコライト 牡3 57kg 横山典 藤沢和雄
17     ディープエアー 牡3 57kg 池添 池添兼雄
18   ニシノアンサー 牡3 57kg 菊沢 奥平真治

フサイチリシャールが最内枠をひいて絶好の競馬をできそうですが、逆に言えば前に行くしかなくなったともいえます。福永騎手も内で包まれるのだけは避けたいでしょうし。逃げたいニシノアンサーは大外、ステキシンスケクンゴウゴウキリシマあたりも外よりですから1コーナーまでにこれらの馬たちがどう動いてくるかがポイントですね。ハナを主張し合ってポジション取りが激しくなるかどうか。どっちにしても1コーナーでペースは落ち着くと思いますけど・・・w。

1番人気であろうアドマイヤムーンは外よりの7枠15番です。皐月賞は3コーナーから4コーナーにかけてかなりごちゃごちゃするのでこういう馬にとっては外枠の方がいいでしょうね。磐石の態勢でしょうか。同じ松田博資厩舎のドリームパスポートは高田騎手でこの枠は実際微妙ですね。うまく捌けるでしょうか。一旦下げて外々回っては中山2000mは届かないでしょうし(ディープインパクト級なら話は別ですがw)。まだ完成されてないものの師が「素質は一番」と惚れ込むキャプテンベガにも注目です。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今週は牡馬クラシックの第一弾第66回皐月賞(G1)が行われます。現在のところ出走回避馬が出なければ抽選対象の馬はおらず、以下の18頭で行われることになります。ただドリームパスポートに騎乗予定だったデムーロ騎手は先週の阪神2Rでの斜行により開催2日間の騎乗停止処分を受けたために騎乗できません。今のところまだ騎手は未定のようです。ここは思い切って高田潤騎手でいってほしいところですがw。
第66回皐月賞(G1) 中山2000m
優先出走権所有 騎手
アドマイヤムーン 武豊
グロリアスウィーク 柴田善
ディープエアー 池添
フサイチジャンク 岩田康
キャプテンベガ 安藤勝
メイショウサムソン 石橋守
フサイチリシャール 福永
ドリームパスポート
デムーロ騎手騎乗停止により
ドリームパスポートは現在未定
賞金上位馬 騎手
ジャリスコライト 横山典
ゴウゴウキリシマ 中舘
サクラメガワンダー 内田博
ステキシンスケクン 藤田
ショウナンタキオン 田中勝
スーパーホーネット 四位
ナイアガラ 小牧
インテレット 後藤
トウショウシロッコ 吉田豊
ニシノアンサー 菊沢

実力ではアドマイヤムーンが1頭抜け出している印象ですがそれ以外はどれもチャンスありそうな感じがしてなかなか面白い一戦になりそうです。先週アドマイヤキッスで惜しくも2着に敗れた松田博資厩舎はムーン、ドリパス、キャプテンベガの3頭出し。上位3頭独占も普通にありそうなくらい強力な馬ですからすごいです。その師をして「最終的には一番強くなる」と言わしめるキャプテンベガもまだ本格化してないものの侮れません。

さらに弥生賞4着からの巻き返しを狙うサクラメガワンダー内田博幸騎乗というのがなんとも不気味ですし、2歳チャンプのフサイチリシャールも中山だけに前残りが濃厚です。結局また人気サイドに目がいってしまいますが混戦模様なのでどう転ぶかわかりませんし、ムーン以外はオッズもいい感じに割れそうです。どちらにしてもそろそろ当てたいところ・・・。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
白毛馬シロクンが土曜の中山3R未勝利戦に出走しました。善戦するも結果は6着でした。あと少しで掲示板というところだったのですが前をかわせないままゴール。勝ち馬からはかなり離されていましたが初距離、初ダート、休み明けということを考えるとまずまずのレースだったと思います。

4月8日 中山3R未勝利戦 ダ1200m
着順 馬 名 騎手 タイム 人気
マルターズマッシブ 内田博 1:13:0
13 アルマージ 北村宏 3馬身
ハッスルハッスル 柴田善 2・1/2馬身
シロクン 田中勝 1:14:5

結局前に行った5頭が掲示板を独占するというなんともこのクラスらしいレース内容でしたw。シロクンはスタートはまずまずだったのですが行き脚が鈍く中断より後ろからの競馬。休み明けですし初めての1200mのペースですからこれは仕方ないところでしょうか。しかしすぐにペースが落ち着いたこともあって徐々に前に位置取りをあげていきます。相変わらず頭の高いフォームですが折り合いは特に問題なさそうでした。

直線向いてからスッと内に進路をとり一瞬伸びかけましたがそこからは案外の脚色。まあ久々の一戦ですしテンで置かれ気味だったことを考えると仕方ないですかね。それでもやはりシロクンにとってダート短距離という条件はベストではないでしょうか。今回は中山1200mなので芝スタートでしたが、初めからダートのコースであればテンからすんなり流れに乗れるかもしれませんし。確かに走り方を見てても短距離を押し切るほどのスピードは感じませんがダートの未勝利なら何とかなりそうな印象もあります。叩いた上積みで次走こそ好勝負をしてくれることを期待します。

競争成績
2006年4月8日中山3R 結果(Yahoo!スポーツ 競馬)

シロクン関係
カテゴリー「シロクン」

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
今日の馬鹿予想の回顧は後にして明日の予想を晒してみたいと思います。明日はいよいよ牝馬クラシック戦線の第一弾、第66回桜花賞(G1)です。本命は金曜の時点で☆をつけておいたフサイチパンドラでいこうと思います。現時点で3番人気です。う~ん自分のいつもの馬券スタンスだったらこんな人気馬絶対本命にしませんが、今回はとりあえず堅くても狙います。点数絞ればがっつり増えますし問題無し♪

第66回桜花賞(G1) 阪神1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
  ユメノオーラ 牝3 55kg 渡辺 川村禎彦
  アサヒライジング 牝3 55kg 柴田善 古賀慎明
  ラッシュライフ 牝3 55kg 四位 伊藤圭三
  ダイワパッション 牝3 55kg 長谷川 増沢末夫
  テイエムプリキュア 牝5 55kg 熊沢 五十嵐忠男
グレイスティアラ 牝3 55kg 田中勝 手塚貴久
    エイシンアモーレ 牝3 55kg 福永 瀬戸口勉
アドマイヤキッス 牝3 55kg 武 豊 松田博資
    アイアムエンジェル 牝3 55kg 柴山 杉浦宏昭
10     アルーリングボイス 牝3 55kg デムーロ 野村彰彦
11     ウエスタンビーナス 牝3 55kg 藤田 鈴木康弘
12   コイウタ 牝3 55kg 横山典 奥平雅士
13   父市 ミッキーコマンド 牝3 55kg 石橋守 福島信晴
14 父市 キストゥヘヴン 牝3 55kg 安藤勝 戸田博文
15   ウインシンシア 牝3 55kg 秋山 石坂 正
16     シェルズレイ 牝3 55kg 岩田康 松田国英
17 フサイチパンドラ 牝3 55kg 角田 白井寿昭
18   タッチザピーク 牝3 55kg 柴原 田中章博

前にも書きましたが外枠に入ったのがこの馬には逆にプラスに作用すると思いますので◎はフサイチパンドラ。前走、前々走は他馬との関係でひっかかっているので外から揉まれずスムーズに行ければ力は上位かと。フラワーC(G3)でもかかってあれだけ飛ばして2着に粘ってますので見直しました。前総崩れのレースでしたのでたいしたものです。さらに今回は1ハロン短縮されますし力で押し切ってしまう可能性も充分あると思います。阪神JF(G1)はとどきませんでしたが前から行くようになった今、外目の好位から抜け出す競馬を期待します。

○はしかたなくアドマイヤキッスで。前走チューリップ賞(G3)を休み明け、馬体重大幅プラスという状況でしっかり勝ちきってしまうあたりは本物だと思います。時計はかなり平凡でしたが馬場の影響もありますし、何より全く仕上がってなかったわけですからこの馬に関しては低レベルとは言えません。叩いた今回は万全の仕上がりですし陣営も余裕のコメントですので人気になっても仕方なしといったところ。

◎○の馬連が現時点で10倍程度なので馬連は1点勝負にしようと思います。あと阪神JFで本命にしたグレイスティアラとこれ以上の馬体減りが無ければここも勝負になりそうなキストゥヘヴンを三連複の紐に追加して合計3点勝負。人気サイド中心なので絞って買うしかありません。

第66回桜花賞(G1)
馬連 ◎○の1点
三連複 2頭軸◎○から▲△の2点
今回ばかりは荒れるな!!!

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
久々に重賞予想も晒しておこうと思います。明日の中山メインは第24回ニュージーランドトロフィー(G2)です。3着までにNHKマイルC(G1)の優先出走権が与えられるトライアルレースです。去年は内田博幸騎乗のマイネルハーティーが最後方から目の覚めるような追い込みを見せて唖然とさせられた記憶があります。その内田博幸騎手は今年も参戦してロジックに騎乗。先週もやたら勝ちましたし今最も乗れてる騎手でしょう。そうは言ってもロジックに関してはもともと強い馬だと思ってませんし、本質的にこの馬には千六も長いと思っているのでキリでいきます。内田騎手人気してくれたらラッキーです。

第24回ニュージーランドトロフィー(G2) 中山1600m芝
予想 記号 馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師
マイネルスケルツィ 牡3 56kg 柴田善 稲葉隆一
  トーヨーエーピー 牡3 56kg 田中勝 成島英春
アポロノサトリ 牡3 56kg 吉田隼 堀井雅広
  リザーブカード 牡3 56kg 松岡 栗田博憲
  レッドスプレンダー 牡3 56kg 武 幸 小島 太
  クレスコワンダー 牡3 56kg 北村宏 石坂 正
  タガノバスティーユ 牡3 56kg 池添 池添兼雄
  父市 ロジック 牡3 56kg 内田博 橋口弘次
  ファイングレイン 牡3 56kg 横山典 長浜博之
10     アドマイヤディーノ 牡3 56kg 安藤勝 松田博資
11   ブラックシャドウ 牡3 56kg 後藤 田中清隆
12   ドラゴンウェルズ 牡3 56kg 藤田 藤原英昭

このところあまりに調子悪いので思い切って馬券スタンスを変えてみましたw。穴党から本命党へ、とまではいきませんが堅いと思ったら点数絞って素直にその馬券を買うことにします・・・。穴馬からいくなら多点数で手広く流し、人気サイドからいくときは1~2点できっちりしとめる作戦で。前々からわかっていたことなんですけど「人気だからキル」っていうモットーは暫く封印しておきます。

そして明日は前走見て「NHKマイルCはこの馬で決まりだ」と思ったタガノバスティーユを本命にします。人気になってもしかたなし。ここ2戦、道中でしっかり脚をためて終いの差し脚にかける競馬をするようになってから連勝。脚質転換して才能が開花した感じです。切れ味は目を見張るものがあり、ペースが落ち着いて上がり勝負になりそうな今回は確実に上位に食い込んでこれると思います。短距離の追い込み馬に池添。デュランダルを思い出させますね。

○は1番人気でしょうがマイネルスケルツィで。3走前のラジたんから重い印つけているのでここもはずすわけにはいきません。スローで前で残るとしたらこの馬だと思います。中山は2戦2勝で相性も抜群ですし、この馬にとってはマイルあたりが一番力を発揮できそうですから人気でも狙います。

◎○の1点にしようかと思ったのですが、どーしても気になるアポロノサトリを▲で追加。上がりの競馬になるなら強烈な脚があるこの馬も台頭してきそうです。前走は休み明けを出遅れて回ってきただけ。一叩きされて爆発しそうな気がします。問題は距離。マイルでも長いかもしれません。

第24回ニュージーランドトロフィー(G2)
馬連 ◎から○▲へ2点
三連複 ◎○▲の1点

もしかしたら馬連は1番人気かもしれませんが・・・。それでもガチガチのってわけではないのである程度はつくと思います。初めての本命サイド買い。これで大荒れの決着となったら桜花賞まで競馬やまめすw。

人気ブログランキングへ  ← 人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
前走後は放牧にだされていたシロクンですが、いよいよ4月8日の中山3Rで復帰となります。前走時は写真入りオッズカードが売り出され長蛇の列ができるほどの人気者でしたが、その後は間があいたこともあり一時のブームも去った感があります。しかしここで活躍して人気再燃となればJ様も大喜びでしょうし頑張ってもらいたいものです。

出走レースはというとダートの1200m戦です。前々から書いていますがダートの短いところのほうがこの馬にはよさそうなのでやっと絶好の舞台でやれるのではないでしょうか。中山1200のダートは芝スタートですがシロクンはここ2戦芝を使ってますしスタートも上手そうなので問題なしです。

1200mの流れをおしきれるスピードがあるかどうかについてはかなり疑問ですが、この距離の流れなら前走のようにひっかかることもないでしょうし喉鳴りの影響もあまりなさそうです。好勝負が期待できるのではないでしょうか。白毛馬のJRA初勝利に向けて頑張ってもらいたいものです。ちなみに鞍上はカッチーです。

出走表
2006年3回中山5日(4月8日) 3R (Yahoo!スポーツ 競馬)

シロクン関係
カテゴリー「シロクン」

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。
またまたテンション下がるニュースです。昨日シーザリオの引退でヴィクトリアマイル(G1)がおもしろくなくなったと言っていたのにさらにおもしろくなくなるような事件・・・。スイープトウショウが調教中に左第2中手骨を骨折していたことが判明。復帰には3ヶ月ほどかかる見込みで春のG1戦線は完全に離脱です。

なんかこのまま引退してしまいそうな予感もしますし残念なニュースです。せっかくこの時期に牝馬G1が新設されたというのに今考えられる2強が共に参加できないというのは盛り上がりに欠けます。J様も大誤算でしょう。穴党としてはメンバーが混沌としてもらったほうがおもしろいのですがこうなるとラインクラフトの天下のような気もしますし面白味に欠けるレースになりそうです・・・。

参考記事
スイープトウショウ調教中に骨折(netkeiba.com)
スイープトウショウ骨折 全治3カ月(Sponichi Annex)

人気ブログランキングへ ←人気blogランキングです。たくさんの競馬ブログがあり、色々な予想を参考にできます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。